美味鍋

 昨日は美味しい鍋を食べに行ってきました
十年くらい前に、お友達のエディターの方に連れていってもらって以来、ずっと通っているお店。

「石頭楼」(スートーローと読みます)
ここはマンションの一室にあり、知る人ぞ知るお店だったのですが、あまりの美味しさに予約殺到、今ではお店も拡張してたくさんの方がいらしてます。

マダムの松崎さんはお肌がとってもつやつや
流行りのコラーゲン鍋ではないですが、ゴマ油を使った石鍋はとっても美味しくて病みつきに。素材もこだわっているし、お鍋でもあっさりしすぎないので、食べた満足感があるんですよ。

私、お腹が空きすぎて顔がひきつってる・・・

お友達の紀子お姉さんは美人で、仕事ができて、内面も素敵な女性です
昨日も二人で紹興酒をボトルで男呑みしながらも、ガールズトーク炸裂
いろんな相談にのっていただきました。
D.U.O.も使っていただいるのですが、ますますお美しさに磨きがかかったような・・・
手前みそですみません

目標としたい女性が身近にいるってありがたいことです


そうそう、石頭楼にはドレスコードがあり。

それは「ウォッシャブルなお洋服」
昨日は酔っぱらって服を着たまま寝てしまっていたのですが、
美味しいゴマ油の香りで起きた次第あー。



行きつけのお鮨屋さん

 昨日は、二年前に香港勤務になった友人がまた日本に戻ってきた!ということで、

"a ton rentre.sante!"
フランス語の「あなたのご帰還に乾杯!」

久々に日本の美味しいものを食べさせてあげたかったので、(香港ではいつも日本を恋しく思っていたらく・・・)、私の行きつけのお鮨屋さんに行きました。

西麻布の「藤森」
ご主人は私と同い年なんで、いつも楽しくおしゃべりしながら、情報交換したり、いろいろ教えてもらったりしてます
お休みの日は全国を回るなど、とっても研究熱心で、いつもサプライズ感ある美味しいものを出して下さるし、よくありがちな「王道頑固すし」と違って、ものすごーく性格の良い方なので、
女同士でも気楽に行けるお鮨屋さんですよ

奥様(も私と同い年)はご結婚前はミシュラン三ツ星の「かんだ」で修業なさっていたので、火の入ったおつまみは彼女が作って下さいます。例えば、焼き物。これが絶妙な焼き加減で、とっても美味しいの胃を保護するために、一番最初に出てくる、季節のすり流しもいつも美味。

ここはお料理も「王道すし屋さん」とは違って、面白い出し方をすることもあり、
ファンが多いんですよ。

そうそう、旧暦のお正月である、二月四日に初絞りして、神社でお祓いをすませた日本酒を作る酒蔵が地方にあって、毎年、4日にご主人が買いに行くんです。「縁起もの」ということで、昨日はたくさんいただいちゃいましたやっちゃん(ご主人)、ごめんね。

ところで、「のれそれ」(アナゴの稚魚)が私、大好物なんですが、
これはいつも春先から出始めます。
「のれそれ」が出てくると、「もう春なんだな」って、季節を感じて嬉しくなります

食べちゃった途中に撮ったので分かりにくくてごめんなさい。「のれそれ」はこれ↓
ほんとは白魚が平べったくなったみたいな形のお魚なんですが・・・。





お食事会@Les enfants gates

ビューティーブログなのに、食いしん坊な私
昨日はお食事会に行ってきました
代官山にあるLes enfants gatesはライト、小物に至るまでバカラで統一した素敵な内装で、お料理も期待通りとっても美味しかったです
私は王道フレンチより、日本人シェフの作る、素材を最大限に生かしたフレンチがやっぱり大好き。

テリーヌが有名で、10種類くらいの中から選べます。
ごめんなさい、写真を撮るのを忘れてしまったので、お取り寄せ用(お取り寄せできるんですよー
のチラシです。

「Les enfants gates」のホームページはこちら







フランス大使館のJulesさんと、元外務副大臣で、現在は会社顧問や大学教授など多方面でご活躍の伊藤先生と。


また、公使のお話によると、ミシュラン内部では、Les enfants gatesは一つ星ですが、限りなく二つ星に近いとの評価だそうです。三年連続、星を獲得しているのはただの"chance"ではないとおっしゃってました。

伊藤先生は大学では「感性情報論」という分野について講義なさっているとのことで、お話をたくさん伺い、とても勉強になりました。
「私達人間は言語で物を認識している」とのことで、詳しいことは省きますが、何でも、母国語によって人の感情の伝わり方は変わるんですって。
外国人と同じものを見ていてもイメージしていることは違いますもんね。同じ人でも英語を話す時のキャラクターと日本語を話す時のキャラクターが変わったり。

そしてここ重要です!
日本語は世界で非常に珍しい、表意言語(言葉そのものが物を表す)と表音言語(言葉を細分化して物を表す。例えば英語)のハイブリッドなんだそうです。漢字とひらがな・カタカナ。
(先生、これで合ってますか?
中国などと違って、明治時代に日本が西洋に植民地化されなかったのはそのせいもあるんですって。日本語にもっと誇りを持ちましょう

D.U.O.のコンセプトもハイブリッド。
人でも、物でも、燃料でも、ハイブリッドは強みあり時代のキーワードですね。


「ごちそう」という名のレストラン

寒くなったり、暖かかったり、温度差が激しいこのごろですが、みなさん体調はいかがですか?

ここのところ、プレス発表会の準備や実家の行事でバタバタしておりましたが、
こんな時こそ美味しいものをいただいて、元気になろうということで、
以前からお気に入りのレストラン「La BOMBANCE」に行ってきました。

ここは隠れ家なのに、予約がなかなかとれない、来た時に次回の予約をしていかなくてはならないほどの『ここはスペインの「エル・ブリ」か!?』状態の人気ぶりゆえ困っていたのですが、
今月少し広めのスペースに移転したばかり。

前もよかったですが、今度のお店も素敵です。

ここのオーナーシェフの岡元さんは私と同い年なので、(勝手に)親近感がわいて気楽におしゃべりさせていただいたりして楽しいんですが、何より、フレンチと日本料理を熟知した岡元さんが出して下さるお料理の数々は本当に美味しくて、いつも「これぞ口福」と思うことしきり。

さらに、メニューが面白いんですよ。なぞなぞみたいなメニュー表なんです。
例えば、「ケヅリブノドサ」って何だと思いますか?



逆から読んで「佐渡のぶりヅケ」。

では「福福福福福・・・・・∞」って一体何!?


これはふぐ雑炊なんですが、なぜ福が無限大かというと、ごはん粒ひとつひとつが「ふく」だから。
今年もいっぱい福のある年にしましょーという意味らしいです。

この日は久しぶりに美味しいものをいただいて調子にのってしまい、
朝4時まで飲んでしまいました

こんな生活を送っているのに、なんでその肌なの!?とよく聞かれるのですが、
美肌の秘訣は「思いっきり楽しいことをする」ことにもあると思うんです。

また別の機会に詳しくお話させていただこうと思いますが、
ストレスは長くため込むと、自律神経やホルモンバランスを崩します。
それがお肌のトラブルや老化を招きます。

だから、みなさん、私の自己弁護ぶりに閉口しないで下さい(笑)
美肌のためにもたまには思いっきり羽目をはずして楽しいことをしましょうね。


ちなみに、こちらがLa BOMBANCEオーナーシェフの岡元さんです。







  • プロフィール

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

new entries

categories

archives

recent comment

  • 自分のために作った前人未踏の限界処方
    咲丘恵美
  • 自分のために作った前人未踏の限界処方
    Euro2020
  • 自分のために作った前人未踏の限界処方
    咲丘恵美
  • 自分のために作った前人未踏の限界処方
    あいみ
  • 自分のために作った前人未踏の限界処方
    咲丘恵美
  • 自分のために作った前人未踏の限界処方
    咲丘恵美
  • 自分のために作った前人未踏の限界処方
    さとこ
  • 自分のために作った前人未踏の限界処方
    yuko
  • 46歳の誕生日をむかえて
    咲丘恵美
  • 2019年嬉しかった3大出来事
    咲丘恵美

mobile

qrcode
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません。