サルディーニャ島へ@Hotel Romazzino,Costa Smeralda

今年のヴァカンスはイタリアのサルディーニャ島にて。

ラグジュアリーリゾートが集まる、Costa Smeralda(エメラルド海岸)に

位置するHotel Romazzino(ロマツィーノ)に滞在しました。

 

あまり日本人の情報がないので、詳しくアップしますね。

(日によって、陽ざし、風や波の違いがありますがご容赦を)

 

ローマからAirItaryという国内線で1時間程度。

オルビア空港から車で35分くらい。

サルディーニャ島は四国ほどの大きい島なので、

レンタカーを借りて回る方が多いようですが、今回は日程的に

ゆっくりしかったので、ホテル車で移動しました。

 

ホテルのエントランス。

IMG_5089.JPGIMG_5087.JPG

フロント&コンシェルジュ。

IMG_5092.JPG

IMG_5345.JPGIMG_5344.JPGIMG_5353.JPG

 

広大なお庭。レセプションから抜けていくと。

青い空に広がる海。緑がいっぱい。

IMG_5354.JPGIMG_5355.JPG

GUZF4959.JPGVSDO1525.JPG

DZYP7561.JPGIMG_5348.JPG

プール。昼間はプールサイドとビーチサイド。2つレストランがあります。

IMG_5194.JPGIMG_5360.JPGIMG_5361.JPG

 

そして、サルディーニャ島といえば、海のキレイさ!

白砂で透明度高く、まさに美しい理想のビーチ。

最高に気持ち良く泳げました。

IMG_5401.JPGIMG_5389.JPGGXZM3047.JPG

IMG_5396.JPG

ビーチクラブ

IMG_5475.JPG

CLYB4936.JPGIMG_5420.JPG

 

お部屋。エレベーターがないので、迷路のような階段を巡る…

良い運動になりました(^^;

IMG_5103.JPGIMG_5099.JPG

シャワーブースとお風呂、トイレは別々。

美容家として最も重視する洗面台は広く、とても使いやすかったです。

IMG_5109.JPG

角部屋だったので、テラスからのビューは2方向。

IMG_5107.JPGIMG_5112.JPG

テラスから見えたプール付きヴィラは超お高いので、諦め(T_T)

プールも広く、とても静かで素敵そうでしたよ。

ヴィラの方はカートで敷地内を移動できるようです。

 

夜はレストラン一つのみ。眺めが素晴らしいです。

女性は着飾った方ばかりで、ヨーロッパのラグジュアリーな夏を身近に。

まだほの明るい20:30〜のオープンとヨーロッパの中でも遅めのスタート。

家族連れも多く、23時に平気で子供が食べているのに驚き。

いつ寝ているのかしら?笑

IMG_5480.JPGIMG_5154.JPG

サルディーニャワインはマスカットの香り。美味しかったです。

IMG_5488.JPGIMG_5153.JPG

サルディーニャの郷土料理。からすみが名物。

IMG_5486.JPGIMG_5491.JPG

 

このホテルのコンシェルジュとスタッフの情報伝達の早さ、

対応の素早さも素晴らしかったです。

どこかで失くした帽子もすぐに探索してくれて、何と見つけて届けてくれ、

朝、郷土料理のディナーをリクエストをすると、

その後すぐにビーチクラブで会ったレストランマネージャーが

「全て手配は整ったよ。夜楽しみに待っています。」と。

空港までのドライバーも感じよく、洗練されていました。

 

サルディーニャの夏は大混雑で、

車が渋滞したり、ビーチも人だらけだったりするそうですが、

私は8月終わりから9月初めまでだったので、

日に日に静かになって、落ち着いた大人の素敵リゾートを満喫できました。

(6〜7月はドイツ人、スイス人、8月はイタリア人が多いそう。

日本人はほとんどいないとか。)

 

私は海好きなので、念願のサルディーニャ島リゾート。

日本人にとって敷居が高いのは確か…ですが、

ヨーロッパのルールを守って堂々と楽しむのに限ります。

ここRomazzinoは、ビーチ、施設、サービスともに◎

素敵なヴァカンスでした(^^♪

IMG_5213.JPG

 


今年のヴァカンス

ようやく夏休みで、
イタリアのサルデーニャ島に来ています。

シーズンなので人多い!でも
海は抜群にキレイです。


毛穴目立ちの発生ルートを遮断!〜D.U.O. ザ リペアショット新発売

『毛穴のせいで至近距離で見られるのが恥ずかしい』

『ケアしているのに、毛穴目立ちが止まらない!』

 

という方へ朗報です。

 

近年定着している知見「炎症老化」。

炎症は

・メラノサイトを刺激する。

・コラーゲン繊維を分断させる。

・バリア機能を低下させる。

といわれ、

 

「美しい肌を目指すのなら、とにかく抗炎症が決め手!」

という研究者の方もおられるほど。

 

IL-1αやTNFαなど肌内部の炎症性物質たちは、

紫外線など外的刺激からお肌を守ったり、

古いタンパク質(コラーゲンなど)を分解したり、

正常範囲であれば、なくてはならないものなのですが、

 

加齢や大量の紫外線などによって、

暴走してしまうと、お肌に悪さをしてしまうんですね。

つまり、肌表面には何も起こっていないように見えるけれども

肌内部を蝕んでいる「隠れ炎症肌」です。

 

年代問わず、悩んでいる方が多い毛穴も、

実は、原因を紐解いていくと、肌内部の「隠れ炎症」

が深く関わっている――――――そこで、

 

本日8/24、D.U.O.から毛穴の根本原因を遮断する

「リペアショット」が新発売!

IMG_5017.JPG

炎症反応が非常に複雑なカスケードを形成して、

肌内部で悪循環を繰り返し、あらゆる毛穴目立ちの根本を

作ってしまっていることに着目。

 

たとえば、<開き毛穴>の発生ルートだけでも、

 

皮脂が過剰にアクネ菌に分解され、遊離脂肪酸が増加。

炎症のマスタースイッチといわれるNF-kBが暴走。

過剰な炎症反応が発生

不全角化が起こり、毛穴上部がすり鉢状に開く「凹状毛穴」へ。

また、bFGFが過剰に産生、コラーゲンの過増殖が起こり、

毛穴周辺が盛り上がる「凸状毛穴」へ。

炎症状態の肌は、プラスミンという酵素が過剰に発生し、

bFGFが過剰に発生。肌の凹凸を激しくして「開き毛穴」へ。

また、シクロオキシゲナーゼ-2、PEG2の経路を形成し、

メラニンを過剰生成して「毛穴シミ」にも。

 

まぁ、ちょっとお話しただけで、こんなにぐるぐる連鎖しているんですね。

コラーゲンを分解しすぎたり、過増殖させたり。

開き毛穴のお話をしていたら、メラニンによる黒ずみ毛穴につながっちゃった、

という具合です。

 

だから、毛穴の目立ちは一つじゃない!

 

H・・・ひらき毛穴

I・・・居座り毛穴(黒ずみ毛穴)

T・・・たるみ毛穴

 

三大毛穴目立ちを”HIT毛穴”と称し、

毛穴トラブルを網羅的にケアする美容液の誕生です。

 

IMG_5022.JPGIMG_5026.JPG

 

トラネキサム酸を凌ぐデータが見受けられる

(プラスミン、及びそれを活性化させるウロキナーゼを阻害)

「HITペプチド」を高濃度配合。

分子数にして、一滴に297兆個!

 

NF-kBの過剰な活性化を抑え、角化異常・過剰メラニン・コラーゲン過分解を

阻止する「アーチチョーク葉エキス」

抗酸化作用に秀でた「スーパービタミンE(トコトリエノール)」「トマト果実エキス」

過剰な皮脂分泌を抑える「ミニポリル(アカツメクサ花エキス)」

抗アクネ菌作用が期待できる「トタラ木エキス」

 

そして、どんな悩みにも嬉しい。

年齢を重ねるごとに、古い角質がスムースにはがれにくくなるので、

発酵エキス「スキンリペア」を高配合。

頑固にくっついている角質をほどく酵素を活性化するアプローチで、

古い角質を元から溜めにくくする。

デイリーに優しく角質ケアする”ナチュラルピール”ですね。

 

1本5役

(毛穴ケア、角質ケア、保湿ケア、インナーダメージケア、ブースター機能)

 

剤型はオイル層:水層の2層式。

お顔の毛穴は皮脂の通り道。疎水性が高いため、

まずは高圧処理された浸透型オイル(ウチワサボテンオイル)が

毛穴を柔軟化しながら有用成分の通り道を作るWブースト処方。

 

お使い方は、シェイクしてから、洗顔後すぐのお肌に数滴。

IMG_5018.JPGIMG_5019.JPGIMG_5020.JPGIMG_5021.JPG

心地よいサラッとした使用感。

塗った直後から肌がふっくらして、

毛穴目立ちが抑えられる実感があります。

 

夏は大量の紫外線により、プラスミンなど炎症性物質が多く発生する時期。

「秋老け」なんてことにならないためにも、

ぜひお試しになってみてくださいね♪

 

 

#毛穴ケア #毛穴トラブル #原因 #炎症老化 #隠れ炎症肌

#開き毛穴 #たるみ毛穴 #メラニン毛穴

#不全角化 #コラーゲン分解 #コラーゲン過増殖 

#NF-kB #プラスミン #ウロキナーゼ #過剰な皮脂 #女性ホルモン 

#ペプチド #アーチチョーク #カラーレストマト 

#ナチュラルピール #角質ケア



  • プロフィール

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

new entries

categories

archives

recent comment

mobile

qrcode
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません。