Re-stir!

昨日は 仕事帰りにリステア@ミッドタウンに行ってきました。


リステアは、青山骨董通りの「ルシェルブルー」時代からのお付き合い。
銀座にオープンした時にはなぜか「顧客代表」としてTBSテレビ「ジャスト」に出た想い出が

最近は海外のお客様も多いそうで、東京のファッション名所みたいになってますね。

久しぶりに伺ったので、スパークしてしまいました
今季はヌードカラーが多い中、リステアはロック魂を貫き、カラフルなアイテムが盛りだくさんでした。私の大好きなZAC POZENが豊富に買付されていて、アドレナリン爆発
購入してお直しに出しました。

こんなに試着してしまいました。


先日衝撃の自殺をとげてしまった、Alexander McQUEENがかなり人気なんですって。
デザイナーが亡くなると、ファッショニスタには黙っていられない習性があります。だってもう彼の魂を感じられるお洋服は次のシーズンで最後なんですもの。

私も瑠璃色のドレスがほしかったのですが、一点しかなく、予約が入っていたのでキャンセル待ちに

ところで、「裏リステア」というお店があるのをご存じですか?
いわば、リステアのアウトレット。
高下社長いわく、
「アウトレットといったら、都心から遠く離れた場所にあるのが常識。
だから、あえて東京のど真ん中にアウトレットを作りたかったんだよね」

既成概念を打ち破る反骨精神。
高下さんらしいです。

彼は時代の流れにも敏感です。
今月「メディアセレクトショップRESTIR.COM」をスタート。
ネットでお買いものをすることが時代の主流になると見て、オンライン販売を10年前から始めていたリステアですが、
実店舗とオンラインストアに垣根をつけることはもう古い!
ブランドバリューを下げるといわれるオンライン販売を逆手にとった、ブランドバリューを高めるクリエイティブ。情報発信源とショッピングサイトの融合。eコマースに革命を起こすべく、リステアのノウハウを活かした新しいサイト構想だそうです。
まさにre=再び stir=(世の中を)かきまぜる、ですね。
http://restir.com/

うちの社長ともウマが合うかも


Japanese opera

島田雅彦さんが台本・演出をなさったので、観に行ってきました。
討ち入りまでの間に起こった、二組の恋愛模様を描いた作品。



写真が撮れなくてごめんなさい。
島田さんには始まる前に急いでご挨拶しただけでしたが、相変わらず、文壇の王子らしくgood lookingなお姿でした。




ジャパニーズオペラなんて・・・と敬遠される方も多いですが、
私はこういう冒険的なもの、カルチャーをミックスしたものが大好き
三弦と小鼓とオーケストラの音色とともに語り部が口上を述べる。
幕開けからわくわくでしたが、内容も島田さんらしい美しく心に響く本でとても面白かったです。

「恋は花火」などとよく言われますが。
「夜空を焦がす花火を今見ているけれども、私の胸を焦がすあなたの心はどうか変わりませんように」



今日はMiu Miuの赤いワンピを着ました。



「細雪」における美肌考察

 今読んでいる小説です。


大阪の船場言葉っていうのでしょうか?標準語しか話せない私には、四人姉妹が交わす関西弁がとても美しく感じます

三女の雪子が30を過ぎてまだ独身ということで、姉が縁談のため奔走しているんですが、
その中でびっくりしたシーンが
雪子のお見合い相手が、彼女の眼のふちにシミがあるのではないかと仲人に確認してきます。なんとまあ、小さい男

ともかく、そのシミは月経前後に濃くなって、他の時は気にならなくなるというもの。
これはホルモンバランスによってできるシミですね。

今でこそ、薬のCMが流れるくらい馴染になった「肝斑」ではないでしょうか?
最近は肝斑用のレーザーも出ていますが、美白効果のある化粧品を使って、内服薬を飲めば改善されるといわれてます。
内服薬は「トランサミン」。保険がきく皮膚科で処方してもうと市販のものより安いですよ

更年期など、女性ホルモンの分泌量が極端に減ることでできてしまうシミには、やはりホルモン補充療法が有効。

時代が違っても悩みは同じ。名作「細雪」に肝斑がでていたとは
美肌は女性にとっていつの世も大事なんですね。





  • プロフィール

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

new entries

categories

archives

recent comment

mobile

qrcode
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません。