最新のアンチエイジング美容液動向2017

アンチエイジングの研究は日進月歩です。

幹細胞老化に関するシンポジウムを聴講したり、

IMG_1919.JPG

 

先日は、美容液を科学するセミナーに行ってきました。

開発する側から考える「美容液」というものを

様々な角度から勉強できました。

IMG_1945.JPG

さて、皆さん

「そもそも美容液ってなぜ使うの?」と思いませんか?

 

そうなんです、美容液の明確な定義は存在せず、

iVoCE美ィキペディアによると

「発売元が美容液と称したものが美容液」。

美容液の歴史をおさらいすることで、曖昧になっている

定義について「うーむ」と考えさせられたのですが、

 

私の信念に基づく定義は、大雑把に言うと、

 

美白やアンチエイジングのための有用成分が凝縮された、

「なりたい肌」に引き上げてくれるアイテム。

 

夢の詰まったアイテム!!

 

とはいえ、オイル美容液や保湿美容液といった保湿系のものも

多々ありますね。

 

テクスチャーも様々。

透明な液体、エマルジョンタイプ、2剤混合タイプ、

最近ではPOLAリンクルショットメディカルセラムのような

シリコーン高分子ベースのクリームタイプも存在します。

 

最新の美容液動向を見る中で、

 

美白系では、

 

●総合的な美白美容液

私も大好きな「クレ・ド・ボーテ セラムコンサトレエクレルシサン」。

多角的なメラニンアプローチに加え、血行や代謝などの効果を持ち合わせた

多機能美容液。

 

●角層美白

「ソフィーナ アルブラン薬用美白エッセンス」など。

角質層が整っていると光を綺麗に乱反射させるので(お肌のレフ板効果)。

 

●メラニンコア(メラニン分解)美白

「コスメデコルテ ホワイトロジスト ブライトエクスプレス」

 

など。

 

アンチエイジング系では、

 

●シワ改善美容液

「POLAリンクルショットメディカルセラム」

「資生堂レチノバイタルクリーム」

※11/1に資生堂から「シワ改善×美白」ダブルの効果を持つ

「バイタルパーフェクション リンクルリフト ディープレチノホワイト4」

が発売されます。

 

●2剤混合美容液

「クラランス ダブルセーラムEX」

「ランコム ジェニフィックアドバンスト デュアルコンセントレート」

昔からあったγオリザノール≒フェルラ酸は安定配合が難しかったのですが、

使う時に混ぜて1カ月間で使い切ってね、というもの。

青い色がフレッシュなイメージを想起させますね。

 

●ヒト脂肪幹細胞培養液

「ロート製薬エピステーム ステムサイエンスRXショット」

韓国のメーカーでヒト脂肪幹細胞培養液はあるのですが、

ロート製薬は自社で培養して、上清をとったというもの。

集中ケアとして、お薬をイメージさせますね。

 

●オイル”状”美容液

「コスメデコルテAQ オイル インフュージョン」

これはオイルではなく、ノンオイルの「オイル状」美容液。

オイルのような栄養感を感じさせるテクスチャー。

基剤は水系で(ここが新しいです)、植物エキスを高濃度配合。

 

その他、会場で女性の心を鷲掴み。一番人気だったのが、

●ストーリー&ビジュアル系

「ディオール プレステージ ユイル ド ローズ」

IMG_1978.JPG

ムッシュ・ディオールの自宅のお庭に咲いていた特別なバラ・

グランヴィルローズ。

同社の研修者達が懸命に有用性を研究し続けた

というストーリーを持ちます。

ミネラルやオメガ3など20種類以上の栄養素を届ける美容液。

何より、1本のボトルに1万個以上配合されたローズマイクロパール

が浮かんでいる外観が華やかです。

 

私はとことん「お肌の優しさ」&「効果」重視なので、

こういったビジュアル演出がとっても苦手ですが、

ピンク色のローズを纏うのだという「気分が上がる」外観

も大切なんだなぁと再認識しました。

 

最近の美容液は本当に進んでいます。

いくら定義が曖昧だからとはいえ、美容液は効果実感ありき。

美容液を使うか使わないか…

肌年齢を左右するカギになることは確かですひらめき

 


自分を励ますプラセボとは?

30代はじめに、心が死んでしまった事件があり、

人間の本性というものを深く考えるようになりました。

 

とはいえ、私、バカが付くほど性善説を信じているらしく、

騙されたり裏切られたり、

現在に至るまで痛い目にもたくさん遭ってきました。

 

これは、帰省先から予定外に早く自宅に帰ったら、

夫と見知らぬ女性がコトに及んでいる場面に遭遇した、

という離婚原因を持つ、女友達が言っていたことですが、

 

「落ち込んでなんかなかったよ。

”こんな悪いことが私に起こるなんて嘘だ!

絶対に物凄ーく良いことが起こるハズ!”

だと強く信じて行動していたのね。

そしたら、物凄い理想の人と再婚できたの。」

 

彼女は仕事での成功は目標になかったので、

結婚が第一だった訳なのですが、

 

仕事、愛(恋愛・家族愛)、人間関係

 

いっぺんにどれもが揺らぎそうになる時、

私は彼女の言葉を心で繰り返すようにしています。

 

もちろん、

まず自分に非があるかどうかとことん考えますが、

どうにも自分に非が見つけられなかった時、

この「強く信じる」プラセボ効果を狙うんです。

 

そうでないと、

「原因はわからないけれど、私が悪いのだ」と

自分を顧みすぎて壊れてしまうから。

 

人間の本性に触れると、いつも思うこと。

人のせいにして生きている人、羨ましいなぁ、

生きやすいんだろうなぁと思います。

多様性を認めない(というか概念がない)人、多いですよね。

 

でも、痛みを経験したからこそ、人の痛みがわかる

包容力や優しさが身につく。

そして、自分を顧みる力があるからこそ、

失敗も嫌な出来事も、そこから学べることがある。

より本質的な人間へと導く道しるべかも。

 

頑張ろう。

私の今のキャリアの出発点は、

人の幸せのお手伝いができればいい、という事でした。

10月なのに冬みたいに寒いですが、

雨や世情に埋もれずに笑顔でいましょうね(*^^*)

 

 


美容ジャーナリスト安倍佐和子さんと

憧れの美容ジャーナリスト、安倍佐和子さんに

インタビューしていただくという幸運に恵まれました。

@私のオフィス

IMG_1866.JPGIMG_1868.JPG

 

化粧品会社・出版社勤務を経て独立され、

美容誌やファッション誌でも大変ご活躍されておられますが、

圧倒的な発信力をお持ちの、インスタのファンという方も多いのでは?

 

当日、あまりの緊張で、

一方的に思い入れをしゃべりすぎてしまい、本当に私はまだまだだ…、

と己の人間力不足を反省(T_T)

 

にもかかわらず、一流の方はやはり違いますね。

要点をメモされながら、にこやかにご対応くださいました。

ご年齢を伺ってびっくりするほど艶々のお肌と髪の毛、

モデルさんかと思うようなスリムなスタイル。

とっても素敵な方でした♡

IMG_1867.JPG

「フラーレン美ラボ」というビューティマガジン、

「化粧品のヒミツ」というコーナーに掲載されます。

フラーレンを効果濃度配合しているD.U.O.ザ ヌードパウダーの

お話を中心に、私の美容理論や信念を暑苦しく語りました(^^;

 

11月掲載ということです。

 

IMG_1888.JPGIMG_1889.JPG

 



  • プロフィール

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

new entries

categories

archives

recent comment

  • 新年のご挨拶2018
    咲丘恵美
  • 新年のご挨拶2018
    のりこ
  • アイクリームを塗る、その指は?
    咲丘恵美
  • アイクリームを塗る、その指は?
    hamonina
  • D.U.O. ザ セラムBB 新発売
    うに
  • D.U.O. ザ セラムBB 新発売
    咲丘恵美
  • D.U.O. ザ セラムBB 新発売
    うに
  • 自分を励ますプラセボとは?
    咲丘恵美
  • 自分を励ますプラセボとは?
    カモミール
  • 人生に残る読書経験「二つの祖国」
    咲丘恵美

mobile

qrcode
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません。