ナポリ→カプリ島へ@クルーザーの旅

帰国しました。

今年の夏のヴァカンスの目的地はカプリ。

アリタリア航空で行くと、ローマで乗り換えて、国内線でナポリへ。

着くのは23時過ぎなので、ホテルで一泊しなければなりません。

IMG_1036.JPG

泊まったのはエクセルシオールホテル。

海辺に建っています。

翌朝、窓から見た景色にパッと明るく。

R0038688.JPGIMG_1041.JPG

 

出発まで小一時間あったので、

素敵だと評判の屋上のテラスへ。

ヴェスヴィオ山を含め、約180度景色が広がっています。

ここは夜はバーとして人気で、席がいっぱいだそう。

私は昼間のブランチで一気にヴァカンス気分♪

IMG_1066.JPG

IMG_1064.JPG

IMG_1067.JPG

 

そして、贅沢にも、

カプリ島までクルーザーをチャーターしたので、

まずは専用港へ移動。

港⇔ホテルの車の手配も、

全て、今回泊まったカプリ島のホテルが手配してくれたそうで、

 

フェリーだと港から激混みで1時間はかかるそうですが、

クルーザーだと30分ほど、往復ホテル送迎含めて30分ほど、

かなりスムーズな移動でした。

R0038692.JPG

プライベート感に浸って、

抜群の景色と心地よい風、感じの良いクルー達。

素敵すぎる海の旅を満喫♪

IMG_1081.JPGIMG_1685.JPG

スピードが出てくると髪ぐちゃぐちゃ(笑)

IMG_1717.JPGIMG_1716.JPG

やっと定位置を見つけ、優雅な気分に。

IMG_1145.JPG

 

カプリ島が間近に見えてきました。

R0038706.JPGR0038707.JPG

崖にへばりつくように建っている、小さく黄色っぽい建物が

今回泊まるホテル。どおりで絶景だったはず。

IMG_1681.JPG

カプリの専用港。ホテルの人がお出迎え。

IMG_1166.JPGIMG_1654.JPGIMG_1658.JPG

ホテル車で渡されたレモンタオル、小さくてちょうどいい。

(日本にも精油を沁みこませたお気に入りタオルがあるので、

今度ご紹介しますね)

IMG_1172.JPG

海風のべたつきをさっと拭いて、一路ホテルへ。

次回は私史上ナンバーワンの絶景ホテルをご紹介しますね。

 


夏休み@カプリ島

少しだけ遅い夏休みに、カプリ島に来ています。

カプリ中心地から少し離れた、

アナカプリの絶景のホテル!

詳しくは帰国後アップしますね。

 

※カプリの旅を節目に、インスタグラム始めました。

megumi_sakioka

オフィシャルブログは美容家として本当に伝えたいことが

書けるので一番に頑張りますが、

インスタもフォローいただけると嬉しいです(*^^*)

IMG_1299.JPGIMG_1277.JPGIMG_1496.JPG


新商品D.U.O.ザ ヌードパウダー

私達は1日の大半を、メイクしたまま過ごしていますよね。

朝スキンケアしてから、夜スキンケアするまでの長時間、

一切のスキンケアをしない、ということ。

 

紫外線や大気汚染、余分な分泌物によるダメージを

受けている時間に、何にもできないとは・・・

 

「スキンケアをいつでもどこでもできたなら」

という想いが出発点となり、

美容パウダーの開発に着手したのが始まりだったのです。

 

8/30、D.U.O.「ザ ヌードパウダー」が新発売されますきらきら

 

〜瞬時にとけこむ!新感覚美容パウダー

肌も顔立ちも変わる 透明感あふれる3Dフェイスへ〜

 

フェイスパウダー、メイクフィクサー、ブライター、

エイジングケア、テカリケア、保湿ケア、大気汚染ブロック

 

の7役の機能です。

 

~~~~~~~~

成分説明に入る前に、パウダーというものの宿命のお話。

そもそも、パウダーは文字通り”粉”です。

そこに美容成分を配合する方法は、パウダーを混ぜながら、

上から霧吹きのように噴霧するしかないのです。

だから、微量しか美容成分が入らない・・・。

でも、原料メーカーの弛まぬ技術開発によって、パウダーの中に、

美容成分を内包している原料だったら、高濃度配合が可能です。

よって、ただ「美容成分配合」ではダメで、

「美容(保湿)成分内包パウダー」が使われているかどうかがカギ。

 

また、パウダーにはプレスト状とルース状の2種類ありますが、

あえてルース状パウダーを開発しました。

理由は、プレストパウダーは、パウダーに揮発性溶媒を混ぜて

ドロドロにしてからプレストして固めるもの。

その過程で、パウダーが凝集したり、変形する可能性があり、

パウダーの特性を最大限活かせるのがルースパウダーという結論に。

技術者様も「できればパウダーはルースで使ってくれ」とよく言いますね。

~~~~~~~~

 

さてさて、肝心の商品特徴を。

 

1.フェイスパウダー効果

いわゆるおしろい=色をベターっと塗るのではなく、

光の反射技術による「3Dライトアップパール」が、

お肌に透明感をサッと与えます。

さらに、この3Dライトアップパールは、角度によって輝きに強弱をつける

パールを組み合わせて作られているので、

何と、目鼻立ちくっきり(目ぱっちり、鼻を高く)、フェイスラインすっきり、

という立体感(3Dフェイス)を演出してくれるのです。

メイクの新領域にチャレンジしています。

 

2.メイクフィクサー効果、テカリケア効果

メイク崩れの原因は、皮脂と汗。

「クリアアップパウダー」が、余分な汗をはじきながら、

酸化してくすみの原因となる、余分な皮脂だけを選択的に吸着して、

クリアな保護ヴェールに変えてくれます。

時間を味方に、悪いモノを良いモノへ。

一日中テカりにくく、メイクが崩れにくくなりますよ。

 

3.保湿ケア効果

「パウダーはテカリケアには良いけれど、きしむのよね」

と思っている方いらっしゃいませんか?

そう、なかなかテカリケアと保湿ケアは両立しにくいもの。

その問題を解決するべく、

保水成分内包パウダーとスクワラン内包パウダーを組み合わせた

「モイストアップパウダー」が、

水分と油分のモイスチャーバランスを保ちながら、お肌に潤いを与えます。

乾燥肌の方には特に「わっ、しっとりする!」と思っていただける、

乾燥を感知して働く処方です。

 

同じ人でも、顔の部位によってテカるところ(Tゾーン)と乾燥するところ(頬)が

ありますが、テカる部位には「クリアアップパウダー」が、

乾燥する部位には「モイストアップパウダー」が働く仕組み。

 

4.エイジングケア効果

〜パウダーの常識を超えた濃厚エイジングケア成分

ビタミンCの172〜250倍の抗酸化力を持ち、

美白(シミケア)、毛穴改善、シワケア、抗炎症、ニキビケア、

セラミド産生促進、黄くすみケア(抗糖化・抗カルボニル化)など

マルチなエイジングケア効果を持つ、

美容成分フラーレンを、何と美容液レベルの%で配合しています。

原料メーカーが効果を担保する証「フラーレンマーク」取得済み。

 

フラーレンは1990年代にノーベル賞受賞でも話題になりましたが、

新たな効果が続々と発見されています。

フラーレン配合の美容液はよくありますが、

パウダー(シリカ)の中にフラーレンを包み込んだ

「ヴェールフラーレン」を原料メーカー様からご提案された時、

「美容パウダーを作るんだったらこれしかない!」と

私が温めてきたものですひらめき

 

その他、UVカットの効果がない代わりに、

お肌が持つUVダメージ修復効果を高める「ラン藻エキス」

開き毛穴・メラニン毛穴・たるみ毛穴の3大毛穴トラブルにアプローチする

「アーチチョーク葉エキス」

なども配合。

 

メイクの上からでも、いつでもどこでもスキンケアしていただけます。

日中ダメージを受けたら即塗っていただきたい想いを込めました。

お泊りの時、夜、寝化粧をする方にもお薦めです。

 

4.大気汚染ブロック効果

保湿力が高いBBやファンデが多い中、じっとり湿った紙にほこりがたくさん

ついてしまうように、お肌も大気汚染付着の危険にさらされています。

大気汚染のお肌への害は最近研究がなされており、

エイジングを進ませてしまうことがわかってきています。

そこで、アルテロモナス発酵エキスが、PM2.5などの大気汚染物質の付着を

ブロック!鉛などの有害な重金属類を中和するキレート力も

併せ持つ、アンチポリューション効果です。

 

IMG_1026.JPG

使用感は、

瞬時に肌にとけこむ、湯気のように軽やかな質感で、

塗った事を忘れてしまいそうなのですよ♪

柔らかなしっとりした肌あたりもモニターの方にご好評で、

サッとお肌の透明感が映える仕上がり。

 

ぜひ、夏のダメージが溜まったお肌に、

乾燥が気になるこれからの季節に、使っていただきたい美容パウダー。

快適にワンランク上の美肌のお手伝いができますようにニコッ

 



  • プロフィール

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

new entries

categories

archives

recent comment

mobile

qrcode
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません。