最高峰の水クレンジングchulala〜機内美容にも♪

20代〜30代前半の頃、よく沖縄に行っていたのですが、

その度に大人買いする溺愛コスメがありました。

 

それは「chulala(ちゅらら)クレンジングローション

W洗顔不要。洗い流し不要(お好みによって)。

IMG_0234.JPG

水クレンジングはコットンで拭き取るタイプのため、

お肌に摩擦が起こりやすい、

油性の汚れを”浮かせる”工程を省いているので、

お肌に負担がかかりやすい、といった難点がありましたが、

 

chulalaは、肌当たりが非常に柔らかで、適度な厚みがあり、

肌にとっても優しいのです。

しかも、水クレンジングの良い点を存分に生かし、

化粧水の役目をも果たして、

使用後のお肌が水分で潤って透明感が出るという、秀逸アイテム。

水クレンジングの最高峰といっても過言ではありません。

IMG_0236.JPG

 

その秘密は、

沖縄のサンゴを使って浄化された「サンゴ水」と「久米島海洋深層水」

の合わせ技にあるのではと思います。

両方ともミネラルが豊富という共通点がありますが、

サンゴ水はカルシウムが豊富で、NMFを作る際に欠かせないミネラルであり、

ターンオーバーに働きかけます。

久米島海洋深層水のニガリにはマグネシウムが豊富で、

セラミド合成促進に働きかけ、バリア機能を強化。

潤いをしっかり与えて、かつ、守り、肌荒れしくい肌へ導いてくれます。

 

洗浄成分との組み合わせも素晴らしく、古い角質も優しくオフ。

 

さらに、配合されている月桃葉エキスは

赤ワインの34倍のポリフェノールが含まれているといわれる程、

抗酸化力が高いので、同時にエイジングケアができます。

また、月桃の葉に食べ物を包んで保存していた、

という沖縄のおばあの知恵が示す通り、抗菌力にも優れているので、

ニキビにもGOOD♪

 

chulalaは基本的に洗い流しが必要ないので、

私は特に、ヨーロッパやアメリカなど、

ロングフライトの際に機内で必ず使っています。

コットンと小サイズのクレンジングローション、

与えるケアアイテム達を持って、機内に乗り込み、

到着の数時間前にスキンケアをやり直します。

乾燥した機内、長時間のフライト。

スキンケアがしたいけれど、普段のように水が使えないので、

メイク落としや洗顔ができない・・・といったストレスを見事に

解決してくれますよ手

CAさんに愛用者が多いのも納得です。

 

↓小さいサイズは沖縄限定なので、

IMG_0235.JPG

普段の旅行ではエタノール消毒した小分け容器に詰めて持っていきます。

(※化粧品メーカーは小分けしたものの菌汚染の責任は負えないので、

自己責任で小分けしてくださいね。)

 

「美肌の基本は落とすこと」の観点から開発した、

私の渾身作D.U.O.ザ クレンジングバームは

やはり一押しであることには変わりませんが、

クレンジングバームは洗い流しが結構必要なので、

「疲労困憊してメイクを落とす体力が残っていない。

スキンケアしないで寝てしまいそう・・・」という非常時、

洗面台にchulalaを常備しておけば、

拭き取るだけでそのままベッドにダウンしても。

私の知り合いで社長業をこなすキャリアウーマンのお姉様方も、

こういった使い方をしています。

一つはきちんとスキンケアしたい時、

一つは体力がなくスキンケアすらままらない時、

とクレンジングを2つ常備しておくのもいいですね。

働く女性、子育てする女性、毎日本当に大変ですもの。

 

○○じゃなきゃダメ!という美容理論ではなく、

その方の肌質や生活スタイルに合った代替案をご提案する、

というのも私のポリシーなので、

 

「chulala(ちゅらら)」は美容家としても嬉しくなる逸品。

ブランドの原点である

「沖縄の知恵を生かして、入浴もままらない寝たきりの方の身体を清潔にしたい」

という”思いやり”が、商品の優しさにも現れています。

 

旅の友に、多忙時の友に、ぜひぜひ一つお持ちになってみては??

使用後の潤ったさっぱり感、リフレッシュ感、

これからの季節にもピッタリです♪

 


シートマスクの意外な効用&コットンパックの正しい使用法

今年のGWはお天気が良く、かなり紫外線強いですね。

「今日はかなり紫外線浴びちゃった」という方に朗報です。

 

コットンパックやシートマスク。

先日、海外の先進メーカー様の研究成果をお伺いしてびっくり。

 

そのメーカー様のものは非常に画期的で、ランコム・ジェニフィックマスク

に採用されることになったらしいのですが、

 

密着&伝達作用による水分量増加効果の他、

 

「肌温が5℃下がる」ことによる「炎症鎮静効果」

 

があるそう。

 

この「5℃」というのがポイントで、

氷や冷水で冷やすと、逆に寒冷刺激になるとのこと。

 

肌温の変化を利用した「温冷療法」(温→冷→温→冷のスキンケア)

は血管強化などを目的とした美容法として昔からありますが、

 

シートマスクの「冷」が、

紫外線などの外的ストレスによる炎症を鎮めて、

炎症老化につながらないようにしてくれる。

 

というのは実は新知見です。

(※メーカーによって異なります)

GWに、IPLやレーザーなどの美容医療をした方にも最適。

 

さて、コットンパックも同様の効果が期待できます。

正しいコットンパックの方法をご紹介しておきますね。

↓お風呂上りに行ってください。

 

コットンを2枚用意。ひたひたになるまで、たっぷり化粧水を浸す。

※精製水を浸してから化粧水を足す方法もありますが、

紫外線ダメージの後は、化粧水オンリーがベター。

化粧水はアルコール(表示名称:エタノール)フリーのもので。

コットンを二枚に割く。

IMG_9300.JPG

一枚づつ、コットンの繊維と平行方向にギュイーンと伸ばす。

線維と逆方向にも多少伸びるので、形を整える。

かなり大きくなります。計4枚。

IMG_9301.JPG

(割いた面ではなく)繊維処理がされている面を肌に向かって。

両頬、あご、鼻(または額)に載せる。

3〜5分放置。

※長く放置しすぎると、逆にコットンに肌内の水分が持っていかれる

毛細管現象が起きるのでNG!

 

最近は安いシートマスクが市販されているので、

デイリー使いできて簡単ともいえますが、

プルポップ式のものは防腐剤が多量だったり、

防腐剤とカウントせずに実際は防腐目的で配合している”保湿剤”

が多量だったりするので、私はあまりお薦めはしていません。。。

刺激が強めです。

 

自分が信頼できるシートマスク。

もしくは、シートマスク自体の防腐問題等は一般にはわかりにくいので、

化粧水を浸したコットンパックがお薦めですきらきら

 

IMG_9293.JPG

↑メーカー様から仕事用にいただいたシートマスク。

 

 

紫外線の強さのピークは真夏ではなく、6月の夏至なので、

5月の紫外線もかなり強力です。

肌にダメージを残すことなく、素敵な連休をお過ごしくださいね♪

IMG_9294.JPG

 


発光しているような透明感のヒミツ〜肌内部のレフ板とは?

色白の方の中でも、

発光しているかのような、吸い込まれるような透明感のある肌の人、

いますよね。憧れ素肌です。

 

それは、肌内部にある「レフ板」効果のなせる技。

レフ板とは、カメラマンが撮影する時に、光を多く反射させて

キレイに見せる小道具のことですが、

SNS流行りの昨今では、アプリで加工する他、

自前でレフ板を持っている、なんて方もいらっしゃいますね。

 

さて、本題に入る前に、おさらいです。

 

肌色とは、光が反射して作られるもの。

メラニン色素(黄色)とヘモグロビン(毛細血管・赤色)が

光に反射して初めて「肌色」が作られます。

 

だから、光のない真っ暗なところでは肌色がない。

白人もアジア人も黒人もないのです。

 

ちなみに、メラニン色素には黒色メラニンと淡色メラニンの2種類があります。

白人はメラニンの量が少ないだけでなく、

淡色メラニンの割合が高く、毛細血管の赤色が映えるので、

桃色がかった色白肌なのです。

 

毛細血管ケア、肌色にかなり寄与します。

ヘモグロビンが二酸化炭素と結びつくと暗いくすんだ赤色になるので、

血行促進して、酸素と結びつけてあげると鮮やかな赤色になり、

桃色がかった色白肌になれるという訳。

最近のトレンドは「血色感」がキーワードの一つです。

 

では、メラニンケア&血行促進ケアをしていればいいの??

といえば、さにあらず。

ここからが今日の本題です。

 

実は、お肌内部には、光を乱反射させるフィルター(レフ板)が存在します。

 

●お肌最上層にある角質層

ここが水分をたっぷり含んでいると、透過度が低下し、光を多く乱反射。

●お肌深部にある真皮層

約7割がコラーゲンでできていますが、

コラーゲンの密度が高く、質の良い(年齢とともにコラーゲンの質も密度も下がります)

ものであればあるほど光を乱反射。

 

「内部反射光」なんて言い方もありますし、

保湿(角質層ケア)が美白に良いと言われる所以。

また、資生堂さんが「コラーゲン美白」を打ち出したのはこのコトです。

 

つまり、角質層ケア(保湿)と真皮層ケア(コラーゲンケア)をすることで、

のっぺり作ったような色白肌とは違う。

吸い込まれるような奥行きのある透明感が叶うんです。

 

光技術を駆使したメイク効果で、まるで素肌のような肌色を作る。

そして、塗っている間中、保湿やコラーゲンの品質ケアまでできて、

日に日に憧れ肌に近づける。

そんな理想を追求したBBクリームが4/24、D.U.O.から発売になります!

詳細は次回に。楽しみにしていただけると嬉しいです。

 

IMG_9153.JPG

 


サクラの効用

桜を観て日本っていいなぁと思うこの頃。

桜のエキスはお肌にも良い作用があるんですよ。

 

桜の葉に含まれるポリフェノールには殺菌作用があります。

また、接触皮膚炎やヒスタミン遊離抑制など、

抗炎症・抗アレルギー作用があることで知られています。

 

春は三寒四温の時期。

まだまだ気温差に油断がならず、紫外線は強くなる一方で、

お肌がゆらぐ季節です。

肌荒れを鎮静する成分は心強い味方。

全成分に「サクラ葉エキス」または「ソメイヨシノ葉エキス」

と記載のある化粧品、ぜひチェックしてみてくださいね。

D.U.O.ではクレンジングバームに配合しています。

IMG_8933.JPG

 

先週の土曜日に、ドクター中心のいつものメンバーで

お花見会をしました。

中目黒のイタリアンTi Picchioを貸し切りで行われたのですが、

時期が早すぎて桜は三分咲きでした・・・。

IMG_8926.JPG

↑友達の音楽プロデューサー山本麻樹ちゃんを誘って。

大好きな紀子お姉さんやドクター、弁護士さん達。

仕事と全く離れた方々との会は久々で、とても楽しかった〜♪

 


ヘルスケアアプリ1位「FiNC」のアンバサダーに

このたびヘルスケアアプリFiNC(フィンク)

アンバサダーを務めさせていただくことになりました。

 

FiNCは先月に一般リリースされたばかりですが、

ヘルスケアアプリ1位に躍り出たという、強者アプリ。

 

ANAなどの大企業が数多く協賛し、

企業向けヘルスケアプログラムのサービスと、

個人向けでは「ダイエット家庭教師」サービスが有名ですが、

 

こちらのアプリでは、無料で、

人口知能がパーソナルトレーナーとなって、

その日の運動量や睡眠、自分が入力した悩みに対応して指導してくれます。

 

例えば、チャットで、

「甘いもの食べたいな〜」と打つと、

 

「え、スタイル気にしているのに甘いもの?」

「でも、このデザートならOKだよー」

と情報をくれたり、かなり楽しいですよ♪

 

食やダイエット方面では著名な方々がアンバサダーですし、

移動中など楽しく有益情報もゲットできます(^_-)

ぜひインストールしてみてくださいね♪

 

私の右がFiNC溝口社長(CEO)、左が野林常務執行役員。

IMG_8836.JPG

FiNCさんにお邪魔すると、ものすごい活気で、

役員さん、社員さん達のご経歴も物語っていますが、

ヘルスケア業界のトップ企業になるのではないでしょうか?

 

私などがおこがましいのですが、

ヘルスケアの@コスメ版のような成長力を感じます。

 

溝口社長は元々有名アスリートのトレーナーでしたが、

何しろ自分の身体は一つだけ。

一度に数多くのアスリートを担当できないことから、

広くパーソナルトレーナーを活用してもらえるサービスがあったなら、

という想いが出発点だったそうです。

こういう熱い想いって重要ですよね。

 

さてさて、ただいま、

私の記事はバンバンアップしているところなので、

ブログとも差別化を持たせていますし、

ぜひフォローしてチェックいただけると嬉しいです(*^^*)

 

最新知見や技術情報をネクラに研究→開発の日々ゆえ、

正直SNS的な記事作成は苦手ですが、

私らしく、自分売りではなく、

すぐに「やってみたい!」「美容IQが上がった!」

と思ってもらえる”正しい情報”を、頑張りますね〜☆

IMG_8914.PNG



  • プロフィール

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

new entries

categories

archives

recent comment

mobile

qrcode
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません。