「プレコンセプションケア」と美活〜フィーカレディースクリニック内覧会

「プレコンセプションケア」という言葉を聞いたことありますか?

「コンセプション=受胎」という意味で、

2013年にWHOが「妊娠前のケア」を勧告し始めたのが最初ですが、

妊娠を望んでから行う「妊活」とは違います。

将来の妊娠を望む望まないにかかわらず、

女性特有の病気を治癒&防ぎ、妊娠・出産できる身体作りをしておく、

という考え方です。

 

例えば、PMSや月経痛、本当につらいですよね。

でも、これが基礎疾患(子宮内膜症、子宮筋腫などの病気)のサインであり、

妊娠の妨げにつながる…!

改善できるなら今すぐやりたいケアですよね。

 

先日、北関東一の産婦人科「館出張佐藤病院」の佐藤雄一先生が分院として、

働く女性とプレコンセプションケアを推進するクリニック、

「フィーカレディースクリニック」を日本橋で開院。

内覧会と、企業向け講習会に参加してきました。

IMG_6352.JPGIMG_6349.JPG

IMG_6489.JPG

↑佐藤雄一先生は学会でご一緒したり、みんなで飲みに行ったり、

仲良くさせていただいているドクター。

とことん親身で優しく、熱い想いを持った素晴らしい先生です。

20年以上もの間、不妊治療がご専門で、研究を重ね技術を高め、

高度医療(年に2000〜2500件の体外受精)を提供できるようにもなり、

患者さんの笑顔をたくさん見てこられましたが…

 

「上司に『こんなに休むと思わなかった』と文句をいわれる」と

やむなく仕事を辞める患者さん。

「私は歳ですが妊娠できるでしょうか?」と不安と負担に耐える患者さん。

 

「がんばりましょうね!」と励まし、精一杯治療を行いながらも、

患者さんのココロとカラダに寄り添えば寄り添うほど、

医師として強い使命にかられるようになられたそう。

 

技術の進歩よりも大切なのは、

根本を変えること=不妊の患者さん自体を減らすことではないだろうか?

そのためには、妊娠を望んでから行う「妊活」ではなく、

妊娠可能年齢の全ての女性が、妊娠を望む望まないにかからず

「産める身体作りをすること」が必要ではないだろうか?

 

女性もキャリアを積むのが当たり前になり、

経済的自立ややりがいを感じることが多くなった反面、

不規則な生活やストレスを多く抱えこんで、妊娠する能力を低下させてしまっている。

また、晩婚化、晩産化が進んでいる。年齢とともに妊孕性は低下する。

 

生みたい時に産める、は間違いであることに気づいて欲しい。

 

正しい知識を持ち、自分の身体の状態を知ること。

「やせている身体は美しい」思い込みによって妊娠能力を低下させている

女性の何と多いことか。脂肪も筋肉もない身体は美しくない。

「美しい身体作り」は「産める身体作り」。

 

いま妊娠を希望していなくても、将来いい男性とめぐり会って希望が変わる可能性もある。

その選択肢を持ってほしい。

そして、妊娠可能年齢でなくても、美しい身体作りは

女性のQOL、QWL(クオリティ・オブ・ワーキングライフ)を向上させる。

 

つまり、プレコンセプションケアとは、コンセプション=受胎の意味ではあるものの、

全ての女性の「美と幸せ」を追求する新しい考え方なんですね。

 

だからこそ、佐藤先生は「今すぐプレコンセプションケアをしましょう!」

という啓蒙活動に心血を注いでいらっしゃいます。

 

11/17、アクセスのよい日本橋高島屋S.C隣接のビル10Fで

フィーカレディースクリニックを開院なさり、カフェ感覚で気軽に受診してほしいと、

一般婦人科の他にも、プレコンセプションケアや更年期チェックで、

女性の身体を総合的にチェックすることで、女性のQOL改善、美しい身体作りの

サポートをする積極的な活動へ。

院長、副院長は女医さんなので、気軽に受診できますよ。

IMG_6490.JPG

中央がとっても気さくな院長の佐野先生。

IMG_6372.JPGIMG_6353.JPG

お茶を飲みながら、ブックコーディネーターによる素敵な本を読むだけでも、

居心地良い空間。

点滴スペース、カウンセリング室は絶景です。

IMG_6375.JPGIMG_6367.JPG

女性らしい雰囲気の診察室。糖化測定器も。

IMG_6362.JPGIMG_6364.JPGIMG_6370.JPGIMG_6371.JPG

 

-----------------------------------------------------

さて、プレコンセプションケアには社会的背景があります。

 

女性は生涯&月内&日内でホルモンバランスが変化しますよね。

ホルモンの変化とともに、心身の不調があり、体調が大きく左右されます。

更年期はもちろん、

甲状腺機能低下(全身倦怠、冷え、やせ、不妊)や婦人科系疾患(子宮がんなど)

諸々の病気になりやすいのが女性の大変さです。

 

1990年代「男女雇用機会均等法」、2010年代「女性活躍推進法」が発令。

少子化で労働人口が減っていくなか、女性の活躍を増やすこと、

社員一人一人の健康を増進することで生産性を高めようとする世の中の流れです。

 

男女平等、それはそうなんだけれども、

男性は生涯ホルモンバランスの変化を受けないので、女性の大変さを経験できません。

女性の身体へのリテラシーがないと、いま叫ばれている健康経営(「ホワイト500」を

PRしている企業も多いですね)は成り立たない。

「女性への理解」を踏まえて、初めて男女平等が成り立つのではないかと思います。

 

婦人科系疾患が与える経済損失は

生産性損失4.95兆円+医療費1.42兆円=6.37兆円

※2016年日本医療機構(働く女性の健康推進に関する調査結果より)

であり、基礎疾患(婦人科系疾患含む)にならない身体作りをしようという

考えは、女性にも社会にも非常に有効ですよね。

 

また、これが最も重要ですが、

日本は「5.5組に1組が不妊治療を受けている」不妊大国なんだそう。

・2016年に生まれた体外受精の子18人に1人。

・不妊治療中の96%が仕事との両立困難。20%が仕事を辞めている。

※2018/11/8日本経済新聞「不妊退社を防げ 職場はどう支援」記事より。

・晩婚化、晩産化が進んでいる。

妊孕性は年齢とともに低下。40〜44歳のレンジは22歳時の妊娠のしやすさに比べ1/5

※文部科学省「健康な生活を送るために」

 

生みたい時に産めるのは間違い。

日頃から子供が産める「身体作り」をしてこそ、女性のQOLは改善する。

出産を希望しなくても、その時は尊重しましょう。

というのがプレコンセプションケアの特徴でもあるそうです。

 

-----------------------------------------------------

プレコンセプションケアとは具体的に何をするの?ですが、

まずは検査がお薦め。

・人間ドックは「病気を見つける」ためのもの。

・プレコンセプションドックは「自分に何が足りないか?状態を知る」ためのもの。

の違いがあります。

基礎疾患(病気)になってからの可及的速やかな治療はもちろんですが、

その前に、病気にならない身体作りをする、

女性特有の不調が起こりにくい身体作りをするために、

↓このような項目があります。多いですよね。

IMG_6377.JPG

 

ケアの内容としては、

・分子整合栄養学(オーソモレキュラー)に基づいた栄養管理

→身体は食べ物から作られるため、栄養管理が最も重要。

オーソモレキュラー検査を受けると、

自分に何が足りない栄養素か?を知ることができる(あなたには○○が足りない、○○が過多)

つまり、パーソナルなケアができるのが特徴。

・月経関連疾患(PMS、月経困難症)の改善→不妊や病気の原因の一つ

・卵巣年齢や基礎体温を知る→早くから人生プランが立てられる

・性病チェックなど不妊の原因を取り除く

 

中でも、講習会でハッとしたのが、

「生涯の生理の回数が少ないほど良い」ということ。

昔の女性…生涯の生理回数50回くらい(初潮が遅い&出産回数が多かったため)

現代女性…生涯の生理回数300回くらい(初潮が早い&出産回数が少ないため)

 

ニキビがつぶれる時と同様に、卵巣からプチっと卵子が飛び出すので、

生理=排卵のたびに、卵巣が傷ついてしまうのだそう。

生理回数が多いと、それだけPMSなどつらい症状を毎月抱えるだけでなく、

卵巣がんなどのリスクが高まるとのこと!

対策として、低用量ピルがとても有効だそうです。

避妊というコソコソする必要など全くなく、

・月経が規則正しい周期で来る(スケジュールが立てやすくなり、QWLの向上へ)

・PMS(月経困難症)や月経痛を軽くする

・婦人科系疾患に効果的(良性乳房炎、子宮内膜症、子宮体がん、卵巣がんの発症の割合低下)

・肌がきれいになる!(ニキビが減り、キメが細かくなる。多毛症の改善にも)

 

先生の患者さんでは、最初はしぶしぶだったのに、お肌がきれいになるので、

続けて欲しがるようになる方もたくさんいらっしゃるそうです。

 

次に、栄養面の気づき。オーソモレキュラーは敷居が高い、と思われる方でも、

今すぐできることがあります。

・低糖質、高たんぱく質の食事を

体重1kgあたり1〜1.5g(体重50kgの人は50〜70g)が毎日の必要量だが、

足りていない女性が多い。

プロテインスコアの高い、生卵1つで6.5g、100gの豚肉で17.5gしか

たんぱく質はとれないことからも、容易に想像がつきますよね。

たんぱく質は筋肉や臓器、皮膚、髪の毛など身体の構成素であり、

栄養を運搬する酵素やホルモン、脳の神経伝達物質、コラーゲンの材料となる

ので、毎日必要量を摂取することが、美しい身体作りの秘訣。

糖質はエネルギー源としては非常に優秀なのですが、とりすぎると、

「糖化」というエイジングに結びつきやすいので、

糖質制限の他に、AGEs(最終糖化生成物)が多く含まれる食物(揚げ物など)を避ける、

がベストです。

先生によると、卵子も糖化するので、

妊娠を望む方はマストとして糖化対策したほうが良いそう。

 

・鉄分や亜鉛などのミネラル

鉄分が足りていないと、慢性倦怠や頭痛、むくみ、めまいなどが起こりやすく。

PMSの原因の一つに、栄養不良(鉄、亜鉛などのミネラル不足)や

糖質過多の食生活があるそうです。PMSにはイソフラボンサプリも有効とか。

 

・ビタミンD

不足すると骨密度が低下することは皆様ご存知ですよね。

近年の研究で明らかになったのは、

着床障害による不妊、子宮内膜症、免疫力の低下、糖尿病などを引き起こすこと。

日光に浴びることで身体の中で合成されるビタミンであるものの、

あまり紫外線に浴びると、皮膚がんや美容的な問題が出てくるので、

食べ物やサプリの摂取が望ましいですね。

天然干しのキノコ類や鮭などの魚介類に多く含まれます。

 

・3つの「抗」を意識する

「抗酸化」(緑黄色野菜)

「抗糖化」(低糖質を心掛ける。プラス、糖分はミネラルを含むてんさい糖やきび砂糖に。

炭水化物は低GI値の玄米、ライ麦に変える。)

「抗炎症」(青魚や亜麻仁油などのオメガ3脂肪酸)

 

-----------------------------------------------------

長くなりましたが、最後に個人的な想いを記します。

私自身、仕事と出産の両立は到底できませんでした。

ましてや、PMSと月経痛が重く、男性と肩を並べてバリバリ働くことだけでも

大変な思い。出産など夢の世界のようで、諦めざるを得なかったんです。

「いい人とめぐり会えたら、結婚したら考えよう」では遅い。

もっと若い頃に佐藤先生のようなドクターがいて、

早くからプレコンセプションケアの意識を持って、正しい知識で、

「産める身体」作りをしていたなら・・・全く違う人生になっていたと思います。

QOL、QWLも随分と変わっていたと思います。

 

20代、30代前半の若い内に、プレコンセプションケアを行うことを強くお薦めします。

私は来月45歳でまさに更年期目前。昨年は甲状腺の大きな病気をしてしまい、

女性に多い甲状腺機能低下がもたらす不調と闘っています。

私と同世代、上の世代の方々も「自分の身体の状態を知る」「足りないものは何かを知る」

ことで、「だるい」「気力がない」など生活に差し支える要因を

できる限り早くから取り除いて、身体を整えることで、ココロも上向きになる、

さらには「体型が崩れる」「貧相になる」などを防いで、身体が美しくなる、

そんなQOL向上に役立てられると思います。

 

コンセプション=受胎であるものの、「今からでも遅くないんだよ」

優しく心が包まれるような内覧会・講習会でした。

 

 

#プレコンセプションケア #妊活 #更年期 #女性活躍推進 #フィーカレディースクリニック

 


フランスのママが来日

先月のことになりますが…

フランスから、大好きな女性が来日。

パリで南仏でお世話になった、私が「フランスのママ」と慕う方。

久しぶりに会えてとっても嬉しかったです(*^^*)

 

お魚が大好きなママにはやはりお鮨!

西麻布の「藤森」にお連れしました。

繊細な「仕事」にいたく感動されて、

そんなママのお顔を観て、私も幸せな気分に♪

IMG_5945.JPGIMG_5921.JPGIMG_5928.JPGIMG_5932.JPG

IMG_E6022.JPG

 

10年以上前、壊れ傷心だった私がフランスに行った時は、

お家に温かく迎えてくれたことを懐かしく思い出します。

 

「めぐみ、離婚も仕事も人生の一部でしかないわ。

そんなに根詰めないことよ。

とにかくリラックス。あなたの幸せを願っている。」

 

ママの言葉が胸にしみました。

彼女は数学博士でありながら、合理性だけにとらわれない、

open mindedな温かい心の持ち主。

 

レバノン生まれの彼女は、内戦が終わると、

3人の幼子を抱えてフランスに移住し、数学博士としてバリバリ働いて

立派に子供を育てあげたパワーウーマンでもあります。

だからこそ、深い優しさや考察があるんですね。

人の悪意だってたくさん受けてこられたでしょうに、

善意だけをみて生きているような、素敵なオーラ。

尊敬とともに少しでも見習いたいといつも思います。

IMG_6016.JPG

お土産にアニック・グタールの香水と

私の大好物であるMAISON de la TRUFFEのトリュフ塩をいただきました。

IMG_6013.JPGIMG_6015.JPG

 

ここのトリュフ塩が一番香り高くて美味しい。

サラダにパスタにお肉にかけるとご馳走に大変身する逸品です。

 

実は私の母が病気療養中なので、親不孝だった自分を悔やみ、

発作に倒れた9月から母のことで頭がいっぱいでした。

有難いことに命はとりとめ、ホッとひと安心。

母も、母と同年代の”ママ”もいつまでも元気でいてほしい。

と切に願います。

 


温泉と美容〜念願の「竹ふえ」へ

九州に出張に出ており、あっという間のスピードで

時間がたってしまいました。

 

出張にからめて、ビューティ行脚もしてきましたよ♪

「温泉」と「紅葉」と「食」!!

IMG_6266.JPGIMG_6252.JPG

 

予約困難でなかなか叶わなかった、阿蘇の秘境「竹ふえ」へ。

IMG_6096.JPG

熊本空港からレンタカーで紅葉を観ながら2時間半くらい。

途中は地震の影響で道路が封鎖されている箇所を

迂回したので、時間がかかってしまったようです。

 

五千坪の敷地、数万本の竹林、

崖に点在するヴィラ形式のお部屋(わずか12室)、

優れた薬理効果が期待できる源泉かけ流しの温泉。

IMG_6196.JPGIMG_6206.JPG

 

 

日本一大きい客室露天風呂があると評判の竹ふえですが、

私が泊まった「小夜」は10mのウッドデッキに、広々としたお風呂。

確かに、人生史上一番大きい客室露天風呂でした!!

竹林や空を眺めながらゆっくりした時間を過ごせました。

IMG_6121.JPGIMG_6145.JPGIMG_6135.JPGIMG_6312.JPG

内風呂も驚きの広さ。

(よく写真が撮れなくてすみません)

IMG_6127.JPG

お部屋も、掘りごたつ式囲炉裏(床暖房で温かい。こちらでお食事)、

床の間のあるお部屋、オーディオルーム2つ(!)、ベッドルーム、

トイレ二つ、洗面ボウル二つ、ドレッサー、

とにかく広くて、どの部屋にいていいのやらという感じ。

IMG_6105.JPGIMG_6107.JPGIMG_6108.JPGIMG_6110.JPGIMG_6130.JPGIMG_6125.JPGIMG_6124.JPGIMG_6115.JPGIMG_6116.JPGIMG_6125.JPG

IMG_6240.JPGIMG_6249.JPG

 

また、小夜の宿泊者は無料で使用できる、

「竹城の間」という大きな貸し切り露天風呂が、とーっても素敵でした。

ここに来るだけの価値がある!という癒し空間。

IMG_6184.JPGIMG_6193.JPGIMG_6182.JPG

竹ふえはお部屋はもちろん、貸し切り露天風呂に置いてある

飲み物、お酒、アイスクリームは全て無料。

素敵な竹林を目の前に飲みながらゆっくり温泉につかる

贅沢な時間を過ごせました。ここ、本当に素晴らしかったです。

 

さて、美容家らしく。

よく「温泉は美容に良い」といわれますが、

温泉と美容とのつながりを私なりにまとめてみました。

 

1.薬理作用(化学的な作用)

温泉成分のこと。

古い角質や汚れを落とすクレンジング効果、

セラミド生成を助けたり潤いを与える保湿効果、

新陳代謝をサポートすることでシミやシワをケアする美白・エイジングケア効果。

など温泉成分によって様々な効用が期待できます。

 

2.物理的な作用

「温熱効果」

血行を促進して細胞へ栄養を運び老廃物を回収しやすくする美肌のオオモトですね。

「マッサージ効果」

温泉につかるだけで水圧というポンプアップ作用が生まれ、むくみやデトックスにGOOD!

「ほぐし&筋トレ効果」

浮力作用でコリの緊張をほぐしたり、浮力に逆らって身体を動せば筋トレ効果が。

リラックスとトレーニングができるっていいですよね。

 

3.アンチストレス(内側からの作用)

「温泉」という旅に出る、つまり、日常を離れて気分転換になりますよね。

気分転換=ストレス発散しながら、素敵な空間や景色に触れることで、

脳内の伝達物質やホルモン分泌にも影響があるといわれています。

内側からの美容効果です。

 

温泉って、様々な効用がありますね♪

 

さてさて、気になる、竹ふえの「薬理効果」。

医学的に治癒効果のある温泉水は「療養泉」と呼ばれ、

8つの特定物質の「溶存物質総量」が規定値1000mg/kgを超えて1282mgあるとのこと。

この量が多いほど浸透圧が高く、皮膚の細胞に成分が届きやすいといえます。

 

具体的には、

 

■メタケイ酸336mg

有名な温泉の美肌成分。セラミド産生やコラーゲン生成をサポートする

効果があるといわれ、優れた保湿効果を有します。

通常、100mg/kgで「美肌効果が高い」といわれているので、

竹ふえの336mgという高含有量で、美肌効果がご想像いただけるかと。

ちなみに、胃薬の成分でもあり、胃の粘膜を保護する作用もあります。

 

■塩素イオン192.2mg

つまり塩です。バスソルトで有名な通り、皮膚に塩分が付着して

汗の蒸発を防ぐために保湿効果があるといわれ、

さらに体が温まりやすく湯冷めしにくいという温熱効果があります。

血行促進効果ですね。

ちなみに、「塩素」と聞くと誤解されがちですが、

水道水の消毒に使われる「次亜塩素酸ナトリウム」とは異なります。

 

■硫酸イオン171.1mg

血液に酸素を多く送り込む作用があります。新陳代謝活性ですね。

神経痛や便秘、糖尿病、痛風の改善に効くともいわれているそう。

 

■炭酸水素イオン284mg

いわゆる重曹のこと。皮膚の表面を柔らかくして、古い角質を取り去るクレンジング効果があります。

しっとりすべすべなお肌に導いてくれる成分ですね。

 

■pH値6.41

水素イオンの濃度のことですが、一般的に健康的な皮膚表面は4.5〜6.5の弱酸性なので、

お肌に優しい温泉といえますね。

 

程よくとろみがあって、お肌に柔らかく吸い付く、最高に気持ち良いお湯でした。

クレンジング効果と保湿効果は抜群で、寝不足なのにお肌絶好調。

表情シワが消えて、パンっとしたハリ感。

しっとり感はもちろん、もやもやしたシミ・くすみが薄くなっていました。

IMG_6173.JPG

それと、竹ふえの水道水は水道水ではなく、「竹林水」と言う名の湧き水。

ものすごく美味しい軟水でした。水の大切さに目覚めたほど。

お水も美容によかったのかもですね。

 

専属パティシエによるお土産のパウンドケーキも絶品。

IMG_6303.JPG

 

かなり高額なお宿ですが、美容のためにもまた行きたい!

東京で視野が狭くなりがちな生活なので、

こういう自然の中で、気分転換するのも美のために必要ですね(*^^*)

IMG_6311.JPG

IMG_6207.JPG

 

「くえづくし」美容食編は次回にアップします♪

 

#温泉 #美容 #美肌 #効果 #竹ふえ

 

 



  • プロフィール

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

new entries

categories

archives

recent comment

  • ご報告〜D.U.O.を卒業いたしました
    咲丘恵美
  • ご報告〜D.U.O.を卒業いたしました
    nana
  • 新年のご挨拶2019
    咲丘恵美
  • 新年のご挨拶2019
    薫姫
  • 「プレコンセプションケア」と美活〜フィーカレディースクリニック内覧会
    咲丘恵美
  • 「プレコンセプションケア」と美活〜フィーカレディースクリニック内覧会
    るきな
  • 「プレコンセプションケア」と美活〜フィーカレディースクリニック内覧会
    咲丘恵美
  • 「プレコンセプションケア」と美活〜フィーカレディースクリニック内覧会
    るきな
  • 「プレコンセプションケア」と美活〜フィーカレディースクリニック内覧会
    咲丘恵美
  • 「プレコンセプションケア」と美活〜フィーカレディースクリニック内覧会
    るきな

mobile

qrcode
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません。