低温ストレスと肌荒れの関係

先日、ストレス応答のメカニズムについて勉強してきました。

風邪やインフルが猛威をふるっていますが、

ストレスと聞くと、精神的なストレスを思い浮かべる方が多いかと思います。

実はウィルスもストレス。

 

ストレス(正確にはストレッサー)には

・物理的ストレス(高温、低温、騒音、湿度など)

・化学的ストレス(フリーラジカルなど)

・生物学的ストレス(ウィルス、花粉など)

・精神的、社会的ストレス

 

があり、

 

こういったストレスにあっても、

抵抗して回復しようとうするチカラが私達ヒトには備わっています。

ちなみに、これをホメオスタシス(恒常性)といいます。

 

ただし、長期間のストレス、強いストレス(病原菌、家族との死別など)が

かかると、ホメオスタシスが崩れ、病気や不調となってしまいます。

 

余談ですが、化粧品の新商品は期待感が高い反面、不安も高く、

それが精神的ストレスとなって、ブツブツができたなどの肌荒れクレームが

増える傾向にあると、化粧品業界ではよくいわれます。

安全性試験を行っていることや、モニター様のご感想などをしっかりお伝えし、

信頼という快感情を持っていただくことで、

何のトラブルなく、効果を実感いただけるようになることも。

 

化粧品は何より信頼が大切ですし、

ストレスって、お肌に大きく影響を与えていることは間違いありません。

 

さて。前置きが長くなりすみません。

 

毎日寒〜い日が続きますね。

お肌がカサカサ、場合によっては、知らない間に

赤く腫れあがってしまうことってありませんか?

お顔はケアしているから大丈夫でも、

ボディ(脚など)がカサカサという方多いのでは?

 

ストレスと美容に関しては、POLAがよく発表されているのですが、

 

POLAの2016年の発表では、ストレスを受けると

「肌が冷える」⇒「バリア機能低下」⇒「乾燥、肌荒れ、エイジングを加速」

 

データではPC作業というストレスでとっていましたので、

精神的なストレッサーのことだと思いますが、

 

こういうストレスを受けると皮膚温が低下するんですね(*_*)

そして、皮膚温が低下すると、タイトジャンクションが正常に働かない。

さらに、ストレス応答のホルモンであるコルチゾールがフィラグリン(NMFの元)を

減少させてしまい、バリア機能が低下するんだそう。

 

また、2018年の発表では、ストレスを強く感じている人の

シミスコアが高いとか。

皮膚温低下→バリア機能低下の他、ストレスによって活性酸素が多く発生して、

シミを加速させてしまう可能性があるらしいです。

つい先日のリリースでは「ストレスによる敏感肌状態は毛穴を目立たせる」という

発表もありました。

 

話を元に戻すと。寒い今時期、

私達は「低温」というストレスにモロにさらされています。

 

冬の間長く続くストレスのため、ホメオスタシスが崩れてしまい、

それが肌荒れや乾燥を招いているんですね。

丈の短いコートで外にいると、私も昔は太もも下部が赤く腫れあがることが

よくあったのですが、それが低温ストレスによる肌荒れ。

 

低温ストレスから肌荒れを招かないために、

★丈が長めのコートを着るなど防寒をしっかりすること。

★ボディにも保湿クリームを塗ること。

★消炎効果のある成分配合のアイテムを投入すること。

★冷えは放置せず、入浴やめぐり成分(ショウガやオメガ3)で温活すること。

 

ボディに使う保湿クリームは、最近は良いものが多いので、

ニベアなどの安価なものでもOK。ケチらずたっぷり使うことがポイントです。

かゆみが発生するほどひどい時は、一時的にヒルドイドもいいですね。

(※ヒルドイドは傷跡を治す、つまりコラーゲンの増殖を抑えてしまう作用があるので、

長期的なご使用はお薦めしません)

 

そして、温活といえば、私の美容哲学の集大成サプリ

D.U.O. MEGURI Beauty

IMG_E6908.JPG

吸収効率のよい次世代型オメガ3とショウガエキス、高配合です。

ビタミン11種も配合で様々なストレスにも◎

 

今回は、主に低温ストレスに絞ってお伝えしましたが、

ストレスと美肌の関係は、私自身の人生経験から強く実感していることゆえ、

私の美容の一大テーマです。

もっと研究して、多くの方のお役に立てるようにと思っています♪

 

 

#ストレスと美容 #ホメオスタシス #ストレッサー #低温 #乾燥 #肌荒れ

 


THIS IS US〜幸せがみつかるドラマ

誰かは誰かのかけがえのない人。

私にとってかけがえのない人やコトを日々大事にしよう。

温かい気持ちに満たされた新年。

 

アメリカのドラマ”THIS IS US”

IMG_6893.JPG

NHKで放送されていたそうなので、今さらといった方も

いらっしゃると思いますが…

 

派手な舞台もセンセーショナルな出来事もある訳じゃない。

なのに、毎回気づけば、涙がじわ〜と流れてしまうんです。

1話完結仕立てで、余韻が半端ない。

 

そんなドラマは初めて。

 

両親と36歳になった三つ子(一人は養子)の物語。

家族愛や、一人一人の心の悩み、傷、赦し、進む道。

ド直球のヒューマンドラマでありながら、

 

両親を主人公にした物語と、現代の3人兄弟それぞれを主人公にした物語が

自然に交差する、時間軸がバラバラな手法をとっています。

 

一つの物語で時間軸を変える手法は、

20世紀初めのモダニズムから派生していると思われますが、

(昔映画でそれが活かされて話題になったのがパルプ・フィクションやメメントですね)、

時代が異なる二つの物語が、幾重にも重なって、深くつながっている。

私にとっては物凄く新鮮でした。

 

ネタばれになるのであまり詳しくは書けませんが、

初回からじーんと胸に迫るのが、出産を担当した老医師「ドクターK」の言葉。

 

『いつか私が君にしたような話を子供たちに語る日が来てほしい。

人生に差し出された酸っぱいレモンをレモネードに変えた話を。』

 

つらい出来事を素晴らしいコトに変える。

どんなにつらくても、

正しい心の在り方、生き方を貫こうって気持ちになりますよね。

 

人生は選択の連続。

どういう人生になるかは、その人の心の在り方で全く変わってくる。

 

お金を稼ぐことが幸せの目的だったらどうなるか。

自己実現が幸せの目的だったらどうなるか。

お金で買えない愛が幸せの目的だったらどうなるか。

 

このドラマを観て、涙するシーンはきっと皆さん違うはず。

それは「自分がどういうコトで幸せを感じるのか?」

すっかり忘れていた気づきがあったり、

一体自分は何を追い求めていたのかの答えが見つかるからです。

 

アメリカではトランプ政権下でリベラルな家族を描く意味が

あったらしいのですが、異国の日本人が観ても、

 

心の美容液になることは確実なドラマ。

まだ観ていらしていない方、とってもお薦めです。

amazon primeでシーズン1観る事ができます。

邦題の「36歳、これから」と年代を限定してしまっているのが惜しい…

IMG_6894.JPG


冬美容に免疫力アプローチ〜iMUSE

新年、いかがお過ごしでしょうか?

私は勝負運にご利益がある増上寺へ初詣に行きました。

IMG_6850.JPG

 

さて、今日の記事の本題です。

免疫力は美肌ケアでもキーワードとして重要視されてきていますが、

風邪やインフル流行の時期、とにかく身体が元気でいなくちゃですよね。

 

私がアンバサダーをつとめさせていただいている

ヘルスケアアプリFiNCのご紹介がきっかけで飲み始めた

キリン「iMUSE」。

IMG_6864.JPG

キリン、小岩井乳業、協和発酵バイオが共同研究を行っている

「プラズマ乳酸菌」配合の飲み物です。

 

免疫の司令塔の一つ、プラズマサイトイド樹状細胞を活性化する

唯一の乳酸菌だということに着目。

だから「プラズマ乳酸菌」という名称なんですね。

 

乳酸菌は腸内環境を良くして免疫に効く!

というイメージを持たれている方多いことと思います。

 

他の乳酸菌は、NK細胞のみ活性化することが多いのに対し、

 

プラズマ乳酸菌は、司令塔であるプラズマサイトイド樹状細胞

を直接活性化することで、T細胞やB細胞の免疫細胞全体が活発に働き、

細菌やウィルス感染の防御に貢献するとのこと。

 

つまり、

監督(樹状細胞)がいいと、選手(免疫細胞たち)が働きやすいということですね。

 

免疫の仕組みは大変難しいのですが…ちょっとお勉強です。

免疫は「自然免疫」と「獲得免疫」の二種類に分類されます。

 

■NK細胞・・・広く異物を殺傷する「自然免疫」

■T細胞やB細胞・・・次に異物が来た時に備えて抗体を作り(または直接抗体となり)、

強い殺傷力で活躍する「獲得免疫」

 

私達は生活するだけで日々いろんなウィルスなどの異物にさらされています。

異物がどんなものであるか識別せずにとにかく広く殺傷する「自然免疫」を

活性化することはもちろんいいのですが、

「獲得免疫」を活性化することが健康なカラダ作りには欠かせません。

 

樹状細胞が「獲得免疫」の司令塔となり、命令を出すので、

この司令塔を活性化すると、免疫細胞全体が活発に働き、

冬に蔓延しやすいウィルスなどの異物に対抗しやすいカラダが作られるということ。

 

監督の活躍⇒選手の活躍⇒免疫チームの活躍

という着眼点から開発された、

 

獲得免疫をも活性化するプラズマ乳酸菌。

ペットボトル飲料ならば、本当に手軽。

レモン水に乳酸菌特有のまろやかさや酸味が加わった味わいで、

とっても飲みやすく、スーッとのどを通る飲み心地。

 

乾燥する冬、こまめな水分補給としてもGOOD.

私は移動中に飲んだりしています。

なので、Amazonでワンケース買ってしまいました(^^♪

 

そのおかげか、睡眠不足や多忙にも拘らず、今のところ

風邪にもインフルにもまだかかっていません。

 

実は小岩井乳業のiMUSEヨーグルトを以前愛用していましたが、

近所のスーパーから姿を消してしまい残念に思っていたところの、

我が意を得たりなFiNC様からのご紹介。

 

キリンの研究によると、肌フローラも改善して、

美肌ケアにも有効な可能性があるとか。

 

健康と美容に、手軽にとれるプラズマ乳酸菌飲料。

この冬取り入れてみてはいかがでしょうか?(^^♪

IMG_6834.JPG

 

#イミューズ #imuse #fincアンバサダー #プラズマ乳酸菌 #腸活 

#体調管理 #免疫力アップ #美肌ケア #免疫力 #風邪 #コンディショニング

 

 



  • プロフィール

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

new entries

categories

archives

recent comment

  • ご報告〜D.U.O.を卒業いたしました
    咲丘恵美
  • ご報告〜D.U.O.を卒業いたしました
    nana
  • 新年のご挨拶2019
    咲丘恵美
  • 新年のご挨拶2019
    薫姫
  • 「プレコンセプションケア」と美活〜フィーカレディースクリニック内覧会
    咲丘恵美
  • 「プレコンセプションケア」と美活〜フィーカレディースクリニック内覧会
    るきな
  • 「プレコンセプションケア」と美活〜フィーカレディースクリニック内覧会
    咲丘恵美
  • 「プレコンセプションケア」と美活〜フィーカレディースクリニック内覧会
    るきな
  • 「プレコンセプションケア」と美活〜フィーカレディースクリニック内覧会
    咲丘恵美
  • 「プレコンセプションケア」と美活〜フィーカレディースクリニック内覧会
    るきな

mobile

qrcode
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません。