日本ソムリエ協会のワイン検定

化粧品技術や皮膚科学以外の勉強なんて、久しぶり!

 

日本ソムリエ協会が認定する、

「J.S.A. ワイン検定ブロンズクラス」を受けてきました。

IMG_9183.JPG

事前に送られてくるテキストをさーっと読んでから、

講義を聴講。

休憩の後、筆記テスト。

合格発表の後、広尾にある「141」にて、

シニアワインエキスパートの青木晃先生が

持ちよってくださったワインを飲み比べながらの懇親会。

IMG_8912.JPG

IMG_8911.JPG

 

お友達でソムリエの堀充恵さんからお声掛けいただいたのですが、

講義内容はわかりやすく、ワインの基本が学べて、

日常から一気に世界が広がりました!

 

たとえば、

「ブドウの果汁に含まれる糖分が酵母の働きによって発酵し、

○○と○○に分解されます。」

 

答えは、

「アルコールと炭酸ガス」

 

私の仕事分野と似ているので、ふむふむという感じ。

 

その他、

「”コルク”の発明によってワインが広がった」という歴史、

ブドウ品種、製造工程(スパークリングワインの

トラディショナル方式は瓶内二次発酵で行われるなど)、

エチケットの読み方、

「ヴィンテージとは?(作られた年ではなく、ブドウが収穫された年)」

などの基本的なことはもちろん、

 

ヴィンテージの呼び方は下二桁を呼ぶこと。

「2009はニセンキュウではなく、”ゼロキュー”と発音したほうがスマート」

シャンパーニュのテイスティングをする時、

「”口中(こうちゅう)にクリーミーな泡が広がりますね”コメントは使える!」

「”アタック(第一印象)が強いor弱い”も覚えておいて」

 

などなど、実際にレストランで使える表現も教えてもらえます。

 

ワインは詳しい方にお任せ的なスタイルの私ですが、

しばし現実を忘れて学べて、青木先生セレクトのワインも楽しめて、

有意義な半日でした♪

IMG_8892.JPGIMG_8895.JPGIMG_8897.JPGIMG_8898.JPG

IMG_8909.JPG

充恵さんはお料理教室のお仲間で、

大学生のお嬢さんがいらっしゃるとは思えない美マダム。

青木先生はアンチエイジング医療のドクターとしてメディアでも

有名な先生ですが、ご趣味が高じてワインも極めていらっしゃって、

とにかくお話の内容が幅広いジェントルマン。

シリアの化学兵器使用のニュースで、サリン事件の際に

救急医療に奔走された経験を交えてのコメントで出演されたり、

抗加齢医学会でも座長をつとめられたり、超ご多忙なドクターです。

何度かご一緒させていただいていますが、この日も楽しかったです♪

 


私の原点〜先輩方と再会♪

遡ること20年前…

当時の就職氷河期を乗り越えて、新卒で新日鉄本社に入社し、

経営企画部で部長秘書をしていました。

 

そして先日、久しぶりに新日鉄時代の先輩方とお会いして

とっても楽しい時間を過ごしました。

当時の話、この20年の話、盛り上がる盛り上がる矢印上

 

元代表取締役副社長で、

「華麗なる一族」のモデルの会社の社長も歴任された、

まさに雲の上の存在、藤原さん。

新人の私にそこはかとなく優しくしてくださって、

仕事を教えてくださったり、プライベートでも華やかなレストラン

に連れて行ってくださったりした、素敵な先輩、横井さん。

「女性の品格」を考える時、真っ先に思い出す先輩です。

 

大好きなお二人と(*^^*)

IMG_8776.JPG

 

私は今でこそすっかりベンチャーに染まっていますが、

 

大企業で社会人としての勉強ができたこと、

そこで知性あふれる素敵な方々とお会いできたこと、

 

人生の財産なのだとしみじみ。

私は恵まれていたのだと改めて感じます。

 

古巣の方というのは、本当にいいものですね。

心がふぅーっと落ち着きます。まさに命の洗濯になりました。

IMG_8759.JPGIMG_8764.JPGIMG_8765.JPGIMG_8766.JPG

IMG_8775.JPG

神楽坂のお蕎麦懐石屋さん「大川や」にて。

優しいお味でとても美味しかったです。

枡酒も進む進む・・・

大先輩の前で何と失礼な、酔っ払いの私でした。

帰りには3人で神社へお参り♪


2017新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

お正月いかがお過ごしでしたか?

私は久しぶりに実家でゆっくり過ごすことができました(*^^*)

 

さて、近年、小泉今日子さんや石田ゆり子さんといった「年相応」派、

所謂アンチエイジングとは無縁なのに可愛らしい魅力を放つ

アラフィフ女性達がいらっしゃいますが、

興味深いのは「女性は若いほど高い価値がある」という日本社会の風潮への

疑問をハッキリと口にされていること。

 

私は外見美=美容の仕事をしていますが、その目的は「幸せ」です。

幸せは人によって様々なので、

「鏡を見て、肌がキレイになって気分が良い」湧き上がる幸せでも、

「綺麗と言われた」承認欲求を満たす幸せでも、

「好きな人に愛し続けてもらえる」人生の本質的な幸せでもいい。

 

アンチエイジングの是非はともかくこれだけは言えます。

★幸せを感じられない美容はすべきではない★

ただし、年齢を重ねるごとにお肌はどうしてもくすみがちなので、

「透明感」から遠のいて清潔感すら欠いてはNG。

最低限「女(男)でい続ける努力、ケア」は必要だと思います。

スキンケアでいえば血行促進・角質ケア・美白・保湿です。

 

日本男性の若い女性好き信仰は異常だとは思いますが、

「20代のあなたよりも、今のあなたのほうが好きだ」

と男性に心底思ってもらえるような自分でいたい。

 

逆に、世の男性達も(全ての方ではないですが)勘違いは程ほどにして、

「お金の力ではなくて、あなたの存在自体が好きで仕方がない」

と女性に思われるように、もっと頑張るべき。

 

そう、女性だって、物申せばいいんです。

そのためには、たとえ年相応にシワがあっても、透明感は欠かさず。

内面では、若い人にはない最強の武器「経験」を「知性」に昇華させ、

誰かの模倣ではなく、自分だけの魅力に変えていきましょう。

 

と偉そうに言う私もまだまだです・・・。

ただ、私の年齢では子供がいて、安定した家庭がある、というのが主流派

ですが、私は勇気を持って主流の生き方を選択しなかったという事を

2017年初ブログで触れておきます。

 

人によって魅力も様々なら、幸せも様々です。

 

私の2017年、公私とも自分の時間を充実させ、新たな挑戦の年にしたいと思います。

そして、皆様の幸せのお手伝いができる喜びや感謝を忘れず、

頑張ってまいりますね。

皆様にとりましても笑顔溢れる素敵な年になりますように。

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

20170101_112931.jpg

↑今年の元旦もお天気が良かったですね。自宅のベランダから遠くに富士山。

IMG_8011.JPG


クリスマスデコレ

忘年会や押し迫った仕事でてんてこ舞いですが、

街にあふれるクリスマスのデコレーション、綺麗ですね。

 

私のオフィスが入っているビルのロビー

IMG_7857.JPG

けやき坂のイルミネーション

今日D.U.O.で打合せをしたお取引先様が「まだ赤は見たことがない」

とおっしゃっていたので。

IMG_7865.JPG

 

ギリギリ間に合った白トリュフ。

マルゴット・エ・バッチャーレにて。

樫木に生息する”当たり”を選びましたので、

中身はほんのりピンク色。エレガントかつ力強い香り♪

IMG_7871.JPGIMG_7875.JPG

 

12月初めに行った札幌にて。

札幌グランドホテルの大きなローズボウル。

バーN43では粉雪がキレイでした。

IMG_7770.JPGIMG_7739.JPG

 

私はクリスマスは恒例の大好きな和食屋さんに行く予定です。

素敵なクリスマスをお過ごしくださいね☆


43歳の誕生日をむかえました

ブログアップが遅くなってしまったにもかかわらず、

お祝いのコメントをくださった方々、ありがとうございます!

12月9日、43歳になりました。

 

2016年は個人会社を設立した「変化」の年で、

商品開発もヘアケアシリーズを発売するなど、

一歩新たな挑戦に踏み出した充実した42歳でした。

 

思い返せば仕事に邁進し続けたこの8年。

直近に読んだ本の、村山由香著「ダブルファンタジー」に

ハッとしたくだりが。

女性の性を赤裸々に描いている分、賛否両論のある小説ですが、

 

「揺るがない優しさこそが本当の男らしさだと気づく時、

たいていの女はすでに年老いてしまっている・・・」

 

「揺るがない」という継続性。

表面的な優しさは長くは続かなくて、

それだけに本当に難しく、稀少なものですよね。

プライベートも充実させる43歳にしたいと思います。

 

さて、誕生日当日はミシュラン三ツ星に加え、

アジアベストレストランの上位に君臨し続けるNARISAWAにて。

ここも「継続できる」”sustainable”な食材を使い、

日本を代表するレストランだけあり、素晴らしいお料理の数々でした。

IMG_7784.JPGIMG_7790.JPGIMG_7792.JPGIMG_7796.JPGIMG_7800.JPGIMG_7804.JPGIMG_7807.JPGIMG_7809.JPGIMG_7813.JPGIMG_7820.JPG

 

自分の誕生日って、母が頑張った日でもあるんですよね。

あなたは難産だったのよ、とよく聞かされたものです。

愛する人に「生まれてありがとう」と言ってもらえる幸せ、

言える幸せ。

この歳でしみじみと有難味を噛みしめています。



  • プロフィール

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

new entries

categories

archives

recent comment

mobile

qrcode
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません。