美白の今後のゆくえ

ジョンソンエンドジョンソン、ユニリーバ、ロレアル

と世界的な化粧品メーカーが

美白化粧品の販売を中止する発表をしました。衝撃です。

 

SDGsの「10:人や国の不平等をなくそう」の一環で、

世界的な流れなのだと思いますが、

 

日本においては別なのでは?と思います。

 

「白人への憧れ」ではなく、

肌の特性と文化の違いなのではないでしょうか?

 

紫外線の照射量によって肌色が大きく左右されるアジア人にとって、

肌のトーンは、どれほど美意識が高いか?を物語るものでもあります。

 

そうでなければ、「おしろい」は存在しなかったでしょうね。

 

何千年もの昔から、色白であることは、一種のステータスのような

ものだったといわれていましたが、

家屋の中にいて、紫外線をめったに浴びない生活をしている平安貴族などは、

肌トーンを本来の(生まれた時の)色に維持できていたということ。

 

現代だと、日焼け止めや帽子などの紫外線対策をすることで、

屋外にいる仕事であっても、日焼けは防ぐことができますから、

不平等にはなりにくいと思うのです。

 

しかも、世界で勘違いされているのが、

日本人が美白好きなのは、肌トーンだけでなく、シミという欠点が

できやすい肌質であり、それを解決したいからだということ。

 

もちろん、色白やシミのない肌だけが美しいわけではなく、

多様な美しさの定義があっていい、と思います。

 

肌の漂白が問題になっていることも理解できます。

 

ただ、後天的な生活環境やケアによって肌状態が変わりやすい

アジア人の肌の特性を考えないことには、

かえってSGDsから逆行しているような気がしてならない…。

 

真に多様性を認め合える社会を目指していきたいですね。

 


マスク環境下での美肌ケア

毎日蒸し暑いと思ったら、急に気温が低下。

とはいえ、これからますます暑くなりますので、本当に大変ですよね。

マスク下で、お肌に及ぼす影響と対策、まとめました。

 

■呼気による蒸れで、水分量低下に!

実は、マスクを外した際に、皮脂膜や角質層の水分を奪って、お肌を乾燥

させてしまいます。

お風呂上りが最も水分蒸散量(TEWL)が多い、という事実と連動しますね。

いつもより多めの化粧水で水分補給。

角質層を整える、セラミドやリン脂質、アミノ酸配合の保湿アイテムを選んで。

疑似セラミドですが、バリア機能改善がしっかりできる

キュレルは優秀だと思います。

 

化粧水の後は、必ず乳液or クリームの油分で「蓋」をして、水分蒸散を防ぎます。

今時期は、乳液or油分少な目のクリームがおすすめ。

私が使用しているのは、さらりとした上質な油分・マカデミアナッツ脂肪酸ステアリル

配合のクリーム状乳液、クレ・ド・ポー「クレーム アンタンシヴn」。

夜用ですが、朝にも塗っています。

トラネキサム酸配合なので、抗炎症効果も。

IMG_2400.JPG

 

マスク環境下で、私が最も要注意だと思うこと。それは、

■蒸れによる「皮膚温上昇」で、シミへ

この暑さの上、マスク下の蒸れが追い打ちをかけて、

皮膚温が37度以上に上昇してしまうといわれています。

POLAが昨年発表されていましたが、夏は紫外線だけではなく、

「暑さ」によっても日焼けします。

皮膚温が37度以上は、シミができやすい、という示唆も。

「暑さ」はシミのリスクを上げる美肌の大敵。

日中、ミスト状ローション(※毛細管現象で、乾く時に肌の水分を

奪っていくので、使用後は、必ず日焼け止めなどで「蓋」をして)、

保冷剤などで、こまめにクールダウンしてください。

ポイントは太い血管が集まる、首元やデコルテ、首の後ろを冷やすといいですよ。

IMG_2404.JPG

 

 

■マスクという密閉によるニキビ悪化

最近、特に悩まされている方が多いのがニキビ。

アクネ菌は嫌気性(空気が嫌い、密閉空間が好き)なので、

マスクという密閉空間で、アクネ菌活性が上がってしまいます。

一人になった際など定時的に、マスクを外して風を通す。

 

また、アクネ菌が大活躍すると、遊離脂肪酸が多くできて、

毛穴上部の角質を肥厚させてしまいます。そうすると、毛穴の出口が塞がり、

さらに密閉空間に→アクネ菌大活躍という悪循環へ。ニキビが悪化します。

週1、2回は、酵素洗顔など角質ケアができるスペシャルケアを。

できてしまった炎症ニキビは触らずに。

ひどい場合は皮膚科で圧出してもらったほうが、心もお肌も負担が少ないです。

 

私は週1で、デルファーマのピーリング剤でケアして、ニキビ予防しています。

(これは肌に優しくて本当に優秀)

IMG_2403.JPG

 

 

■マスクの物理的な擦れ・摩擦で炎症へ

当たり前ですが、物理的な摩擦は、炎症を起こします。

抗炎症効果のあるアイテムをマストで使用してください。

ワクチナイザー®は私の赤ら顔が治ってしまった程の抗炎症効果があります。

IMG_2402.JPG

また、日焼け止めの後は、シリコーン様オイルやシリコーンベース

(全成分の最初のほうにシクロペンタシロキサンなどが掲載されているもの)

のファンデを塗ると、摩擦から肌を守る効果が上がります。

 

蒸れと擦れで、日焼け止めが落ちやすくなっていますので、

日中、マスクが当たる部位は、塗り直ししてください。

簡単なのは、UVカット効果のある、パウダーを重ねること。

面倒がなくておすすめです。

IMG_2407.JPG

 

■マスク下でもUVダメージ

特殊なUVカット加工がしてあるウレタンマスク等は別ですが、

通常の不織布マスクや布マスクは紫外線を透過させるので、

マスクしているからといって、油断は禁物!

必ず毎日、日焼け止めは塗ってください。

 

■マスクに顔が隠れることで、口元のゆるみへ

マスクに顔が隠れている時間が長いので、

表情筋の衰えが生じやすくなります。

コロナ禍以前は「気になる部分はあえて人にみせる!」

意識を持っていると好影響でしたが…

こういう時こそ、マスク下でも表情豊かにしてみてくださいね。

 

最後に、

■「息苦しい」という心理的な負担で、あらゆるトラブルへ

精神的ストレスを受けると、

神経や肥満細胞(ヒスタミンを放出する細胞です)から

通称「イライラホルモン」サブスタンスPが放出。

かゆみや炎症、皮脂分泌亢進を起こし、

ニキビ、肌荒れ、赤ら顔、バリア機能低下を招きます。

心理的な作用も美肌に大きく影響を与えると考えられますので、

保冷剤や濡れタオルで首元や首の後ろを拭く、

といった「気持ち良い!」と感じるコトをするのが大切

暑い時期のひんやり冷感、ストレスケアに最適です。

マスク下でも美肌ケアを頑張りましょうね♪

 

IMG_2389.JPG

 

(追伸)

以前、薬剤師の方から、仕事柄一日中マスクをしてお肌が荒れる、

というご相談を受けたことがあり、その時は身に染みてわからず、

ここまで分析できなかった…と申し訳なく思っていましたので、

今回頑張って記事アップしました。

マスク下でも美肌維持を志す皆様のお役に立てますように。

 

#マスク下での美肌ケア #水分蒸散 #皮膚温上昇 #シミ #ニキビ

#毛穴 #ピーリング #日焼け止めの塗り方 #精神的ストレスでも肌荒れ

 


限界処方ワクチナイザーの嬉しい反響!

1月に配布した、美容液を超える美滴剤

「ワクチナイザー®処方」。

 

予想を超える嬉しいお声がたくさん届き、

インスタなどでアップいただいています(*^^*)

 

その中で、@tomoko_yokoyama

横山智子ちゃんが、アップしてくれた写真に感激!

※ご本人の承諾を得ています。

 

IMG_1897.JPG

 

私が実感した肌変化と同じように、

これほどの結果が1.5カ月であらわれています。

 

一番気にされていた目の下のくまとシミが改善され、

肌全体もトーンアップ。

ほうれい線や口元、フェイスラインもハリが出て、

キュッとリフトアップ。

毛穴にも効果が出て、陶器のようななめらかな質感。

 

この写真は私から頼んだものではなく(友達という忖度なし)、

彼女がご自身の記録のために、肌の変化を見たいとのことで、

自発的に撮影していたもの。

 

なので、一切の加工なし!

ライティングもできるだけ同じように撮っているので、

本当の効果なのです。

 

途中2/16時点で、重度の花粉症のため、

お肌が赤くなっていますが、1週間私がアドバイスしたお手入れ法に

変えてもらったところ、加速度を増して効果が。

 

※重度の花粉症時のおすすめケア

花粉で炎症がひどい時は、とにかくお肌を守ること。

ノンアルコールの化粧水と、

肌に不活性なワセリン(日本薬局方の白色ワセリン、サンホワイト、

IHADAの薬用バームがおすすめ)。

朝は日焼け止めの後に必ずパウダーを塗ること。

バリア機能を助け、花粉の付着を防ぎます。

 

 

「商品化してほしい!」というコメントもたくさん入っていて、

ともちゃん曰く「今までビフォーアフターは信じていなかったけれど、

自分で撮ってみて、本当にすごい!と思った。反響もすごくて驚いた!」

とのこと。

 

確かに、真面目にやっている我々化粧品関係者が

眉を顰めるようなビフォーアフターを出している会社さんも

残念ながら存在するのが実態…

加工なしの写真の威力、真面目に化粧品作りに取り組んだ成果を

見ることができ、開発者冥利につきます。

 

これで商品化に自信が持てました(*^^*)

ともちゃん、体を張った体験談、本当にありがとう〜♡

 

世の中が不透明で暗い雰囲気ですが、

美容は気持ちを明るくしてくれるもの。

たくさんの方に明るく前向きになっていただけるよう、

ラストスパート頑張ります!

 

 

#ワクチナイザー #美容液 #美滴剤 #シミ #目のくま #ほうれい線

#フェイスライン #毛穴 #トーンアップ #陶器のような白肌


クリーンビューティについて/ドランクエレファント

「クリーンビューティ」という言葉を私が知ったのは

今から4年ほど前。

 

サステナビリティ(SDGs設定)、エココンシャスという

時代の流れで、海外のマーケティング会社が使い始めたのがきっかけ

だったと思います。

 

ただ、この「クリーンビューティ」、実は定義はなく、

各社まちまちなのです。

 

一気に有名になったのは、昨年、資生堂がなんと900億円近くの額で

買収したという、アメリカのブランド「ドランクエレファント」。

 

クリーンビューティを全面に訴求するブランドで、

テキサス在住の主婦がスキンケアに疑問を持ち、独学で立ち上げたそう。

 

自らの肌トラブルの原因だったという6つの成分、

シリコーン、エッセンシャルオイル、アルコール、

紫外線吸収剤、香料/色素、ラウリル硫酸Na

を「Suspicious 6(疑わしい6つの成分)」と呼び、

これらを排除。生体適合性を重視。

 

このブランドを調べ始めた時に、おそれながら、

「あれ?これ、今まで私がやってきたことに似ているなぁ」と思ったんです。

 

「ナチュラル成分だけではダメ。効果成分も使う。」

「皮膚にとって自然(生体適合性)」

 

私のクリーンビューティの定義は、

原料や包装のサステナビリティを根底に、

「肌に余計な演出成分や、負担となる可能性のある成分は与えない」

ですが、非常に細かく設定しているので改めて後日記事にしますね。

 

---------------------------------------------------

さて、1月に友達がハワイに行ったので、

ドランクエレファントを買ってきてもらいました。

百聞は一見に如かずで使ってみたいと思って。

 

友達曰く「確かにめぐちゃんに似ているね」とのこと。

クリーンビューティの概念の他、

スキンケアに疑問を持った女性が効果と優しさを追求して作った点。

それから、お客様対応を自ら週1回は行っているそうで、

消費者目線を大切にしている点で。

 

DUO時代「何でそんなに丁寧にお客様対応するの?ビジネス(数字)を考えなよ」と

叱られながらも、真剣に質問してくださるお客様のお気持ちに応えたくて、

また、お客様の生のお声を次の商品に生かしたくて、

睡眠時間を削ってもお客様対応を頑張っていたのでした。

 

話がそれました。

購入したのは、スターターセットとT.L.C. Sukari Babyfacial™ 

IMG_1778.JPG

実際使っての感想は…

 

ブランドのスター商品

T.L.C. Sukari Babyfacial™ 

IMG_1788.JPG

洗い流しのピーリング商品です。

何とAHA25%、BHA2%もの超高配合。

豆のスクラブが入っているので、少しざらっとするクリーム状。

基剤云々よりも、ピーリング剤高配合のパンチがすごい。

肌にのせたとたん、激烈な痛みが…。

 

もう少しピーリング剤濃度が低い(12%程度)

T.L.C. Framboos™ Glycolic Night Serum

IMG_1791.JPG

も私には刺激強すぎました。すぐに洗い流す羽目に。

日本人にはこのピーリング剤濃度は強すぎるのでは…

日本本格展開するなら処方変えないといけないでしょうね。

 

ただ、かなり「落ちた!」実感は高いので、

「私、皮膚が厚くて丈夫なのよね」という猛者は

チャレンジしてみる価値あるかも??

でも、本当にくれぐれも、使用法には「20分放置」と書いてありますが、

刺激を感じたらすぐ洗い流してくださいね。

炎症から毛穴開き悪化へと、よかれと思ったケアがトラブルに発展するので、

ご注意くださいね。

 

ちなみに、ワクチナイザー®は実は塗って30分後から、

赤みがひくほど抗炎症作用が非常に高いのですが、

ワクチナイザー®をもてしても、炎症が治まるのに3日かかりました…。

(「肌どうしたんですか?」と何人にも聞かれました・汗)

 

次に、人気のビタミンCセラム

C-Firma™ Day Serum

IMG_1792.JPG

ビタミンC(L-アスコルビン酸)15%配合。

私が使った時は、濃いオレンジ色に激しく褐変していたせいか、少し刺激。

基剤にエトキシジグリコールを使っているので、

オバジCセラム25に少し似ていますが…。

もちろんこちらも良い商品なのだけれど、

ごめんなさい、オバジCセラム25のほうが断然良かった…。

刺激は少なく、効果実感高く、肌の仕上がり感もなめらかです。

ちなみに、エトキシジグリコールとビタミンCはロート製薬が組合せ特許を

とっているので、日本で配合不可です。

 

お薦めできるものしかご紹介しないポリシーなのに、

何だか辛口ですみません(>_<)

最後に「これなら!」というお薦め。

 

Protini™ Polypeptide Cream

IMG_1793.JPGIMG_1795.JPG

プロテインクリーム。

マトリキシルやEGF(ヒトオリゴペプチドのほう)など9種のペプチド配合。

「生めよ増やせよ」系アプローチですね。

殆どのペプチドは、お薬のように0.01%以下の単位で

かなりドラスティックな効果を持つので、

全成分表ではわからず、%は不明です。

 

クリームというよりはジェルクリームで、水分が多め。

スターターセットに入っているマルラオイル

(象がマルラオイルをなめると酔っぱらうように

なることから、ブランド名にもなっている)を

ワンプッシュ混ぜると丁度良い保湿感でした。

 

なめらかな伸び、べたつかず爽やかな後肌感、

翌朝の透明感とハリが素晴らしい。朝使用しても心地良いです。

特にこれからの季節、瑞々しく、とってもお薦めなクリーム♪

 

---------------------------------------------------

実際に使用して全成分表を細かに確かめた上で、

ドランクエレファントが定義する

クリーンビューティについて私なりの所感を。

 

Suspicious 6にあるシリコーンはダメだけれど、

ポリビニルアルコールやアクリル酸系合成ポリマー

をよく使用しています。これらはいいのだなぁ…と疑問。

上記3成分とも、生体に不活性(=生体適合性がない)ので、

逆に肌に悪さすることなく安心といえますが、膜感が強い。

お手入れの最後のアイテム(クリームや日焼け止め)

なら私はOKと思っていますが(あくまで微量添加の範囲で)、

美容液に配合するのはちょっと…。

 

Suspicious 6の中では、シリコーン以外にも、

エッセンシャルオイル全てが本当に肌に負担なのか、

科学的な根拠については?議論はわかれること必至ですが、

美容に正解はなく、開発者自らの肌のこだわりだから良し、です。

 

総じて、アメリカの商品としてかなり画期的だったのでは?

と思います。

海外メーカーで汎用される変性アルコールも不使用ですし、

基剤をできるだけ優しく作ろう、効果成分をしっかり配合しよう、

いう信念を感じられました(*^^*)

---------------------------------------------------

 

そうそう、このブランドの面白いのは、

例えば、アイクリームの能書に

「薬指で塗ってね」

「冷蔵庫に保存して塗ると目元クールダウンできるよ」

などTipが書いてあるんです。可愛い!

IMG_1806.JPG

カラフルなパッケージは、見るだけで楽しい気持ちになりますね♪

決して安くはない平均80〜90ドルの価格帯で

このポップなパッケージ。オリジナリティ抜群です。

このブランドの一番の特徴かも。

 

アマゾンや楽天、セフォラオンラインなどで購入できるみたい。

今情報がないので定かではありませんが、

日本に本格上陸するなら、楽しみですね。

どんな処方に変わるんだろう??

IMG_1802.JPG

 

#クリーンビューティ #肌に余計なものは与えない #サステナビリティ

#エココンシャス #ドランクエレファント #drunkelephant 


自分のために作った前人未踏の限界処方

年始、ブログの頻度を上げると言いながら面目ありません…。

1月、2月、間違いなく人生一の仕事量が押し寄せ、

物理的に時間が全く足りない…。

でも、これだけは皆さまにお知らせしたい!

 

年始の記事で触れた、

いま市場にある化粧品の「限界」を、

自分自身の肌の「限界」を、はるかに超えられるもの。

 

信頼するラボにて自分のために作ったのですが、

大目にできましたので、知人の方限定でシェアしました!

IMG_1594.JPG

アイテムは

高濃度美容液の次元を超える美滴剤。

1〜2成分のみを高配合する従来の美容液の常識を覆し、

12種類の肌深部に効く有効成分をすべて高濃度配合。

 

あえて医薬部外品にも固執していません。

(医薬部外品だと有効成分にも濃度にも縛りがあり、

効果が限定されてしまうため)

-------------------------------------------------

発端は、

美容人生25年、化粧品開発者として12年。

最先端の研究に基づきケアしていたはずの自分自身が

年々何を使っても効かなくなったことでした。

 

私が理想とする美肌の条件

「色(シミやくすみ)」「形(シワ、たるみ、毛穴)」「感(質感)」

に対応できる化粧品がこの世にない。

 

シミの悪化、シワの固着、たるみの加速、毛穴の開き…

エイジングの崖から落ちるのを止められない状態に…。

 

私はADM(後天性真皮メラノサイトーシス)というシミ体質。

シミに関しては誰より追及してきた歴史、自負がありますが、

顔の両側にできるシミは加速度を増して悪化。

 

シワはたるみと相関して、目の下に深く刻まれる。

 

たるみと一口に言っても、

目が小さくなる(額とまぶたのたるみ)、

頬の位置が下がる(ほうれい線)、

顔が四角くなる(フェイスラインのたるみ)、などなど

 

顔が変わってしまうといっても過言ではないほど。

-------------------------------------------------

これではいけない。

美容のプロとしてどうにかしなければ!

 

原因を探るため、自分の肌人生を徹底的に振り返りました。

 

すると、ものの見事に、ストレスと肌老化に関係性がありました。

仕事のプレッシャーや人間関係などの社会的ストレスはもちろん、

PCなどの光ストレス、花粉や睡眠不足などの生物学的ストレス、

仕事柄1日10回洗顔などの化学的ストレス。

 

大きなストレスがある時に大きく肌老化が起きる。

 

肌老化の8割が光老化といわれるように、

エピジェネティックな要因(後天的な環境による遺伝子発現の仕組み)

を再認識。

-------------------------------------------------

 

そこで、根本解決策を見出しました。

狙いを定め、100種類以上の原料を

国内外問わず直接メーカーから取り寄せて、

自らの手で原液カスタマイズしながら研究。

 

その中で、最高濃度、ベスト比率にしたものを使ったところ、

物凄い手ごたえに驚いたんです!!

 

私の宿命であったはずのシミ体質、たるみ加速などのエイジングを

超えて、美容人生初といえる透明感、ハリ、異常になめらかな質感。

 

単なる若返りではない、肌が生きる力をも与えてくれたような。

美容人生で一番驚愕したほどの絶大な効果でした。

 

ここまでやらないと効果は得られないのだと。

-------------------------------------------------

こだわりポイントは3つ。

 

1.最新アプローチ

従来の「補う・増やす」、つまりブースター的対処ケアでは、

メラニンも増やしてしまいます。

本来あるべき代謝に整えたり、細胞のエネルギーを上げて、

メラニンの少ない肌にしながら、

細胞骨格やコラーゲンの質量を上げるなど。

シミとシワたるみは同時に発生している。

だから同時ケアできる最新メカニズム

を精査し尽くしました。

 

2.この世にない高濃度処方

常識的な濃度、成分の種類では、現代女性の肌変化には太刀打ちできません。

12種類の有効成分をすべて高濃度限界配合。

さらに、私の研究成果である新しいドラッグデリバリー技術を搭載し、

必要なところにしっかり届ける。

 

医薬部外品では不可能な、VCエチルとナイアシンアミド、

ペプチド、極限植物エキスなど、すべて高濃度配合。

それをすべて新型リポソーム化しました。

 

3.肌に余計なものは与えないクリーンビューティ

単に見た目やテクスチャーを高めるだけの演出成分や、

肌に負担となる成分は排除。

肌が必要としているものだけを与えることを大切に。

だから、剤型はサラサラ。

 

実はよく勘違いされてしまうのですが…

リッチ=とろみではありません。

肌深部へ効く有効成分は、低分子のためサラサラしているんです。

(原料を触ったことのある人なら誰でも知っていることなのですが)

とろみはお料理の片栗粉と同様、肌表面を覆うだけで、乾くとパリパリに。

美容液には不要と考え、余計なとろみ演出はしていません。

肌深部へ正直に入っていく、本物の有効成分の凝縮液です。

IMG_1630.JPG

-------------------------------------------------

シミもシワもたるみも毛穴も、全てを全力ケアする、

史上初の美容液。

さらに、エイジングを病に見立て、

使い続けるほどに「エイジングにかかりににくなる」

「ワクチナイザー®(と名付けました)」処方になっています。

 

※前人未踏の処方のため、パッチテストのお願いも同封。

IMG_1622.JPG

 

知人に配り始める前の昨年12月、

私が常日頃尊敬する女性専門家たちにお使いいただいたところ、

 

「我々、化粧品開発に携わる人の”夢”をまさか実現したとは…」

と驚かれ、次に、

 

「1週間で肝斑が薄くなった」

「何かやった?と会社で言われるほど、肌色も顔立ちも変わった」

「もっと欲しいから発売化してほしい」

 

”本物のプロ”に大絶賛いただいています。

 

知人からその知人へまわりまわって

「私も欲しい」というお声をたくさん頂くのですが、

大目にできたといっても、数に限りがあり、

お断りしている状態です・・・。

 

-------------------------------------------------

それにしても、

間違いなく、私の化粧品開発者人生で最も過酷でした。

苦労も想いもこの記事では書ききれません。

 

でも、肌人生が変わる=人生が変わる

女性の幸せのお手伝いをしていくための困難は

私の使命と思っています(*^^*)

多くの方にお届けできる日が来ますように。

IMG_1631.JPG

 

 

#咲丘恵美 #ワクチナイザー #美容史上初 #細胞試験専門家も驚愕した

#究極の美肌の条件 #シミ #シワ #たるみ #フェイライン

#毛穴 #なめらかさ #同時ケア #化粧品開発者の夢 #美容家の夢



  • プロフィール
  • リコード

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

new entries

categories

archives

recent comment

  • 新ブランド発売〜宿命を超えていけるスキンケアRe:CODE
    咲丘恵美
  • 新ブランド発売〜宿命を超えていけるスキンケアRe:CODE
    nana
  • 新ブランド発売〜宿命を超えていけるスキンケアRe:CODE
    咲丘恵美
  • 新ブランド発売〜宿命を超えていけるスキンケアRe:CODE
    咲丘恵美
  • 新ブランド発売〜宿命を超えていけるスキンケアRe:CODE
    yuko
  • 新ブランド発売〜宿命を超えていけるスキンケアRe:CODE
    ディンプル
  • 新ブランド発売〜宿命を超えていけるスキンケアRe:CODE
    咲丘恵美
  • 新ブランド発売〜宿命を超えていけるスキンケアRe:CODE
    nana
  • 新ブランド発売〜宿命を超えていけるスキンケアRe:CODE
    咲丘恵美
  • 新ブランド発売〜宿命を超えていけるスキンケアRe:CODE
    yuko

mobile

qrcode
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません。