美容家として伝えたい本当のこと〜プラセボ効果と”効果”の違い

化粧品選びの真髄って何でしょうね。

 

先日のブログに書いたことで

「プラセボ効果って何ですか?」

とご質問を受けたことが発端で思い立ちました。

 

プラセボ効果とは、ウィキペディアによると

「 偽薬を処方しても、薬だと信じ込む事によって何らかの改善がみられる事を言う」

とあります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%BD%E8%96%AC

 

簡単にいえば、「効きそうだと思えば効く」です。

 

化粧品の世界では、

私は容器にお金をかけるのは好きではなくて、

あくまで中身にお金をかけて、容器はシンプルにしますが、

 

「素敵な容器に入っているから効きそう」

「こんな化粧品を使っている自分が好き」

「ネットに良さそうなことが書いてあったから」

 

と思ったスキンケア商品を使い、実際に綺麗になった気がする、

というのもプラセボ効果が入っています。

 

私は日頃から論文や原料資料を読むために膨大な時間を割いていますが、

治験には必ず「プラセボ群」のデータがあります。

(過去に、学会でプラセボ群がない研究発表をしてしまい、

袋叩きに会った先生がいらっしゃいました・・・)

 

驚くことに、

この「偽薬投与(有効成分だと偽って基剤のみを塗ってもらう)」でも、

水分保持力とかコラーゲン産生力とか、効果がちょっと上がるんですね。

 

思い込み効果といいましょうか。

侮ることができない大事なことです。

 

ただ、誹謗中傷はいけないですけれど、

私は美容家として、

プロの目から見て本当に良いと思うものをお伝えしていきたいと

思います。

 

@コスメさんで一般ユーザーの方からの率直な感想を知ることが

できるのも大変有意義ですが、

プロの「本当の意見」を知りたくありませんか?

 

もちろん私が開発した商品は一番自信を持ってお薦めできますが、

 

ちょっとお話しますと、

美白美容液ならば、資生堂の先月リニューアル発売された

「クレ・ド・ポー ボーテ セラムコンサントレエクレルシサン 」

が秀逸だと思います。

POLAさんの研究力も素晴らしいですが、

今なら考えられない過去の膨大なデータの蓄積、

研究力、総合的な美白アプローチ(実際の効果)、

三拍子整っているんですよね。

パール剤が入っているのと、

香りが強めで好き嫌いが別れるかもしれませんが、

テクスチャーがさらりとしていて私は好きです。

「自分が好きな使い心地」というのも、

プラセボ効果が作用するので、効果がより上がります。

 

ネットで情報が氾濫している現代、

「信用できる人が言っているか?」

「自分が好きな使い心地か?」

自問してみてくださいね。美肌の近道です(*^^*)

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

  • プロフィール

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

new entries

categories

archives

recent comment

  • 2017新年のご挨拶
    咲丘恵美
  • 2017新年のご挨拶
    咲丘恵美
  • 2017新年のご挨拶
    咲丘恵美
  • 2017新年のご挨拶
    muy
  • 2017新年のご挨拶
    サトコ
  • 2017新年のご挨拶
    のりこ
  • 43歳の誕生日をむかえました
    咲丘恵美
  • 43歳の誕生日をむかえました
    みく
  • 最新医療×ホスピタリティ〜東京国際クリニック
    咲丘恵美
  • 最新医療×ホスピタリティ〜東京国際クリニック
    咲丘恵美

mobile

qrcode
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません。