クリスマスデコレ

忘年会や押し迫った仕事でてんてこ舞いですが、

街にあふれるクリスマスのデコレーション、綺麗ですね。

 

私のオフィスが入っているビルのロビー

IMG_7857.JPG

けやき坂のイルミネーション

今日D.U.O.で打合せをしたお取引先様が「まだ赤は見たことがない」

とおっしゃっていたので。

IMG_7865.JPG

 

ギリギリ間に合った白トリュフ。

マルゴット・エ・バッチャーレにて。

樫木に生息する”当たり”を選びましたので、

中身はほんのりピンク色。エレガントかつ力強い香り♪

IMG_7871.JPGIMG_7875.JPG

 

12月初めに行った札幌にて。

札幌グランドホテルの大きなローズボウル。

バーN43では粉雪がキレイでした。

IMG_7770.JPGIMG_7739.JPG

 

私はクリスマスは恒例の大好きな和食屋さんに行く予定です。

素敵なクリスマスをお過ごしくださいね☆


目を大きく!目周りのアンチエイジング

あっという間に年末ですね。

今年を振り返ると、トレンドの一つにアイケアがありました。

アイクリームなどの目元アイテムは激戦区でした。

 

アイクリームというと、

カラスの足跡などのシワをケアするアイテムが主でしたが、

2016年発売の商品達は一歩先ゆくアプローチ。

 

SK兇気鵑発表されたデータによると、

「20代から15年かけて約20%も目が小さくなっている」

驚愕の事実!!

 

眼瞼下垂はもとより、

・まぶたを支える筋肉が衰えて下がる

・目回りは組織が粗いので、皮膚が弱体化してハリがなくなる

・眼球を支える骨がないため、下垂しやすく、シワもできやすい

 

確かに、20代の頃に比べ、30代〜40代を経て、

目ヂカラが衰えている、目が小さくなった、と感じます・・・。

 

アイクリームは各社さん渾身の作で、良いもの揃いですが、

目薬を作ってきたロート製薬ならではの研究が活かされた

『エピステーム パーフェクトアイショット』

がマイベストアイクリームでした。

IMG_7894.JPG

まぶたを支える筋肉(ミュラー筋)の衰えに着目し、

筋肉の緩みが眼瞼下垂をもたらすことから、

そこに働きかける目薬をヒントに開発したアイクリームだそう。

 

大きく謳っているのは、「まぶた力を上げる」

イロハモミジ葉エキス、アセンヤクエキスですが、

使い続ける程シワやたるみに効果が出るよう、

機能性ペプチドも贅沢に配合されているところが素晴らしいです。

持続性が期待できます。

 

物理的にハリを出すポリマーがやや高配合なので、

こっくりしたテクスチャーでシワにぴったりフィット。

即効性も感じられます。

ただ、お使いの乳液やクリームとの相性(モロモロが出やすい可能性)が

あるので、うまく使いこなせるとGOODですね。

 

もうひとつ、

『SK競泪好拭璽圈璽后.▲ぅリーム』は翌朝のハリ感が秀逸。

ポリマーが少なく、どんな乳液やクリームにも比較的相性が良いので、

こちらもとってもお薦めです。

IMG_7889.JPG

 

さて、「目を美しく大きく」といえば、

潤んだ瞳、白目がくっきりとした瞳、黒々とした瞳。

そう、皮膚だけじゃない。瞳(眼球)のケアも重要ですよね。

アンチエイジング美容として、目薬も必須な時代ではないでしょうか。

潤いを与える、充血を抑える、炎症を抑える、疲れ目をケアする「目薬」は

私にとって欠かせないアイテムになった2016年でした。

 

ポーチに入れて日中も。朝、晩は必ず点眼。

ロート製薬最高峰の目薬『Vロートプレミアム』

(何と目薬で1500円以上します)と

乾燥や炎症に即効効果のある参天製薬の『メディカルガードG』。

この二つがお気に入りです。

IMG_7895.JPG

 

世界の中でも、日本人は特に「目」の大きさを気にします。

 

目周りのアンチエイジングは顔立ちも変える。

その事実に気づくか、気づかないか、

見た目アンチエイジングのキモになりますね(^_-)

 


43歳の誕生日をむかえました

ブログアップが遅くなってしまったにもかかわらず、

お祝いのコメントをくださった方々、ありがとうございます!

12月9日、43歳になりました。

 

2016年は個人会社を設立した「変化」の年で、

商品開発もヘアケアシリーズを発売するなど、

一歩新たな挑戦に踏み出した充実した42歳でした。

 

思い返せば仕事に邁進し続けたこの8年。

直近に読んだ本の、村山由香著「ダブルファンタジー」に

ハッとしたくだりが。

女性の性を赤裸々に描いている分、賛否両論のある小説ですが、

 

「揺るがない優しさこそが本当の男らしさだと気づく時、

たいていの女はすでに年老いてしまっている・・・」

 

「揺るがない」という継続性。

表面的な優しさは長くは続かなくて、

それだけに本当に難しく、稀少なものですよね。

プライベートも充実させる43歳にしたいと思います。

 

さて、誕生日当日はミシュラン三ツ星に加え、

アジアベストレストランの上位に君臨し続けるNARISAWAにて。

ここも「継続できる」”sustainable”な食材を使い、

日本を代表するレストランだけあり、素晴らしいお料理の数々でした。

IMG_7784.JPGIMG_7790.JPGIMG_7792.JPGIMG_7796.JPGIMG_7800.JPGIMG_7804.JPGIMG_7807.JPGIMG_7809.JPGIMG_7813.JPGIMG_7820.JPG

 

自分の誕生日って、母が頑張った日でもあるんですよね。

あなたは難産だったのよ、とよく聞かされたものです。

愛する人に「生まれてありがとう」と言ってもらえる幸せ、

言える幸せ。

この歳でしみじみと有難味を噛みしめています。



  • プロフィール

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

new entries

categories

archives

recent comment

  • 2017新年のご挨拶
    咲丘恵美
  • 2017新年のご挨拶
    咲丘恵美
  • 2017新年のご挨拶
    咲丘恵美
  • 2017新年のご挨拶
    muy
  • 2017新年のご挨拶
    サトコ
  • 2017新年のご挨拶
    のりこ
  • 43歳の誕生日をむかえました
    咲丘恵美
  • 43歳の誕生日をむかえました
    みく
  • 最新医療×ホスピタリティ〜東京国際クリニック
    咲丘恵美
  • 最新医療×ホスピタリティ〜東京国際クリニック
    咲丘恵美

mobile

qrcode
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません。