シワ改善化粧品〜炎症はエイジングに!

初の「シワを改善する」化粧品。

今までは「乾燥による小じわ」という文言が付かないと

いけない決まりでしたので、画期的なことです。

ただ、一般の方にだいぶわかりにくい内容だったので、

今日は私なりのご紹介をしたいと思います。

 

お肌のエイジングは、

 

自然老化

光老化

炎症老化

 

3つの現象に分かれるといわれています。

 

中でも、近年注目されているのが「炎症老化」。

 

大気汚染物質(PM2.5など)や環境ストレスが

シミ、シワ、たるみ、毛穴…といったエイジングを進ませる。

アンチポリューション&ストレスケアも、

私はD.U.O.にすでに取り入れていますが、

 

実際に炎症がどうシワに直結するのか?

ダイレクトにはわかりませんでした。

 

それをスパッと解明してくれたのが、

今年1月に発売された

「POLAリンクルショット メディカル セラム」

IMG_8871.JPG

ここまでのデータを出されたら国が許可せざるを得なかったんですね。

日本で初めて「シワを改善する」効果効能が

認められたPOLAさんの研究成果です。

 

本来は異物や炎症を退治する好中球が、

誤って健康な真皮のエラスチンとコラーゲンを分解してしまう。

これは「好中球エラスターゼ」という酵素よる仕業で、

シワの原因の一つになっている、ということです。

 

ニールワン®という成分(複数のアミノ酸を合成して作られた成分)

が「好中球エラスターゼ」を抑えてくれるので、

シワが改善するというメカニズム。

 

「美容家はシワなんてないんでしょ?」いうのは大間違いで、

私の場合、商品開発で、自分の顔を実験台にする主義の上、

1日に作れる数が限られているクレンジングバームの品質管理の

仕事もしているので、

膨大なロット数を実際に顔で試さなければなりません。

D.U.O.クレンジングバームは200万個を超え、

毎日製造しても追い付かない程で、嬉しい悲鳴ではありますが、

製造ごとに全部チェックするのは大変な作業で・・・。

だって、1日に10回洗顔という苦行も日常的にやってくるんですもの。

常に炎症との闘いなんですゆう★

 

そんな私が、

約3ヶ月POLAリンクルショットを使ってみたところ、

シリコーンベースの肌に残らないテクスチャーで、

有効成分だけが真皮まで届いている感があり、確かに効果を実感。

表情癖と炎症から発生したと思われる、

額の右にあったシワがほぼ無くなりました。

 

ただ、ニールワンは水を混ぜると安定性を欠いてしまう成分らしく、

商品自体に水分保持力がありません。

そのため、この商品を使う際は特に、

化粧水でたっぷり水分補給しておくことがポイントひらめき

商品に水分は含められないけれど、

お肌の水分に反応してバシバシ活躍してくれる成分でもあるそうです。

IMG_8882.JPG

 

ともかく、炎症は絶対に放っておいてはいけません手

春になって気分が浮き立つ反面、

「ゆらぎ肌」といわれる炎症が発生しやすいこの頃。

炎症は様々なエイジングにつながるので、対策は追ってアップしますね。

 

 

(追伸)

つい先月、資生堂が、国内で2番目となる

「シワを改善する」効果効能の承認を受けた、というニュースが流れました。

日本香粧品学会策定のガイドラインに基づく

「シワグレード4」レベルの「深いシワ」を改善する、

というところが差別化点のようです。

有効成分はレチノールで、年内に発売するそうですが、こちらも楽しみです♪

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

  • プロフィール

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

new entries

categories

archives

recent comment

mobile

qrcode
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません。