大阪「カハラ」〜美食と美容

応援してくださっている皆様のおかげで、
現在、開発進行している新商品数5アイテム。
ゼロから企画して作り出す地道で孤独な作業なので、
頭の中がパンパンなこの頃ですゆう★

そこで、脳みそのお掃除に、
土日を利用して駆け足で、大阪・神戸へお出かけしてきました。

グルメな文化人の方々から30年以上にわたって絶大な支持を誇り、
このお店のために大阪に行く価値がある、と言わしめる名店
「カハラ」

予約は3ヶ月前から受け付けだそうですが、なかなかとれない・・・
それもそのはず、8人しか座れないカウンターで、
予約時間が決まっており、8人同時にお料理が運ばれるシステムなんです。
なので、18時といわれたら、遅刻は許されず18時に行かなければなりません。

そこまでしても、死ぬまでに一度は行ってみたい!
かねてから念願が叶い、実際にその価値を身に染みて感じました。

柔らかなアワビの上にふんわりチーズ。ベーコンの上に、日本初といわれる青い芥子。
スカルモルツァの磯辺焼き。カレーシュー(シュー生地の中にカレーが入っています)。
フグの上に味噌と黒トリュフなどなど。
IMG_2843.JPGIMG_2844.JPGIMG_2845.JPGIMG_2846.JPGIMG_2847.JPGIMG_2849.JPG
そして、なんと人生初の熊の脂身。
IMG_2848.JPG
サラッとしていて旨味があり、いわれなければ脂だとわからない程でした。
熊肉はコラーゲンが豊富で美肌に良し、といわれますが、
確かにコラーゲンみたいな食感(コラーゲンはタンパク質なので違いますが)。
韓国ではベアオイル、日本でも北海道でヒグマクリーム、など熊の脂を
使用した化粧品がありますが、
冬眠前(もしくは冬眠直後)の熊が良いそうで、
長い間の冬眠のために栄養分が豊富な脂肪を蓄えているからだそうです。
詳しくは調べられなかったのですが、不飽和脂肪酸の数値が高いので、
細胞膜の原料になるなど、健康や美肌に非常に効果的かと思います。

さてさて、
鉄板を前にしたカウンターですが、
目の前の鉄板が使われるのは終盤のステーキだけ。
牛肉をたくさんいただいて、しっかりヘム鉄を補給しました!
年齢にしたがって、どうしてもステーキは重く感じがちですが、
カハラのステーキはミルフィーユ状で、さっぱりながら旨味抜群で、
只事じゃない美味しさでした。
IMG_2851.JPG

〆の蟹入り温泉卵ごはんに至っては、まいりました!という程。
IMG_2853.JPG

帰りにはお土産に、
消化を促進するウイキョウと、
ステーキの添え物のクレソンサラダにまぶしてあった、
色とりどりの胡麻をいただきました。
胡麻に抹茶やパプリカなど天然色素でコーティングしてあるそうです。
IMG_2852.JPGIMG_2857.JPG

北新地の目立たないビルにひっそりとあります。
食材を愛する思い、組み合わせの創意工夫がなされたオリジナリティ、
本当に素晴らしい経験となりましたニコッ
IMG_2842.JPGIMG_2858.JPG
 

「虎白」「青家」「チャイナ三丁目」

欲望は人を走らせるものらしいです。
どんなに切羽詰っていても、
「新しい化粧品やサービスに接したい」とデパートの化粧品売り場を縦横無尽にひた走る、
「気のおけない女友達と話したい」と寝不足覚悟でお店に駆けつける、
「尊敬するあの方に一目会いたい」と全速力で身支度を整える、

よく走ること走ること・・・
いろんな欲望がありますが、とりわけ食いしん坊な私が走った秋。

「あのお店に行ってみたい。美味しいものが食べたい!!」

まず、神楽坂の「虎白」
ミシュラン三ツ星をとり続けている「石かわ」のお弟子さんのお店です。
あまりの人気ぶりで予約がとれにくいのですが、ようやく念願叶って。
「石かわ」とは異なり、軸がぶれない程度に洋の食材を取り入れた本格和食。
食材も料理法も器もお店の雰囲気もサービスも全てが素晴らしかったです。
「ん〜、美味しいっ!」を繰り返す幸せいっぱい噛みしめていました。
焼き物や器のコレクターの知人に伺ったところによると、
○十万はする、こだわり溢れる良い器を使っているようです。
味はもちろん、名店と呼ぶに相応しい素晴らしいお店でした。
IMG_2113.JPGIMG_2116.JPGIMG_2119.JPGIMG_2120.JPGIMG_2124.JPGIMG_2125.JPGIMG_2126.JPG

西麻布の「チャイナ三丁目」
元中国飯店のシェフが作る、こちらも本格中華料理のお店です。
今年初めての上海蟹を堪能しました。
伊勢海老やフカヒレも入った贅沢なコースで、
蟹みそをたくさんいただいにもかかわらず、ニキビもできず、
翌日はお肌も絶好調でした。
IMG_2139.JPGIMG_2140.JPGIMG_2141.JPGIMG_2138.JPG
蟹は体を冷やすので、ショウガ茶を飲みながら。
全部美味しかったですが、
豆苗に上海蟹のみそをあんかけにした炒め物が絶品!
ビタミンが豊富で美肌にも良いため、豆苗大好きな私ですが、
豆苗を使ったお料理の中でナンバーワンの美味しさでした。
IMG_2142.JPG

中目黒の「青家」
夜は紹介制のみで、民家を改造した隠れ家的レストランです。
友達の手錠バッグ・CUFFZ代表の横山智子ちゃんが店主の方とお知り合いで、
伺うことができました。
店主は料理研究家の青山有紀さん。薬膳の知識をお持ちの上、
ご出身が京都でいらっしゃるとのことで、京都の食材をふんだんに
使用したからだに優しいお料理にほっこりとなりました。
IMG_2144.JPGIMG_2145.JPGIMG_2154.JPGIMG_2157.JPGIMG_2158.JPGIMG_2160.JPG
IMG_2151.JPG
2階の個室にて。
横山智子ちゃんと、ユニバーサルミュージックの山本麻樹ちゃんと。
仲良し三人組で濃〜い話で盛り上がりました。

↓ちなみに、これはマキちゃんがお手配してくれて、
ドリカムの"ATTACK25"コンサートに行った時の写真。
普段なかなか音楽をゆっくり聴く時間がないので、素敵な時間を過ごしました。
ドリカムは25周年だそうで、この曲の時こんな出来事があって、どんな気持ちで
過ごしたか等、自身を振り返って感慨深く。
音楽って、その時の感情を温度感を伴って取り出す効用もあるのですね。
IMG_2173.JPG

私にとって、美容は不動の一番ですが、
大好きな人と美味しいものをいただく「グルメ探求」も欠かせません。
時間のやりくりと体力勝負はあれど、
幸福感は美に直結し、仕事のパフォーマンスも上げてくれると思っていますスマイル
 

大阪でのお食事@抗加齢学会2014

学会番外編。
大阪でも美味しくて素敵なお店に行きました。

メディアージュクリニック青山院長の椎名先生がご予約してくださった
「西心斎橋 ゆらの」
IMG_1704.JPGIMG_1706.JPGIMG_1707.JPGIMG_1708.JPG
一つ一つが上品で可愛らしく、素材の味がひきたっていました。
ワインを飲みすぎ(!)ながら、学会の演題について先生に補足していただいたり、
昔話したり、楽しくてあっという間。

移動中「大阪は東京と違って、道路が広くてきれいだよね」とおしゃべりしていました。
心斎橋の街並み。ブランド店の看板もちょっと違って何だか新鮮でした。
IMG_1709.JPG

二日目は、ミュシュラン三ツ星の「太庵」へ。
たまたまお世話になっている方が大阪にいらしていて、前々からご予約いただき、
念願叶って☆
素材も料理法も東京と違う!!美味しい!と感動の連続でした。
写真を撮る雰囲気ではなかったので、↓だけですみません。
今年は東京で逃してしまったのですが、
鳴門の穴子の上には私の大好きな”花山椒”がのっていて、大満足嬉しい
IMG_1721.JPGIMG_1722.JPG

↓これは抗加齢医学会のランチョンセミナーでいただける「アンチエイジング弁当」
IMG_1717.JPGIMG_1715.JPG

ザ コスモポリタン グリル バー テラスにて。
椎名先生と、佐藤病院の佐藤先生、私の隣に美女・スペースクラフトの吉田美江さんと。
ご一緒させていただき、たくさんのお酒を飲みながら、盛り上がりました♪2014.6.6.jpg

最新の医学をたくさん勉強して、たくさん飲んで、食べて、
充実した抗加齢学会2014@大阪でした。
 

お薦めレストラン2014.1〜3

2014年も四半期も過ぎ、あっという間にGW間近ですね。
年明けから行ったお薦めレストランをまとめてご紹介しようと思います!

テール・ド・トリュフ
青山にあるトリュフ料理専門店。
旬でないこともあり正直あまり期待していなかったのですが、
しっかりとしたお料理の数々で、とても美味しかったです!
トリュフも専門的な保存法がとられているらしく、どれも風味豊かでした。
この日は、サマートリュフ、白トリュフ、春の白トリュフの三種類。
IMG_1548.JPG
「春の」白トリュフの存在を初めて知ったのですが、
繊細でやわらかい食感に、上品な風味が素晴らしかったです。
IMG_1550.JPGIMG_1555.JPGIMG_1552.JPG
個室でいただきましたが、レストランの後、映画を観に行く予定があったので、
時間を伝えたところ、「そのお時間に間に合うようなペースでお出ししますね。」
と。気持ちの良いサービスでした。

豪龍久保
昨年の5月に西麻布にできたばかりの和食屋さんです。
こんなところに素敵なお店が・・・といった立地ですし、
カウンター6席と個室(6名)しかなくて、通好みな大人なお店。
かなりの皿数でしたが、〆のごはんと十割そばまで美味しくいただけて、
食材も器もこだわりの上質なものを扱っており、
一品一品にご主人の情熱や意気込みを感じられる上質なお店でした。
今後絶対に、予約がとりにくい人気店になると思います。
写真を撮る雰囲気ではなかったので、これのみですみません。。
豪龍久保IMG_1581.JPG

レストラン間
恵比寿にある、お野菜にこだわったフレンチです。
コストパフォーマンスが良く、雰囲気も明るいので、女子会にもお薦め♪
カフス代表の横山智子ちゃんとEMIの山本麻樹ちゃんと。
IMG_1578.JPGIMG_1579.JPG
その他、
クッチーナ・ヒラタの平田さんご夫妻が開いたお店があると伺い、
常連であるお友達に連れて行っていただきました。
素敵な雰囲気と温かいおもてなしの上、お料理もとても美味しくて感動したのですが、
常連の方限定のお店なのでご紹介ができず・・・。
また、「青柳」に麻布台に移転後初めて伺いました(写真はNGとのこと)。
迷いながら伺うと、寒い中、お店の外にお店の方が待っておられました。
地下と1階からなっており、地下の広々とした個室でいただきました。
私が場違いな程、接待に使われる高級店なのだと再認識。

東京も美味しいお店がまだまだたくさんあるんですね〜☆

 

ア・ニュ

広尾にある話題のレストランへ。
食いしん坊は相変わらずなので外食は多いのですが、
食べることに夢中で写真を撮ることを忘れ 、
レストランの記事をアップしていない事に気づきました

ア・ニュ ルトゥルヴェ・ヴー
"a nu retrouvez-vous"はフランス語で、
「裸に(ありのままに)戻って」みたいな意味だと思いますが、

店名の通り、素材の持ち味を生かしながら、かなり挑戦的な工夫が凝らされた
一品ばかりでした。

店内は素敵で大人な雰囲気。この日は贅沢にも個室にて。
IMG_1237.JPG

IMG_1235.JPG

プレゼンテーションも素敵。
IMG_1240.JPGIMG_1241.JPG
IMG_1242.JPGIMG_1243.JPGIMG_1244.JPGIMG_1245.JPG
トリュフのスフレ。絶品でした!
IMG_1247.JPG


  • プロフィール

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

new entries

categories

archives

recent comment

  • 自分のために作った前人未踏の限界処方
    咲丘恵美
  • 自分のために作った前人未踏の限界処方
    Euro2020
  • 自分のために作った前人未踏の限界処方
    咲丘恵美
  • 自分のために作った前人未踏の限界処方
    あいみ
  • 自分のために作った前人未踏の限界処方
    咲丘恵美
  • 自分のために作った前人未踏の限界処方
    咲丘恵美
  • 自分のために作った前人未踏の限界処方
    さとこ
  • 自分のために作った前人未踏の限界処方
    yuko
  • 46歳の誕生日をむかえて
    咲丘恵美
  • 2019年嬉しかった3大出来事
    咲丘恵美

mobile

qrcode
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません。