今年ナンバーワンレストラン「長谷川稔」

インスタではご紹介していましたが、

食いしん坊な私が「今年一番!」と思ったレストラン

「長谷川稔」に再訪しました。

IMG_4869.JPG

広尾の民家を改造した素敵なレストラン。

1階は厨房と個室。2階はカウンター。

シェフの情熱と才能のマリアージュ、素晴らしいの一言です。

IMG_4868.JPG

IMG_6703.JPG

長谷川シェフはどこそこで修行した、というのではなく、

独学にて食の世界を追求。

北海道で「食べログナンバーワン」「ミシュラン一つ星」

を6年以内にとれなかったら辞める!という覚悟の元、

見事伝説的なレストランとなり、

東京に進出したのが今年。

 

私が初めてお伺いした8月、すでに次の予約が12月のここだけ!

ということで、即予約して待ちに待った日でしたが、

次は何と2020年まで予約で埋まっているとのこと。

 

東京のレストランは「松川」のように、

新規は受け付けないこういうお店、いくつかあります…。

美味しいモノに目がない富裕層の方々が月単位で席をおさえているのだとか。

 

最初の、神経締めで有名な方による鱧と蛤のお出し&ゆずを絡めたタリオリーニに、

かつおだしで炊き上げた鱈白子が載った一皿。

IMG_6706.JPG

ここですでにノックアウト状態ですが、

次は、スペシャリテである、稲取の金目鯛。

.好繊璽爐脳す

▲リーブオイルで皮目焼き

(上は中がレアになるように氷で冷やす)

C魂个任犬辰り中まで焼く

 

の3回熱を加える独自の工程によって、

パリッとふわっとジューシー感がたまらなく美味。

IMG_6708.JPG

イタリアン回鍋肉などなど幸せいっぱいのお料理の数々。

IMG_6720.JPG

専属パティシエの宮田真代さんによるデザートも絶品。

お料理の後のことを考え尽くされた、洋梨のムースとモンブランのマリア―ジュが

口内さっぱり、しかしながら、しっかりデザートの楽しさを思い出させてくれる。

焼きたてフィナンシェまで、最後まで美味しくいただけます。

IMG_6727.JPGIMG_6729.JPG

次はいつ行けるのかしら?とあまりの人気ぶりを残念に思いながら、

こういう情熱と才能が満ち満ちたお店に行くと、

業種は違えど、私自身の仕事のモチベーションも上がります(*^^*)

 

皆様、素敵なクリスマスをお過ごしくださいね♪

IMG_6734.JPG


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

  • プロフィール

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

new entries

categories

archives

recent comment

  • 自分のために作った前人未踏の限界処方
    咲丘恵美
  • 自分のために作った前人未踏の限界処方
    Euro2020
  • 自分のために作った前人未踏の限界処方
    咲丘恵美
  • 自分のために作った前人未踏の限界処方
    あいみ
  • 自分のために作った前人未踏の限界処方
    咲丘恵美
  • 自分のために作った前人未踏の限界処方
    咲丘恵美
  • 自分のために作った前人未踏の限界処方
    さとこ
  • 自分のために作った前人未踏の限界処方
    yuko
  • 46歳の誕生日をむかえて
    咲丘恵美
  • 2019年嬉しかった3大出来事
    咲丘恵美

mobile

qrcode
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません。