社会現象"1Q84 Book3"

昨年、純文学作品が売り切れになったとニュースで流れました。
文学史上伝説になるであろう作品の続編を早速読みました。

George Orwellの"1984"は近未来小説でした。
この作品は、「こうであったかもしれない」1Q84年という過去の世界を描くことで、
「そうでなかったかもしれない」現在の世界を示唆するという、少々まどろっこしいですが、そんな額縁をもっています。

15年くらい前に読んだ、村上春樹「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」の進化版のような作品だなと感じたので、感慨深かったです。あの頃の私はある意味無垢ゆえに傲慢だったなぁと。

さて気を取り直して、
なぜ1Q84が社会現象にまでなったのか私なりに考えてみました

Charles Dickensの新刊が届くのが待ちきれず、港に大衆がおしかけた時代とは違って、
今やゲームやDVDやら色々な娯楽がある時代。小説がこんなに売れるとは驚きですよね。

発売前に情報を一切公開しなかったことで読者の期待感を煽ったから、というのが世間で言われていることですが、
思うに、彼の作品には珍しく、「必殺仕事人」的、ミステリー的なエンターテインメント性が盛り込まれた結果、一般の方にも広く読まれる現象につながったのでは

Book3はさらに純愛ラブストーリー性全開
物悲しさに彼独特の文体でユーモアがミックスされていて、何度も思わず笑ってしまう事態に。例えば「そんな(二級品の)勃起に語るべき意味などない。たぶん。」とか。
←淑女の皆さまごめんなさい

彼の作品には、様々な象徴の解釈を考える楽しみがあり(文学に正解はありませんから)、
ファンタジーの要素満載でありながら、実はものすごくリアルな心や世界のありようが描かれていて、読後、魂がゆさぶられるような感覚になります。その上、一流のストーリーテラーなので、あれよあれよと読んでしまう。大好きな作家さんです

ちなみに、

村上春樹の魅力を知る入口としては、アメリカの出版社が編集・出版して、逆輸入?された短編集がオススメです



豚肉といえば

社長から「またそこにいるのほんと好きだよね。太るよ」と言われてもやめられない。
西麻布の「豚組」です。


豚肉がいいことは前回書きましたが、
とんかつじゃね・・・

でも!!ここはとんかつなのにさっぱりいただけるんですよー
なぜなら


いつも頼むのは
日本に100頭しか飼育されていない黒豚「メイシャントン」のひれかつ。
さっぱりとコクの両立です。


よりいろいろなブランド豚を楽しみたい方はこちらがおすすめですよー
「豚組膳」

よく見えなくてごめんなさい。
この日はイベリコ豚、渡辺パークシャー、飛騨けんとんのロースかつ
琉香豚、南の島豚のひれかつ。

ロースだったらイベリコ豚が好きかな
脂身が口の中でさっぱりとけるから。
黒豚に含まれる不飽和脂肪酸は脂質を分解促進させるんですよね。
脂をもって脂を制す。





これこそ、飲む美容点滴です

「私はこれでエイジング止めました」ドリンク。大変です〜

食物から栄養を十分にとるのが理想。でも・・・
食物だけだと、どうしてもエイジング、ストレスには太刀打ちできないと思います。
ストレスを抱え、肌荒れやエイジングでまた落ち込み、を繰り返していては
体も心も何らかの慢性疾患に。

女性にとって美容は幸せに暮らすための必需品ではないでしょうか?
個人で幸せの定義は違いますが、
美容とは幸福感につながるもの、これが私の持論。
そのためにD.U.O.を作っちゃったんですよね。

さて、斎藤先生はいうと、
さすがです。日々内面から美容にアプローチできるように、
美容点滴に匹敵する効果のあるドリンクを開発、販売していらっしゃいます。


まさに「圧倒的」な効果むしろ美容点滴をこえてますよ

これを飲んでいるお友達のお肌がきれいになっているのを見て、
「飲んで数時間後にはお肌がぷるぷるになる」と言っていたのは本当でした
クリニックで受けた点滴の効果もあるかもと、数日おいてから飲みましたが、内側から潤う、体を立て直したみたいな実感がご購入はhttp://www.medicalfood.jp/

なぜこんなに効くの

それは独自のノウハウによる処方だからそうです。
14000mgの「プラセンタ+コラーゲン」、「ビタミンC」、「ビタミンB群」、解毒副産物の過剰生成を抑える「クルクミン」(ウコンでお馴染ですね)、細胞のエネルギー産生(ミトコンドリア活性)に必須の補酵素「CQ10」、成長ホルモン分泌、肝臓解毒促進、ダイエットに有効なアミノ酸「アルギニン+オルニチン+リジン」を配合。

体に不要なものを排出して、細胞を元気にするのです。美肌のためには体の土台づくりをしてから、良い成分を入れる、という発想です。

今回、斎藤先生のお話をうかがって、つくづく感じたのが、
ビタミンB群とタンパク質の大切さ。

ビタミンB群は、ダイエットにもいいのですが(糖代謝や脂質代謝を促進する補酵素・いわば潤滑油の役目がある)、肝臓の解毒に必要な酵素の生成に必須なんです。
つまり、お酒を飲む方にもよし、肌あれにもよし、デトックスにもよし。

それからですね、
私、眠りが浅く、不規則な就寝時間なこともあって、実は睡眠に問題を抱えております
それには「タンパク質が重要なんだよ」とのこと。
神経伝達に欠かせない脳内物質(ドーパミンなど)はすべてタンパク質から作られるってご存じでした?タンパク質不足だと神経伝達が滞り、安静にしたい時に興奮してしまうなど、睡眠にも障害が。

しかも、肝臓の解毒はタンパク質由来の酵素で行われるので、お酒と糖質(炭水化物)ラバーの私には耳のイタイお話

食べ物としては豊富なビタミンB群とタンパク質を含む豚肉がオススメです。

それにしても
斎藤糧三先生すごいです
私と同い年なんですよー、こんなにご活躍の先生が・・・。



  • プロフィール

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

new entries

categories

archives

recent comment

  • ご報告〜D.U.O.ディレクターからアドバイザーに
    咲丘恵美
  • ご報告〜D.U.O.ディレクターからアドバイザーに
    咲丘恵美
  • ご報告〜D.U.O.ディレクターからアドバイザーに
    nana
  • ご報告〜D.U.O.ディレクターからアドバイザーに
    サトコ
  • ご報告〜D.U.O.ディレクターからアドバイザーに
    咲丘恵美
  • ご報告〜D.U.O.ディレクターからアドバイザーに
    まぁ
  • CALVIN KLEINのコート
    咲丘恵美
  • CALVIN KLEINのコート
    mui
  • 新年のご挨拶2018
    咲丘恵美
  • 新年のご挨拶2018
    のりこ

mobile

qrcode
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません。