驚異のアメ〜乾燥&花粉症対策に

乾燥するのに、吹き出物ができたり、
花粉症真っ最中でおつらい方もいらっしゃるのでは?

私もその一人。
重度のスギ花粉症なので、この時期は目・鼻・喉といった粘膜系はもちろん、
お肌もゆらぎにゆらぎます。

そこでお薦めなのが、

この飴。

生環研 プロポリスVCのど飴
(ブラジルのミナスジェライス州のプロポリスを100%使用)
IMG_5671.JPG

たかが飴と侮ってはいけません手
最初は私も半信半疑だったのですが、どんな医薬品(トローチなど)よりも、
効果を実感でき、喉のつらさを楽にしてくれます。

その理由をご説明しますね。

ご存知のとおり、
プロポリスは「天然の抗生物質」といわれています。
ミツバチが巣を無菌状態にできるのは、プロポリスという分泌物のおかげ。
非常に稀少な成分といわれています。

生環研さんは、プロポリスの主成分である「アルテピリンC」にこだわり、
アルテピリンCを豊富に(2800µg以上/一袋)配合。

アルテピリンCは
フラボノイドと考えられていましたが、近年、桂皮酸誘導体であることがわかり、
癌細胞(異常細胞)を改善する効果を持つことが確認されています。

アンチエイジングにも効果的で、
体内の抗酸化機能を助ける作用があり、酸化ストレスを緩和させることもわかっています。

ヒスタミン放出も抑制させるので、アレルギーや花粉症によるかゆみ改善にも!!

さらに、脂質代謝を促進するようで、ダイエットにもいいですね。

副作用はなく、飲み合わせも心配ないようですので、安心して口にできる
天然の抗生物質・抗酸化物質。

特に喉がイガイガする時に口に入れると、ジーンとします。
喉の調子だけでなく、お肌や体調にも良い実感があるんですよね♪
ちなみに、先日ひどい扁桃炎になった友達に一つあげたところ、
「すごい楽になった!」と感謝され、大人買いしていました。

私のバッグの中に欠かせないアイテムです(*^^*)

これで一袋298円(10個入り)とは思えない・・・
本当にとってもお薦めです(*^^*)
 

美ST4月号&D.U.O. the Beauty

今月は雑誌と会報誌に登場させていただいています。

発売中の美ST4月号「私の顔の美容医療地図」。
2ページの特集で、化粧品開発をしながら美肌を保つ秘訣や
お恥ずかしながら10年前の私の写真も載っています(!)

化粧品開発は自分の顔を実験台にして試行錯誤するので、
1日何度も洗顔の繰り返しをしなくてはなりません。
「真面目に化粧品を作っている人に美肌の人はいない」
といわれるのはそのためなんです。
しかも私の場合、複数の商品を同時進行させているので、
あり得ない洗顔回数による炎症と闘い、美肌を保つのは本当に至難の技。

化粧品と美容医療のコラボというのは、そんな私の仕事柄欠かせないものです。
日々のスキンケアで肌力を高めキープしながら、
美容医療の力を借りて、毛細血管拡張などの深刻な炎症を抑える。

『私にとっての美容医療とは「化粧品とのコラボレーション」』
私らしい内容にまとめまっていると思います。
IMG_5545.JPGIMG_5548.JPGIMG_5547.JPG
(朝の撮影だったからか、いつもと違うような顔?)

さて、すでにお手元に届いている方もいらっしゃると思うのですが、
D.U.O.の情報会報誌"D.U.O. The Beauty vol.20"では、
ご愛用者様で、食空間プロデューサーの山本侑貴子さんとの
スペシャル対談が掲載されています。
40代女性の肌ならではのエイジングケア方法もご紹介しているので、
こちらもぜひチェックいただけると嬉しいです。
IMG_5544.JPGIMG_5543.JPG
喜びのお声は私の原動力なので、対談時、
侑貴子さんに「今までのスキンケアは何だったの?というくらい、肌が変わった!」
と喜んでいただけて、感無量でした(*^^*)
 

モンモリロナイトの入浴剤

お正月返上で働き、そのままの勢いでここ数年一番の忙しさの日々。
なかなかブログをアップできず失礼しました。

せめてバスタイムは体を温めてゆっくりしたい。
緊張をとく大切な時間なので、入浴剤にもこだわりがある私。
最近お気に入りの入浴剤をご紹介しますね。
CLAYD for Bath
IMG_5194.JPGIMG_5195.JPG

自宅で贅沢スパ気分♪
パッケージも素敵なので、気分が上がります(*^^*)

アメリカの砂漠の地中6mから採れたモンモリロナイトの入浴剤です。
モンモリロナイトとは、天然クレイのこと。
最も小さい粘土鉱物とも呼ばれ、厚さ数ナノメートル、幅100〜300ナノメートル
の薄ーい板が幾重にも重なってできています。
多孔質で強力な吸着力があるうえ、マイナスに帯電していますので、
プラスに帯電した老化角質などの汚れを取り去ってくれる効果があります。
毛穴よりはるかに小さいので、毛穴の奥の汚れも吸着。

ミネラルも豊富に含まれているのですが、
マイナスに帯電した板と板の間に、プラスに帯電したミネラルが挟まっている
構造をしていることがポイント。
ちょっと難しいのですが、
板の間に挟まれているミネラルは結合力が弱いので、
プラスに帯電した老化角質や皮脂、細菌が近くにあると、ミネラルは外に押し出されて、
不要な汚れが板の間に入り込む仕組み。
これを「イオン交換」といいます。
つまり、かなり大雑把にいえば、
肌に欲しい成分といらない成分を交換する、美肌効果があります。

カチコチになったボディの角質も柔らかくなって簡単に取り去ってくれますし、
お顔の毛穴汚れも取り去ってくれて、
マグネシウムなどのミネラルがセラミド合成促進などをしてくれる。
しっとりすべすべになるので、とってもお薦めです。

ボディのニキビに悩まされている方にも良いと思います。

しかも、CLAYDは万が一口に入っても安全と保証された
アメリカ食品医薬品局(FDA)の許可を取得しているので、
お子様にも安心ですね。

私の不動の1位は以前にご紹介した水素入浴剤ですが、
http://megu-beauty.jugem.jp/?eid=541
身体が素直に喜ぶのがわかる入浴剤っていいと思います(^_-)

そういえば、すっかりご報告し忘れてしまいましたが、
昨年(ちょうど1年前)は女性自身の入浴剤特集に登場させていただき、
成分の効能までかなり丁寧にコメントしたなぁと思い出しました。。。
IMG_5196.JPG

夜の入浴は副交感神経を優位にする最大のチャンスですので、
皆様も自分に合った入浴剤で、ゆっくりなさってくださいね。

冒頭に戻りますが・・・
来年の目標の一つに「お正月はゆっくり休む」を入れたいと思います。
一生懸命やってもわかってくれる人はごく僅かなんですけれども、
そのごく僅かの人が人生を救ってくれたりします。
しんどくなっちゃう前に、どうか自分に優しく生きてくださいね。
 

美ST撮影@スタジオ&クリニック

昨日は朝から美STの撮影でした。

2月発売号の「私の顔の美容医療」という連載に登場させていただく予定です。
この連載は主に女医さんが多いのですが、毎月一人が登場し、
1ページ目にドーンと顔アップ。2ページ目に各施術と一言格言をご紹介するもの。

最初は世田谷にあるスタジオで撮影でした。
徹夜明けのひどい顔を、ヘアメイク木下庸子さんマジックで無事終了
することができました。
IMG_4987.JPGIMG_5001.JPGIMG_4997.JPG
木下さんは数年前にご紹介いただいて以来の
大好きなヘアメイクさんです(*^^*)
メイクの情報を教えてもらったり、おしゃべりも楽しくて、
朝から盛り上がってしまいました!
それゆえ気が付いたら、メイク前とは別人が鏡にいました(笑)
IMG_4982.JPGIMG_4999.JPGIMG_5015.JPG
ちなみに、↓写真左のほうにあるパレットは江原道の新作
「ミネラルアイシャドーパレット」。
一番右のボルドー色を目のキワに使うと、
目を大きく見せながら柔らかい雰囲気になる秀逸カラーだそうで、
これが大人女子にピッタリなのよー、とのこと。
それと「今の技は何?!」と気になったのが、
目の下粘膜ギリギリに、茶系のアイラインを点々と置くテクニック。
これも「やりすぎ感のない」仕上がりで、まさに大人女子的メイクでした。


さて、次は椎名邦彦先生の「こすぎレディースクリニック」で撮影。
撮影のセッティングの間も、患者さんがひきもきらずに押し寄せる、
大人気のクリニックです。
女性の健康と美をトータルで診てくれる稀有な先生だからですね。
IMG_5018.JPG

私は仕事柄、自らの肌をかなりのこと酷使し実験台にしているので
(試作のため1日10回洗顔なんて苦行は日常茶飯事…)、
化粧品と美容医療の関係を私らしくまとめた内容になる予定です。
 

お肌の乾燥警報

インディアンサマーで昼間は気温20度越えだったりと、
過ごしやすい日々が続きました。

が!!空気清浄器の湿度計を見て、愕然。
湿度29%って、かなりの乾燥状態です。
IMG_4755.JPG
先日のブログでお伝えした通り、
皮脂分泌は季節に関係ないのですが、
お肌の水分量は外気に左右されてしまいます。。。

お肌にとって理想の湿度は60〜65%といわれています。
湿度の低い空気は他から水分を奪う力があり、お肌からも水分を奪います。
TEWL現象といわれ、水分蒸散量が多くなってしまうのです。

もうすでに冬と同じ乾燥対策が必要。

1.加湿器などを使用
日中、お湯やお茶を注いだカップを、お顔に近づけたり、作業中テーブルに置いておくと、
蒸気で軽いスチーム効果が得られますよ。

2.クリームや乳液を普段よりしっかり目に
「水分蒸散」というと化粧水を補えばいいかというとさにあらず。
低湿度では、天然のクリームである皮脂膜を補い「フタ」をして、
水分蒸散を防がなくてはいけません。油分保湿はとっても大切。
その際は、角質層を強化して水分蒸散しにくいお肌に導くケアができる、
セラミドやNMF産出促進成分が配合されたクリーム(乳液)がお薦めです。

乳液嫌いだった私が妥協を許さず作ったD.U.O.エマルジョンは、
健康な22歳の皮脂膜に近い植物油でできた「L22」やアサイーオイル、
セラミド2、3、6供▲競ラメエキス(NMF産出促進)が配合されているので、
かなりしっかり保湿ケアができます♪

また、11/2〜、こっくり美容キャンペーンを開催。
リフトアップ力にも優れた高機能クリーム
D.U.O.ザ クリームが通所購入でも20%オフになります!
昨年はまとめ買いする方が続出したクリームのキャンペーン。
この機会に、乾燥対策と一緒に小じわや法令線対策もぜひ♪
IMSF4712.JPG
ちなみに、「リッチなクリームを使うと、肌が甘やかされる」というのは間違いで、
皮脂分泌はホルモン支配で、外部(気温や化粧品)からの影響を受けないので、
乳液やクリームでの油分保湿はしっかりしましょうね。

3.マッサージケア
秋は日中と朝夜の気温差が激しい時期です。
体温調節を司る自律神経が乱れがちになり、肌荒れを起こしやすい
→肌荒れした肌は角質層が脆弱なため水分蒸散しやすい
という悪循環に陥ります。
予防&乾燥の根本対策として、マッサージケアがお薦め。
血行促進して血管から皮膚組織への水分補給を増大させます。

年代の高い人ほど皮膚温の低下が激しくなるので、
「夜、冷えたかな」と思ったら、念入りにマッサージしてくださいね。

何しろ、早め早めのケアが肝心ですひらめき
 


  • プロフィール

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

new entries

categories

archives

recent comment

  • 2017新年のご挨拶
    咲丘恵美
  • 2017新年のご挨拶
    咲丘恵美
  • 2017新年のご挨拶
    咲丘恵美
  • 2017新年のご挨拶
    muy
  • 2017新年のご挨拶
    サトコ
  • 2017新年のご挨拶
    のりこ
  • 43歳の誕生日をむかえました
    咲丘恵美
  • 43歳の誕生日をむかえました
    みく
  • 最新医療×ホスピタリティ〜東京国際クリニック
    咲丘恵美
  • 最新医療×ホスピタリティ〜東京国際クリニック
    咲丘恵美

mobile

qrcode
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません。