2017年ベストレストラン〜茶禅華

まだ10月〜12月があるのですが、

今年は商品開発数が多すぎて、何だか達成感があるので、

もう言ってしまいます(^^)/

 

レストラン探訪好きの私の中で、

間違いなく国内における今年のベストレスランは「茶禅華」。

 

南麻布の住宅街に突如現れる邸宅レストラン。

洋風一軒家を改装して作られたという佇まいに思わず圧倒されます。

IMG_0729.JPG

内装もアマンのような”引き算の美学”で、とても素敵でした。

IMG_0769.JPGIMG_0771.JPGIMG_0732.JPG

 

「麻布長江」と世界に名だたる日本料理「龍吟」で修行された、

”若き天才”の異名をとる川田シェフが作るお料理は、

小さなポーションで、素材を活かす和のテイストが織り交ぜられた

まさにガストロノミック・チャイニーズ。

世界的なグルメの聖地・デンマーク料理の創作も感じられるような。

 

クレソンの香りがする雉のスープや、中華料理にはない「炭火」を使い、

五香粉をまとった香ばしい焼き物など、一品一品美味しすぎます。

結構品数が多かったと思うのですが、全く胃にもたれませんでした。

IMG_0733.JPGIMG_0740.JPGIMG_0741.JPGIMG_0746.JPGIMG_0749.JPGIMG_0751.JPGIMG_0753.JPGIMG_0754.JPGIMG_0755.JPGIMG_0760.JPGIMG_0761.JPGIMG_0762.JPGIMG_0752.JPG

 

特別な日に、美味しいモノ好きの会に、ぜひぜひお薦めです。

 


秋こそ紫外線ダメージケア〜お薦め美白アイテム

「肌は季節を後追いする」とは良く言ったもので、

9月(〜11月)は、一年のうちでメラニン量が最も多い時期です。

シミができやすくなる、肌の明度が下がる、という危機到来!

 

そこで、先ごろのヴァカンスで使っていた美白モノを

ピックアップしてご紹介しますね。

日焼け止め以外は、通年お薦めなアイテムです♪

 

IMG_1558.JPG

左から

●D.U.O.ザ エッセンスセラム

私にとってなくてはならないお守りコスメ。

後に使う化粧品の浸透を促進するブースター機能とともに、

美白美容液の主剤に使われる高濃度のVCエチル、

多角的なメラニンアプローチのレスベラトロール、

肌自らのアンチエイジング力を底上げするペプチドなど、

 

即効性「受けたダメージに即対処するアプローチ」と

持続性「肌本来の力を上げて、未来のリスクも摘み取る根本アプローチ」

を兼ね備えた、高純度パワー美容液です。

@コスメでは、リアルタイムランキングで5位(2017.9.20現在)、

5.8ポイントという高評価をいただいています。

 

●D.U.O.ザ ローション

医療レベルの浸透技術を応用した独自のリポソームを基剤にし、

「本物の潤い」を与え&育てるローション。

さっぱりしたテクスチャーでもしっかり潤うのが、

とろみやアルコールなどの演出がない証。

過酷な乾燥の秋冬はもちろん、

高濃度配合した発酵βグルカンに紫外線ダメージをリカバーする力があるので、

リゾートにも最適です!

詳しくはコチラ

 

●青山皮膚科クリニック外用剤:美白リフトアップローション

亀山孝一郎先生の新知見を元に、診察を受けないと買えない逸品。

常に起こっている”見えない炎症”こそが

シミ・シワ等の皮膚老化を促進する大きな原因であるとのこと。

炎症反応は大変複雑なのですが、

包括的に炎症の原因物質を特定され、それらを抑制する美容成分を

原液(原料自体が水溶液)で混ぜた、超絶濃厚な美容液です。

肥満細胞の活性を抑制するコンフリーエキスや、

皮膚の炎症ネットワークである

プラスミノーゲン活性化因子(uPA)やPAR2を抑制する

ビタミンCやトラネキサム酸、

NF-kBを抑制するアーチチョーク葉エキスとオリゴノール、

IL1を抑制するビルベリー葉エキス、エンドセリンを抑制するカミツレ花エキスなど。

診察料別で、8640円のこちらの外用剤。

化粧品開発を生業とする身として驚いたのですが、

仮に市場に出すとすると1本10万円以上はするでしょうね。

 

一発逆転したい方に、ぜひ!!

塗った瞬間に赤みやくすみがサッと消えて、白くハリのある肌質感に。

私は身体の色ムラ部位にも使っていました。

私の美容人生に残る逸品なので、別途詳しく記事にしますね。

 

●ラロッシュポゼ 敏感肌用UVイデアXL(SPF50 PA++++)

「守る」なくして美白はならず。

日焼け止めはもはや美白の一カテゴリーです。

リゾートでは、より高いUVA防御効果のある吸収剤タイプを使います。

日常使いするには私にはちょっとだけ強め。

といっても、ロングUVA対応の紫外線吸収剤タイプの中では、

無香料・無着色など余分なものが入っていないので、マイルドなほうですね。

普段はノンケミタイプを使用しますので、これはあくまで短期間使用モノ。

紫外線吸収剤はいくつも種類があって、個人差が大きいです。

成分によっては赤く腫れてしまう方もいるので、

必ずパッチテストを行ってからご使用くださいね。

 

●SK競▲肇皀好侫アCCクリーム(SPF50 PA++++)

日焼け止めは、2品以上使うと効果が上がるので

(注:単純にSPF50+SPF50=100と足される訳ではありません)、

強烈な紫外線を浴びるリゾートでは、こちらを重ねます。

私の肌には日常でも大丈夫な、レアもの紫外線吸収剤タイプです。

SK競團謄蘿杞腓諒歇称呂呂發舛蹐鵝

持続力が素晴らしく、どのクレンジングでも二度使いしないと

落ちにくい程。特殊な番手のポリマーが使用されているかと推察。

 

●ボディ美白〜クレ・ド・ポーボーテ セラムエクレルシサンコール

ボディにも当然シミはできるし、エイジングも進みます。

ボディの美白、必須ですよね。

今年はこちらの商品が新発売されたので、旅のお供に。

m-トラネキサム酸配合のボディ用薬用美白美容液。

メラニンの生成抑制と表皮細胞のメラニン量減少効果で、

しっかりと美白ケアできるだけでなく、

のびがいいのに、肌どまりもいい。

保湿効果も非常に高いです。

さすがに、過去のダメージの蓄積にもアプローチするという、

「ブレインスキン理論」に基づいているだけあるなぁ

というエイジングケア効果を感じました。

ボディ用としてはお値段が8000円と高めなので、

ここぞという時のご褒美ケア用にいいかと思います。

 

紫外線ダメージが顕在化する秋だからこそ、

より一層的確な美肌ケアをしましょうね♪

 


アナカプリ→ナポリへ〜ヴァカンス終了

ホテルからアナカプリへ徒歩5分ほど。

カプリ中心地のような賑わいはありませんが、お散歩が楽しめます。

 

カプリ最終日は、アナカプリの街まで歩いて、

私が泊まったシーザーオーガスタスよりも格上と思われるカプリパラスへ。

ホテル内にあるレストランでお食事しました。

リゾート感ではシーザーが断トツですが、

夏以外のカプリ滞在にはカプリパラスもいいかもですね。

レストランはかなり創作系で、雰囲気もお料理も高級でした。

IMG_1620.JPGIMG_1622.JPGIMG_1625.JPGIMG_1639.JPGIMG_1641.JPGIMG_1643.JPGIMG_1631.JPGIMG_1645.JPGIMG_1649.JPGIMG_1652.JPGIMG_1653.JPG

 

話は戻りますが、

ホテルのコンシェルジュに船で島を一周しながら途中で泳ぐコースを

紹介されながら、

ナポリ⇔カプリ間をチャーターするという贅沢をしてしまったので、

仕方なくビーチクラブへ行きました。

が!人があまりにたくさんいすぎて居られずすぐに退散。

ホテルのプールに戻って、静謐で大人なホテルの良さを味わっていました。

R0038763.JPGR0038764.JPG

 

カプリを出発して、

IMG_1662.JPG

ナポリではサルトリアへ訪問。

ここかなり不穏で危険な地帯だそう。

IMG_1692.JPG

夜は最高峰の某サルトリアがお薦めしているという

名店Ristorante Doraへ。絶品お料理♪

IMG_1695.JPGIMG_1696.JPGIMG_1697.JPGIMG_1701.JPG

一泊して帰途についたのでした。

 

今年のヴァカンス、とっても楽しかったです。

非日常に身を置くことは、心も頭も豊かにしてくれますね。

 

夏の思い出にお付き合いくださりありがとうございました。

次回はようやく!美容家としてお手入れをご紹介します(^^)/

 



  • プロフィール

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

new entries

categories

archives

recent comment

mobile

qrcode
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません。