今夏の日焼け止め〜ノンケミと吸収剤&トーンアップUVの使い方

Yahooニュースで出た、日焼け止めに関する記事。

私のFB友達(技術・研究系の方)の間では侃々諤々の議論に

なっていました。

 

「紫外線吸収剤は皮脂や汗と化学反応を起こし肌負担を起こす」

という記事内容に

 

「そんなデータは見たことがない」

「もし万が一あるのなら、誰か教えてくれ」

 

というものでした。

 

確かに、紫外線吸収剤は「紫外線」を吸収して、

皮膚と「反応」する可能性は否めないですが、

 

「皮脂や汗」を吸収して「反応」する、というデータは私も

人生史上見たことがありません。

サイエンスの方々も同じことを言っていましたが、

 

ネットには間違った情報も含まれ、残念なことに美容関連記事ではよくあります。

どういう記事が信頼に値するか、私も襟を正され、勉強になりました。

 

さて。

紫外線カット剤については、大手原料メーカーのセミナーを聴講し、

毎年欠かさず進化ぶりを勉強していますが、

 

昔から、ノンケミカルといわれる紫外線散乱剤(酸化チタン等)は

紫外線を「物理的に跳ね返すことで(散乱させることで)」、

紫外線をカットする作用だといわれてきました。

 

一方、ケミカルといわれる紫外線吸収剤は

紫外線を「化学的に吸収することで」

紫外線をカットする作用だと対抗した言い回しをされてきました。

 

ところが、酸化チタンも、

微粒子など番手によっては(同じ表示名称でも種類がたくさんあります)

紫外線を「吸収する」ことで紫外線カット効果を出していること。

ご存知の方はあまりいないかもしれませんね。

非常に難しい物理学的・化学的な理論によって、

長い波長は「散乱」させることが多いものの、

「吸収」もさせているのだそうです。

 

私は紫外線カット剤の専門家ではありませんので、

今まで自分が言っていたことも、一部間違っていたんだなぁと思い、

ブログにアップした次第です。

 

ちなみに、このことは昔から周知の事実ですが、

ノンケミカル=紫外線散乱剤(酸化チタン、酸化亜鉛、酸化セリウム)は

光触媒といって、紫外線にあたると活性酸素を発生させます。

 

ビタミンCやEをビーカーに混ぜて紫外線にあてたら、茶色くなった!

という技術者さんがいるほどでした。

(私もUVを開発した際、光安定性や抗酸化には頭を悩ませました。)

 

紫外線吸収剤=肌負担がある

紫外線散乱剤=肌に優しい

 

という単純図式は必ずしもいえない・・・。

 

ただし!

紫外線吸収剤の種類は多岐にわたること

紫外線散乱剤(ノンケミ)も一概に負担がないとはいえないこと

を承知の上で、思い切って申します。

 

あくまで私の場合。

種類によってはですが、紫外線吸収剤配合の日焼け止めを使うと、

肌が赤くなり、どんよりくすみがちになることが多いのです。

 

紫外線散乱剤(ノンケミタイプ)のものはそういったことが

ほぼほぼ起こりません。

 

こういうことをいうと

「だったら、何を使ったらいいのっ?!」ですよね。

 

そうなんです。

要するに、日焼け止めを塗った肌、落とした時のご自分の肌が

きれいかどうか?

乾燥していないか?赤く&暗くくすんでいないか?

ということで判断すればよろしいかと思います。

 

だから、ご自分の肌と日々会話することが何より大事。

美肌への近道は鏡をよく見ながら、お肌を観察すること。

どうしても化粧品には「合う・合わない」の個人差がありますから。

 

前置きが長くなりすみません。

私の今年春夏のレギュラー選手たちをご紹介しますね。

IMG_4358.JPG

右から

ラロッシュポゼ UVイデア XL プロテクショントーンアップ

SPF50+  PA++++ 紫外線吸収剤タイプ。

脂溶性UVA吸収剤と水溶性 UVA吸収剤のバランスが良く、

程よい瑞々しさがありながら、ロングUVAまでしっかりカバー。

大気汚染からもお肌を守ります。

今までのラロッシュポゼの中では一番肌に優しいのでは?

特に屋外に出る事が多い時に使います。

 

アクセーヌ スーパーサンシールド ブライトフィット

SPF50+  PA++++ ノンケミカルタイプ。

伸びが良く、軽さ(薄膜感)が素晴らしいです。

顔料が衣服などにつかないようにコーティング技術を採用。

ウォータープルーフ。

ボディ用と書いてありますが、お顔にもOK。

 

エトヴォス ミネラルUVホワイトセラム

SPF35  PA+++ ノンケミカルタイプ。

美白有効成分トラネキサム酸配合の医薬部外品。

紫外線による炎症の最上流であるDAMPsを抑える注目成分、

イザヨイバラエキス配合なのも嬉しい。

私には珍しく、思わずパケ買いしたのですが(緑に飢えていたらしい)

肌にとことん優しく、負担がない、心地よい使用感です。

 

自身で開発したD.U.O.ザ UVエマルジョン(ノンケミタイプ)は、

長時間たった後でも、くすみ知らず、乾燥しらず。

これはもう私の中で(自分でいうのもなんですが)殿堂入り。

なので、あえて載せていません。

 

トーンアップUV、今年一気に流行っていますよね。

私の使い方をご紹介すると____

トーンアップ、ブライトアップUV

といわれるものの一番の使い方は「顔」よりも「首」。

 

青色顔料は透明感をアップさせる良さがあります。

私の顔の色味との相性の問題ですが、

特にアクセーヌは青(紫)の顔料が強すぎるからか

顔色が悪く見える時があるんですよね。

 

お手入れに抜かりない顔と違って、

首はどうしても、顔とトーンが違ってきてしまいます。

だから、顔と美しく一体化させるために、首をトーンアップさせる。

肌色の「均一感」というのは美の必須項目ですものね。

顔と首両方に使って、首のほうを多めに重ね塗りするのもオススメです。

 

今年は例年より早く夏が到来。

紫外線量が多く、美肌にとっては気が抜けないですが、

ご自分に合うUVカットアイテムで、

心地よく、素敵な夏をお過ごしくださいね!

 

 

#日焼け止め #UV #紫外線吸収剤 #ノンケミカル #肌負担

#光触媒 #活性酸素 #抗酸化 #炎症 #DAMPs

#ラロッシュポゼ #アクセーヌ #エトヴォス

#トーンアップUV #使い方 #オススメ


夏のお出かけ〜念願の松川へ

東京一は間違いないといわれる、日本料理「松川」へ。

いまや予約困難を通り越している名店。念願叶ってお伺いできました。

IMG_4750.JPG

食材のこだわりと美しさ、見事な調理加減。

和食の素晴らしさは日本人として理解しているつもりでしたが、

ここまで凄い、センスとクオリティが極まった和食があったとは!

感動してしまいました。

東京一の評価を得ていらっしゃるのには意味があるんですね。

 

最初の柔らかく絶妙なお味のあわび、

続く、香ばしく焼かれたキスとベルーガキャビアの飯蒸し。

この時点で、すでに倒れそうでした(*^^*)

IMG_4765.JPGIMG_4766.JPGIMG_4768.JPGIMG_4772.JPGIMG_4773.JPGIMG_4774.JPGIMG_4775.JPGIMG_4776.JPGIMG_4778.JPGIMG_4779.JPGIMG_4780.JPGIMG_4781.JPGIMG_4786.JPGIMG_4788.JPGIMG_4791.JPG

個室にて、ゆったり美味しさを堪能する贅沢。

IMG_4753.JPGIMG_4762.JPG

 

さて、この日は連日の猛暑を吹き飛ばすように、浴衣でお出かけしました。

IMG_4800.JPG

ヘアセットと着付けは六本木の「ゲッカビジン」というお店で。

友達から、場所柄ホステスさんが多く利用しているだけあって、

早くてリーズナブルで、きちんとしているとお薦めされていたのですが、

ここにして大正解でした。

IMG_4806.JPGIMG_4704.JPG

松川さんから「その帯の結び方は珍しいですね。どういうお名前で?」

と聞かれたのですが、私も不思議で、着付けの方にお伺いしたら、

「私のオリジナルなのよ」ということでした。

 

アップにするのも、こんなに巻き巻きにしてから編むのね、

というくらいで、久しぶりに「まとめ髪」という女心アップ。

 

夏の素敵な夕べでした。

IMG_4783.JPG

 

#松川 #和食 #東京一 #夏のお出かけ #浴衣 #着付け #まとめ髪

 


和漢プラセンタのチカラを〜プラセンダイヤ

この夏、和漢プランセンタがとっても重宝しています。

RTOS1463.JPG

 

美しく健康になりたい女性にとって、アミノ酸はとっても大切。

アミノ酸は、体の構成成分としてだけでなく、

ホルモン・酵素・抗体などの体のバランスを整える成分として重要です。

 

アミノ酸の中でも「必須アミノ酸」においては体内で合成できないので、

食品など体外から摂取する必要があります。

 

 こちらの「和漢プラセンタ」こと「プラセンダイヤ」には

必須アミノ酸9種類が含まれており、

JHNFA(日本健康・栄養食品協会)公認の高品質なものです。

 

さらに「ハトムギ」「クコの実」といった素材も併せて配合。

漢方薬の長い歴史を持つクラシエが作っているのでさすがの内容です。

クコの実は、スーパーフード発祥の地であるアメリカなどでは「ゴジベリー」として、

スーパーフードを代表するものとして認知されており、

美容効果が期待できるβ-カロテンの他、その栄養価の高さが評価されています。

PDCI8046.JPG

紫外線をたくさん浴びた後や、なかなか元気が出ない時、

エアコンによる乾燥が気になる時、プラセンタを飲んでいます。

私は寝る前に飲むと、寝苦しい夜もストレスフルな夜も、

寝入りがスムーズになるように感じています。

 

とても小さい個別包装容器なので、持ち運びにも便利。

プラセンタの味が苦手な方にも、グレープフルーツの風味付けもされて、

この分量ならばチュッと飲むだけなので、お薦めです。

 

このお手軽感、きっと活躍するはずです♪

IMG_4674.JPG

↑こんなに小さいサイズ!人差し指くらいの大きさ。

 

#和漢プラセンタ #プラセンダイヤ #ハトムギ #クコの実 #必須アミノ酸 

#クラシエ製薬 #fincより



  • プロフィール

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

new entries

categories

archives

recent comment

mobile

qrcode
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません。