発光しているような透明感のヒミツ〜肌内部のレフ板とは?

色白の方の中でも、

発光しているかのような、吸い込まれるような透明感のある肌の人、

いますよね。憧れ素肌です。

 

それは、肌内部にある「レフ板」効果のなせる技。

レフ板とは、カメラマンが撮影する時に、光を多く反射させて

キレイに見せる小道具のことですが、

SNS流行りの昨今では、アプリで加工する他、

自前でレフ板を持っている、なんて方もいらっしゃいますね。

 

さて、本題に入る前に、おさらいです。

 

肌色とは、光が反射して作られるもの。

メラニン色素(黄色)とヘモグロビン(毛細血管・赤色)が

光に反射して初めて「肌色」が作られます。

 

だから、光のない真っ暗なところでは肌色がない。

白人もアジア人も黒人もないのです。

 

ちなみに、メラニン色素には黒色メラニンと淡色メラニンの2種類があります。

白人はメラニンの量が少ないだけでなく、

淡色メラニンの割合が高く、毛細血管の赤色が映えるので、

桃色がかった色白肌なのです。

 

毛細血管ケア、肌色にかなり寄与します。

ヘモグロビンが二酸化炭素と結びつくと暗いくすんだ赤色になるので、

血行促進して、酸素と結びつけてあげると鮮やかな赤色になり、

桃色がかった色白肌になれるという訳。

最近のトレンドは「血色感」がキーワードの一つです。

 

では、メラニンケア&血行促進ケアをしていればいいの??

といえば、さにあらず。

ここからが今日の本題です。

 

実は、お肌内部には、光を乱反射させるフィルター(レフ板)が存在します。

 

●お肌最上層にある角質層

ここが水分をたっぷり含んでいると、透過度が低下し、光を多く乱反射。

●お肌深部にある真皮層

約7割がコラーゲンでできていますが、

コラーゲンの密度が高く、質の良い(年齢とともにコラーゲンの質も密度も下がります)

ものであればあるほど光を乱反射。

 

「内部反射光」なんて言い方もありますし、

保湿(角質層ケア)が美白に良いと言われる所以。

また、資生堂さんが「コラーゲン美白」を打ち出したのはこのコトです。

 

つまり、角質層ケア(保湿)と真皮層ケア(コラーゲンケア)をすることで、

のっぺり作ったような色白肌とは違う。

吸い込まれるような奥行きのある透明感が叶うんです。

 

光技術を駆使したメイク効果で、まるで素肌のような肌色を作る。

そして、塗っている間中、保湿やコラーゲンの品質ケアまでできて、

日に日に憧れ肌に近づける。

そんな理想を追求したBBクリームが4/24、D.U.O.から発売になります!

詳細は次回に。楽しみにしていただけると嬉しいです。

 

IMG_9153.JPG

 


サクラの効用

桜を観て日本っていいなぁと思うこの頃。

桜のエキスはお肌にも良い作用があるんですよ。

 

桜の葉に含まれるポリフェノールには殺菌作用があります。

また、接触皮膚炎やヒスタミン遊離抑制など、

抗炎症・抗アレルギー作用があることで知られています。

 

春は三寒四温の時期。

まだまだ気温差に油断がならず、紫外線は強くなる一方で、

お肌がゆらぐ季節です。

肌荒れを鎮静する成分は心強い味方。

全成分に「サクラ葉エキス」または「ソメイヨシノ葉エキス」

と記載のある化粧品、ぜひチェックしてみてくださいね。

D.U.O.ではクレンジングバームに配合しています。

IMG_8933.JPG

 

先週の土曜日に、ドクター中心のいつものメンバーで

お花見会をしました。

中目黒のイタリアンTi Picchioを貸し切りで行われたのですが、

時期が早すぎて桜は三分咲きでした・・・。

IMG_8926.JPG

↑友達の音楽プロデューサー山本麻樹ちゃんを誘って。

大好きな紀子お姉さんやドクター、弁護士さん達。

仕事と全く離れた方々との会は久々で、とても楽しかった〜♪

 


ヘルスケアアプリ1位「FiNC」のアンバサダーに

このたびヘルスケアアプリFiNC(フィンク)

アンバサダーを務めさせていただくことになりました。

 

FiNCは先月に一般リリースされたばかりですが、

ヘルスケアアプリ1位に躍り出たという、強者アプリ。

 

ANAなどの大企業が数多く協賛し、

企業向けヘルスケアプログラムのサービスと、

個人向けでは「ダイエット家庭教師」サービスが有名ですが、

 

こちらのアプリでは、無料で、

人口知能がパーソナルトレーナーとなって、

その日の運動量や睡眠、自分が入力した悩みに対応して指導してくれます。

 

例えば、チャットで、

「甘いもの食べたいな〜」と打つと、

 

「え、スタイル気にしているのに甘いもの?」

「でも、このデザートならOKだよー」

と情報をくれたり、かなり楽しいですよ♪

 

食やダイエット方面では著名な方々がアンバサダーですし、

移動中など楽しく有益情報もゲットできます(^_-)

ぜひインストールしてみてくださいね♪

 

私の右がFiNC溝口社長(CEO)、左が野林常務執行役員。

IMG_8836.JPG

FiNCさんにお邪魔すると、ものすごい活気で、

役員さん、社員さん達のご経歴も物語っていますが、

ヘルスケア業界のトップ企業になるのではないでしょうか?

 

私などがおこがましいのですが、

ヘルスケアの@コスメ版のような成長力を感じます。

 

溝口社長は元々有名アスリートのトレーナーでしたが、

何しろ自分の身体は一つだけ。

一度に数多くのアスリートを担当できないことから、

広くパーソナルトレーナーを活用してもらえるサービスがあったなら、

という想いが出発点だったそうです。

こういう熱い想いって重要ですよね。

 

さてさて、ただいま、

私の記事はバンバンアップしているところなので、

ブログとも差別化を持たせていますし、

ぜひフォローしてチェックいただけると嬉しいです(*^^*)

 

最新知見や技術情報をネクラに研究→開発の日々ゆえ、

正直SNS的な記事作成は苦手ですが、

私らしく、自分売りではなく、

すぐに「やってみたい!」「美容IQが上がった!」

と思ってもらえる”正しい情報”を、頑張りますね〜☆

IMG_8914.PNG


シワ改善化粧品〜炎症はエイジングに!

初の「シワを改善する」化粧品。

今までは「乾燥による小じわ」という文言が付かないと

いけない決まりでしたので、画期的なことです。

ただ、一般の方にだいぶわかりにくい内容だったので、

今日は私なりのご紹介をしたいと思います。

 

お肌のエイジングは、

 

自然老化

光老化

炎症老化

 

3つの現象に分かれるといわれています。

 

中でも、近年注目されているのが「炎症老化」。

 

大気汚染物質(PM2.5など)や環境ストレスが

シミ、シワ、たるみ、毛穴…といったエイジングを進ませる。

アンチポリューション&ストレスケアも、

私はD.U.O.にすでに取り入れていますが、

 

実際に炎症がどうシワに直結するのか?

ダイレクトにはわかりませんでした。

 

それをスパッと解明してくれたのが、

今年1月に発売された

「POLAリンクルショット メディカル セラム」

IMG_8871.JPG

ここまでのデータを出されたら国が許可せざるを得なかったんですね。

日本で初めて「シワを改善する」効果効能が

認められたPOLAさんの研究成果です。

 

本来は異物や炎症を退治する好中球が、

誤って健康な真皮のエラスチンとコラーゲンを分解してしまう。

これは「好中球エラスターゼ」という酵素よる仕業で、

シワの原因の一つになっている、ということです。

 

ニールワン®という成分(複数のアミノ酸を合成して作られた成分)

が「好中球エラスターゼ」を抑えてくれるので、

シワが改善するというメカニズム。

 

「美容家はシワなんてないんでしょ?」いうのは大間違いで、

私の場合、商品開発で、自分の顔を実験台にする主義の上、

1日に作れる数が限られているクレンジングバームの品質管理の

仕事もしているので、

膨大なロット数を実際に顔で試さなければなりません。

D.U.O.クレンジングバームは200万個を超え、

毎日製造しても追い付かない程で、嬉しい悲鳴ではありますが、

製造ごとに全部チェックするのは大変な作業で・・・。

だって、1日に10回洗顔という苦行も日常的にやってくるんですもの。

常に炎症との闘いなんですゆう★

 

そんな私が、

約3ヶ月POLAリンクルショットを使ってみたところ、

シリコーンベースの肌に残らないテクスチャーで、

有効成分だけが真皮まで届いている感があり、確かに効果を実感。

表情癖と炎症から発生したと思われる、

額の右にあったシワがほぼ無くなりました。

 

ただ、ニールワンは水を混ぜると安定性を欠いてしまう成分らしく、

商品自体に水分保持力がありません。

そのため、この商品を使う際は特に、

化粧水でたっぷり水分補給しておくことがポイントひらめき

商品に水分は含められないけれど、

お肌の水分に反応してバシバシ活躍してくれる成分でもあるそうです。

IMG_8882.JPG

 

ともかく、炎症は絶対に放っておいてはいけません手

春になって気分が浮き立つ反面、

「ゆらぎ肌」といわれる炎症が発生しやすいこの頃。

炎症は様々なエイジングにつながるので、対策は追ってアップしますね。

 

 

(追伸)

つい先月、資生堂が、国内で2番目となる

「シワを改善する」効果効能の承認を受けた、というニュースが流れました。

日本香粧品学会策定のガイドラインに基づく

「シワグレード4」レベルの「深いシワ」を改善する、

というところが差別化点のようです。

有効成分はレチノールで、年内に発売するそうですが、こちらも楽しみです♪

 


美容家として伝えたい本当のこと〜プラセボ効果と”効果”の違い

化粧品選びの真髄って何でしょうね。

 

先日のブログに書いたことで

「プラセボ効果って何ですか?」

とご質問を受けたことが発端で思い立ちました。

 

プラセボ効果とは、ウィキペディアによると

「 偽薬を処方しても、薬だと信じ込む事によって何らかの改善がみられる事を言う」

とあります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%BD%E8%96%AC

 

簡単にいえば、「効きそうだと思えば効く」です。

 

化粧品の世界では、

私は容器にお金をかけるのは好きではなくて、

あくまで中身にお金をかけて、容器はシンプルにしますが、

 

「素敵な容器に入っているから効きそう」

「こんな化粧品を使っている自分が好き」

「ネットに良さそうなことが書いてあったから」

 

と思ったスキンケア商品を使い、実際に綺麗になった気がする、

というのもプラセボ効果が入っています。

 

私は日頃から論文や原料資料を読むために膨大な時間を割いていますが、

治験には必ず「プラセボ群」のデータがあります。

(過去に、学会でプラセボ群がない研究発表をしてしまい、

袋叩きに会った先生がいらっしゃいました・・・)

 

驚くことに、

この「偽薬投与(有効成分だと偽って基剤のみを塗ってもらう)」でも、

水分保持力とかコラーゲン産生力とか、効果がちょっと上がるんですね。

 

思い込み効果といいましょうか。

侮ることができない大事なことです。

 

ただ、誹謗中傷はいけないですけれど、

私は美容家として、

プロの目から見て本当に良いと思うものをお伝えしていきたいと

思います。

 

@コスメさんで一般ユーザーの方からの率直な感想を知ることが

できるのも大変有意義ですが、

プロの「本当の意見」を知りたくありませんか?

 

もちろん私が開発した商品は一番自信を持ってお薦めできますが、

 

ちょっとお話しますと、

美白美容液ならば、資生堂の先月リニューアル発売された

「クレ・ド・ポー ボーテ セラムコンサントレエクレルシサン 」

が秀逸だと思います。

POLAさんの研究力も素晴らしいですが、

今なら考えられない過去の膨大なデータの蓄積、

研究力、総合的な美白アプローチ(実際の効果)、

三拍子整っているんですよね。

パール剤が入っているのと、

香りが強めで好き嫌いが別れるかもしれませんが、

テクスチャーがさらりとしていて私は好きです。

「自分が好きな使い心地」というのも、

プラセボ効果が作用するので、効果がより上がります。

 

ネットで情報が氾濫している現代、

「信用できる人が言っているか?」

「自分が好きな使い心地か?」

自問してみてくださいね。美肌の近道です(*^^*)

 



  • プロフィール

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

new entries

categories

archives

recent comment

  • 2017新年のご挨拶
    咲丘恵美
  • 2017新年のご挨拶
    咲丘恵美
  • 2017新年のご挨拶
    咲丘恵美
  • 2017新年のご挨拶
    muy
  • 2017新年のご挨拶
    サトコ
  • 2017新年のご挨拶
    のりこ
  • 43歳の誕生日をむかえました
    咲丘恵美
  • 43歳の誕生日をむかえました
    みく
  • 最新医療×ホスピタリティ〜東京国際クリニック
    咲丘恵美
  • 最新医療×ホスピタリティ〜東京国際クリニック
    咲丘恵美

mobile

qrcode
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません。