最高峰の水クレンジングchulala〜機内美容にも♪

20代〜30代前半の頃、よく沖縄に行っていたのですが、

その度に大人買いする溺愛コスメがありました。

 

それは「chulala(ちゅらら)クレンジングローション

W洗顔不要。洗い流し不要(お好みによって)。

IMG_0234.JPG

水クレンジングはコットンで拭き取るタイプのため、

お肌に摩擦が起こりやすい、

油性の汚れを”浮かせる”工程を省いているので、

お肌に負担がかかりやすい、といった難点がありましたが、

 

chulalaは、肌当たりが非常に柔らかで、適度な厚みがあり、

肌にとっても優しいのです。

しかも、水クレンジングの良い点を存分に生かし、

化粧水の役目をも果たして、

使用後のお肌が水分で潤って透明感が出るという、秀逸アイテム。

水クレンジングの最高峰といっても過言ではありません。

IMG_0236.JPG

 

その秘密は、

沖縄のサンゴを使って浄化された「サンゴ水」と「久米島海洋深層水」

の合わせ技にあるのではと思います。

両方ともミネラルが豊富という共通点がありますが、

サンゴ水はカルシウムが豊富で、NMFを作る際に欠かせないミネラルであり、

ターンオーバーに働きかけます。

久米島海洋深層水のニガリにはマグネシウムが豊富で、

セラミド合成促進に働きかけ、バリア機能を強化。

潤いをしっかり与えて、かつ、守り、肌荒れしくい肌へ導いてくれます。

 

洗浄成分との組み合わせも素晴らしく、古い角質も優しくオフ。

 

さらに、配合されている月桃葉エキスは

赤ワインの34倍のポリフェノールが含まれているといわれる程、

抗酸化力が高いので、同時にエイジングケアができます。

また、月桃の葉に食べ物を包んで保存していた、

という沖縄のおばあの知恵が示す通り、抗菌力にも優れているので、

ニキビにもGOOD♪

 

chulalaは基本的に洗い流しが必要ないので、

私は特に、ヨーロッパやアメリカなど、

ロングフライトの際に機内で必ず使っています。

コットンと小サイズのクレンジングローション、

与えるケアアイテム達を持って、機内に乗り込み、

到着の数時間前にスキンケアをやり直します。

乾燥した機内、長時間のフライト。

スキンケアがしたいけれど、普段のように水が使えないので、

メイク落としや洗顔ができない・・・といったストレスを見事に

解決してくれますよ手

CAさんに愛用者が多いのも納得です。

 

↓小さいサイズは沖縄限定なので、

IMG_0235.JPG

普段の旅行ではエタノール消毒した小分け容器に詰めて持っていきます。

(※化粧品メーカーは小分けしたものの菌汚染の責任は負えないので、

自己責任で小分けしてくださいね。)

 

「美肌の基本は落とすこと」の観点から開発した、

私の渾身作D.U.O.ザ クレンジングバームは

やはり一押しであることには変わりませんが、

クレンジングバームは洗い流しが結構必要なので、

「疲労困憊してメイクを落とす体力が残っていない。

スキンケアしないで寝てしまいそう・・・」という非常時、

洗面台にchulalaを常備しておけば、

拭き取るだけでそのままベッドにダウンしても。

私の知り合いで社長業をこなすキャリアウーマンのお姉様方も、

こういった使い方をしています。

一つはきちんとスキンケアしたい時、

一つは体力がなくスキンケアすらままらない時、

とクレンジングを2つ常備しておくのもいいですね。

働く女性、子育てする女性、毎日本当に大変ですもの。

 

○○じゃなきゃダメ!という美容理論ではなく、

その方の肌質や生活スタイルに合った代替案をご提案する、

というのも私のポリシーなので、

 

「chulala(ちゅらら)」は美容家としても嬉しくなる逸品。

ブランドの原点である

「沖縄の知恵を生かして、入浴もままらない寝たきりの方の身体を清潔にしたい」

という”思いやり”が、商品の優しさにも現れています。

 

旅の友に、多忙時の友に、ぜひぜひ一つお持ちになってみては??

使用後の潤ったさっぱり感、リフレッシュ感、

これからの季節にもピッタリです♪

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

  • プロフィール

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

new entries

categories

archives

recent comment

mobile

qrcode
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません。