自分のために作った前人未踏の限界処方

年始、ブログの頻度を上げると言いながら面目ありません…。

1月、2月、間違いなく人生一の仕事量が押し寄せ、

物理的に時間が全く足りない…。

でも、これだけは皆さまにお知らせしたい!

 

年始の記事で触れた、

いま市場にある化粧品の「限界」を、

自分自身の肌の「限界」を、はるかに超えられるもの。

 

信頼するラボにて自分のために作ったのですが、

大目にできましたので、知人の方限定でシェアしました!

IMG_1594.JPG

アイテムは

高濃度美容液の次元を超える美滴剤。

1〜2成分のみを高配合する従来の美容液の常識を覆し、

12種類の肌深部に効く有効成分をすべて高濃度配合。

 

あえて医薬部外品にも固執していません。

(医薬部外品だと有効成分にも濃度にも縛りがあり、

効果が限定されてしまうため)

-------------------------------------------------

発端は、

美容人生25年、化粧品開発者として12年。

最先端の研究に基づきケアしていたはずの自分自身が

年々何を使っても効かなくなったことでした。

 

私が理想とする美肌の条件

「色(シミやくすみ)」「形(シワ、たるみ、毛穴)」「感(質感)」

に対応できる化粧品がこの世にない。

 

シミの悪化、シワの固着、たるみの加速、毛穴の開き…

エイジングの崖から落ちるのを止められない状態に…。

 

私はADM(後天性真皮メラノサイトーシス)というシミ体質。

シミに関しては誰より追及してきた歴史、自負がありますが、

顔の両側にできるシミは加速度を増して悪化。

 

シワはたるみと相関して、目の下に深く刻まれる。

 

たるみと一口に言っても、

目が小さくなる(額とまぶたのたるみ)、

頬の位置が下がる(ほうれい線)、

顔が四角くなる(フェイスラインのたるみ)、などなど

 

顔が変わってしまうといっても過言ではないほど。

-------------------------------------------------

これではいけない。

美容のプロとしてどうにかしなければ!

 

原因を探るため、自分の肌人生を徹底的に振り返りました。

 

すると、ものの見事に、ストレスと肌老化に関係性がありました。

仕事のプレッシャーや人間関係などの社会的ストレスはもちろん、

PCなどの光ストレス、花粉や睡眠不足などの生物学的ストレス、

仕事柄1日10回洗顔などの化学的ストレス。

 

大きなストレスがある時に大きく肌老化が起きる。

 

肌老化の8割が光老化といわれるように、

エピジェネティックな要因(後天的な環境による遺伝子発現の仕組み)

を再認識。

-------------------------------------------------

 

そこで、根本解決策を見出しました。

狙いを定め、100種類以上の原料を

国内外問わず直接メーカーから取り寄せて、

自らの手で原液カスタマイズしながら研究。

 

その中で、最高濃度、ベスト比率にしたものを使ったところ、

物凄い手ごたえに驚いたんです!!

 

私の宿命であったはずのシミ体質、たるみ加速などのエイジングを

超えて、美容人生初といえる透明感、ハリ、異常になめらかな質感。

 

単なる若返りではない、肌が生きる力をも与えてくれたような。

美容人生で一番驚愕したほどの絶大な効果でした。

 

ここまでやらないと効果は得られないのだと。

-------------------------------------------------

こだわりポイントは3つ。

 

1.最新アプローチ

従来の「補う・増やす」、つまりブースター的対処ケアでは、

メラニンも増やしてしまいます。

本来あるべき代謝に整えたり、細胞のエネルギーを上げて、

メラニンの少ない肌にしながら、

細胞骨格やコラーゲンの質量を上げるなど。

シミとシワたるみは同時に発生している。

だから同時ケアできる最新メカニズム

を精査し尽くしました。

 

2.この世にない高濃度処方

常識的な濃度、成分の種類では、現代女性の肌変化には太刀打ちできません。

12種類の有効成分をすべて高濃度限界配合。

さらに、私の研究成果である新しいドラッグデリバリー技術を搭載し、

必要なところにしっかり届ける。

 

医薬部外品では不可能な、VCエチルとナイアシンアミド、

ペプチド、極限植物エキスなど、すべて高濃度配合。

それをすべて新型リポソーム化しました。

 

3.肌に余計なものは与えないクリーンビューティ

単に見た目やテクスチャーを高めるだけの演出成分や、

肌に負担となる成分は排除。

肌が必要としているものだけを与えることを大切に。

だから、剤型はサラサラ。

 

実はよく勘違いされてしまうのですが…

リッチ=とろみではありません。

肌深部へ効く有効成分は、低分子のためサラサラしているんです。

(原料を触ったことのある人なら誰でも知っていることなのですが)

とろみはお料理の片栗粉と同様、肌表面を覆うだけで、乾くとパリパリに。

美容液には不要と考え、余計なとろみ演出はしていません。

肌深部へ正直に入っていく、本物の有効成分の凝縮液です。

IMG_1630.JPG

-------------------------------------------------

シミもシワもたるみも毛穴も、全てを全力ケアする、

史上初の美容液。

さらに、エイジングを病に見立て、

使い続けるほどに「エイジングにかかりににくなる」

「ワクチナイザー®(と名付けました)」処方になっています。

 

※前人未踏の処方のため、パッチテストのお願いも同封。

IMG_1622.JPG

 

知人に配り始める前の昨年12月、

私が常日頃尊敬する女性専門家たちにお使いいただいたところ、

 

「我々、化粧品開発に携わる人の”夢”をまさか実現したとは…」

と驚かれ、次に、

 

「1週間で肝斑が薄くなった」

「何かやった?と会社で言われるほど、肌色も顔立ちも変わった」

「もっと欲しいから発売化してほしい」

 

”本物のプロ”に大絶賛いただいています。

 

知人からその知人へまわりまわって

「私も欲しい」というお声をたくさん頂くのですが、

大目にできたといっても、数に限りがあり、

お断りしている状態です・・・。

 

-------------------------------------------------

それにしても、

間違いなく、私の化粧品開発者人生で最も過酷でした。

苦労も想いもこの記事では書ききれません。

 

でも、肌人生が変わる=人生が変わる

女性の幸せのお手伝いをしていくための困難は

私の使命と思っています(*^^*)

多くの方にお届けできる日が来ますように。

IMG_1631.JPG

 

 

#咲丘恵美 #ワクチナイザー #美容史上初 #細胞試験専門家も驚愕した

#究極の美肌の条件 #シミ #シワ #たるみ #フェイライン

#毛穴 #なめらかさ #同時ケア #化粧品開発者の夢 #美容家の夢


上質な落とすケア〜クレイマスク洗顔ローズドビオ

かつてない多忙の日々で、かつてない期間

ブログが滞ってしまいました…。

朝晩、すっかり冷え込むようになってきましたね。

 

春夏のほうが気温の上昇でさっぱりしたい気持ちになり、

「落とすケア」が重視されがちなのですが、

当然、通年大事なケアです。

 

私の信念の一つに「美肌の基本は”落とすこと”」があります。

落とすケアで躓いていると、お肌をマイナスの状態にしてしまい、

元も子もないからです。

 

少し詳しくご説明しますね。

 

不要な汚れが残っていると、

 

1.角栓などの毛穴トラブル、ごわつき、乾燥につながる

2.古い角質が残りキメが乱れる=光をキレイに反射できず、どんよりくすむ

3.不要物が変性し、炎症から肌荒れやシミ悪化につながる恐れあり

 

皮膚細胞は毎日分化と成熟を行っているので、

炎症と代謝の滞りが発生することで、エイジングが進んでしまうことに…。

 

そして、

5.どんなに「与えるケア」をしっかりしても、

不要物が蓋となって、化粧品の浸透が悪くなり、”焼石に水”状態に。

(これは皆様想像にたやすいですよね)

 

また、注意すべきは、大人のお肌はデリケートであるということ。

年齢とともに古い角質がたまりやすいため不全に角質層が厚くなり、

その下の生きている細胞の層(顆粒層以下)は薄くなりがち。

 

よって、不要物はしっかり取り去りながらも、お肌に優しくなければならない。

刺激につながる”摩擦”も厳禁です。

 

そんな矛盾=「洗浄力」と「優しさ」の両立ができるアイテムが

大人の美肌のためには必須。

 

前置きが長くなりましたが、

私のお気に入りの落とすケアアイテムをご紹介しますね。

------------------------------------------------------------------

 

ローズドビオ ホワイトウォッシュパック

IMG_9984.JPG

サイエンティストの視点で、オーガニックを突き詰めているブランド。

クレイマスクに洗顔効果を兼ねた商品です。

 

濃厚ソフトクリームのような気持ちの良いなめらかな使用感、

洗い流した後の効果実感に、ぐっと感動します。

 

しかし、中身はただのクレイマスクにはあらず!

クレイ剤型の難しさを、全成分表を見て我が目を疑ったほどの

ミニマルな成分数で見事にクリア。

 

クレイ剤型の難しさとは、主に2点。

クレイ自体に菌が入りやすいこと(多孔のため)。

水を含むペースト状のクレイ製剤だと活性(イオン交換作用・後述)を失ってしまうこと。

 

こちらの商品は、そのクレイの菌問題と活性問題を見事に解決しています。

 

「高機能イオン水(ミネラル豊富な特殊な水)」の作用によって、

防腐剤は不使用で、防腐効果を上げるための多価アルコールは

刺激少ないペンチレングリコールを使用、抗菌効果のある精油を使用。

お肌に優しい処方ですね。

 

クレイ(モンモリロナイト)のイオン交換作用を、

肌で効果実感できるほど高めているところも本当に素晴らしい。

クレイの活性が最大限まで保たれています。

※イオン交換作用とは

通常プラスに帯電した「古い角質や汚れ」と、

板状のクレイとクレイの間に挟まれた、マイナスに帯電した「ミネラルと水分」

を交換する作用のこと。つまり、悪いものを吸着、良いものをお肌に与える。

 

強い洗浄剤は不使用で、ここまで毛穴の汚れも、古い角質も一掃される

ことに感動するはず。

毛穴スッキリ、つるつるすべすべ、水分量が上がりキメが整うことで、

透明感アップ。

 

クレイマスクなので、塗って2分置いて洗い流すだけ。

摩擦レスなのも大人のお肌に嬉しいですよね。

 

ストレスフルな日々、奥深いオーガニックローズ精油の香りにも

癒されます。ホッと深呼吸のひと時。

 

もう、ただただ、開発者のリケジョ社長のこだわり、研究力に脱帽です。

 

化粧品開発者というのは本当にいろいろ。

こういう真面目に研究・追及する”本物”の方が作っている化粧品はいい!

私も信念を貫いて頑張ろう!と勇気づけられた逸品です(*^-^*)

まさに上質な洗顔料としてお薦め。

 

使用上の注意点は、

・手肌が乾いた状態でお使いください

・クレイが乾く前に必ず洗い流してください

 ※正しい使い方でないと、逆のイオン交換作用が生まれ、

  肌の水分がクレイに持っていかれてしまいます

 

IMG_0018.JPG

------------------------------------------------------------------

大人のお肌はたとえるなら、上質なシルクと同じ。

タオルやTシャツを洗う洗剤でも洗い方でもなく、

専用の洗剤で大事に大事に洗いますよね?

だから、お肌の「落とすケア」も上質なもので上質にケアしていただきたい。

 

夏のダメージが後追いすることで、古い角質がたまりやすいといわれる秋。

「どうも肌の調子が出ない」という方、

美肌の基本=大人のお肌に見合った上質な洗顔に

見直しされてみてくださいね(^^♪

 

 

#洗顔 #落とすケア #美肌の基本は落とすこと #なぜ落とすケアは大事 

#毛穴 #くすみ #乾燥 #シミ #シワ #キメ #ターンオーバー #炎症 

#上質な洗顔 #ローズドビオ #ホワイトウォッシュパック #ダマスクローズ

 


今夏の旅コスメ〜2019

昼と夜の長さが同じ。

Equinox Day(秋分の日)が過ぎて、

1日の紫外線量が減ってきましたね。

 

遅くなりましたが、

旅のお供に連れていったコスメをご紹介しますね。

 

環境が異なる海外では特に、

美肌のために「落とす」「与える」「守る」ケアを

どこまで完璧にするかがキモ。

それぞれ、私の美容の正解はあるのですがまた別の機会にするとして、

 

イビサ島、トスカーナでは、紫外線がかなり強かったので、

まずはとにかく紫外線から守るケアで重宝したアイテム。

 

トランシーノ 薬用UVパウダー

SPF50 PA++++

IMG_9940.JPGIMG_9943.JPG

日焼け止めと日焼け止め効果のあるパウダー使用で、

SPF、PAの数値が単純に足される訳ではないのですが

(例えばSPF50+50=100にはならない)、

日焼け止め→ファンデ→パウダー、日焼け止め効果のあるアイテムを重ねると、

効果が上がるといわれています。

そもそも、単品で規定量を塗ったつもりでも、完璧に数値が出るまでの量であるか、

持続しているかどうかは、なかなか期待できないのです…。

詳しくはコチラ

 

そこで、日焼け止めや皮脂によるテカリを抑え、フィックスさせる効果がある、

こちらのパウダーは、本当に頼もしかったです。

やや透明感に欠けるものの、しっかり保護してくれる密着感があり、

リゾートの日差しの下、こまめな塗りなおしで大活躍。日焼けしませんでした。

 

医薬部部外品なので、炎症を抑制する有効成分グリチルリチン酸ステアリルが、

確実に効果濃度配合してあることもポイント。

炎症の中でも、PGE2産生抑制効果のある成分です。

ちなみに、別成分ですが、トラネキサム酸はPGE2産生抑制効果によって

シミに効果を発揮するメカニズム。

今年の香粧品学会の発表では、

トラネキサム酸は、光老化により衰えた真皮マトリクスの改善効果もあり、

PGE2、活性酸素種を抑える作用機序ではないかとのことでした。

PGE2は加齢によって増加し、線維芽細胞のコラーゲン・弾性繊維の産生能力を

低下させることが報告されているそう。

PEG2産生抑制効果のある成分、改めて注目ですね。

 

--------------------------------------------------

さて続いて。こちらは、今年発売の画期的な日焼け止め。

ビオレUV アスリズム スキンプロテクトエッセンス

SPF50+、PA++++

IMG_9958.JPG

「なぜ日焼け止めを塗っても日焼けしてしまうのか?」

根本的な問題に立ち向かった商品。

 

原因は、塗った時、キメの溝部分にミクロレベルの隙間が生じ、

その隙間から日焼けしている事実を突き止めたそう。

 

また、軽い付け心地のウォーターベースの日焼け止めでは、

油相部分に溶けたUV防御剤は揮発しないが、

水相部分に溶けたUV防御剤は揮発してしまい、

揮発すると隙間ができやすいことを発見。

そこで、水にも油にも溶ける両親媒性成分で、油溶性UV防御剤を

包み込んだカプセル技術「ミクロディフェンス処方」を開発。

このカプセルを水相部分に分散させることで、

UV防御剤を内包したカプセルは汗や水がきても肌に留まる。

 

水系の日焼け止めの瑞々しさがありながら、UV防御剤が揮発せず、

隙間を作らせない。

 

「塗りムラ」による日焼けを徹底的に防ぐ、世界初の日焼け止めなのです。

日焼け止めの技術は、大手はやっぱりすごいですね。

 

エタノール高配合なので、私個人的には、顔には少し刺激を感じるため、

ボディに塗っていました。

軽い!均一に塗れる感が半端ない!焼けない!

使用感が本当に感動的。ずば抜けて良いです。

 

ちなみに、耐水性は同じシリーズの「スキンプロテクトミルク」のほうが

優れていると思います。シリコーンベースですので。

ビオレにしては1000円台と少しお高めですが、プチプラの範囲内?

気にせずたっぷり使えて、とってもお薦めです。

 

--------------------------------------------------

与えるケアでは、原料サンプルを原液で。

&旅出発直前に10種類以上を自分で混ぜ混ぜ調合して、

無印の容器に詰めたもの(一番左)。

IMG_9946.JPG

 

落とすケアでは、ローズドビオ  ホワイトウォッシュパックが大活躍。

好きすぎて、長文になりそうなので、後日詳しくアップしますね。

IMG_0019.JPG

 

#夏のダメージケア #旅コスメ #トランシーノUVパウダー #ビオレアスリズム

#塗りムラ #日焼け止め  #抗炎症 #薬用 #トラネキサム酸 #化粧品原料大好き 

#ローズドビオ

 


「防腐剤フリー」コスメの真実?〜美容IQアップのスキル

前回の続きです。

化粧品を愛する私としては、お伝えしておきたいこと。

美容IQアップのスキル。思いきって、かなり裏話です。

 

特にビタミンC高配合のコスメによくみられますが、

「防腐剤フリー」に惹かれる方、いらっしゃるのでは?

 

実は、この「防腐剤フリー」は、

パラベンやフェノキシエタノールなど、防腐剤としてしかカウントできない成分

がフリーということ。

 

防腐剤ではなく保湿剤としてカウントできるけれども、

実際は防腐力を高める「多価アルコール」という成分をかなり高配合すると、

「防腐剤フリー」表記が可能なのです。

 

代表的な多価アルコールは、グリセリン、PG(プロピレングリコール)など。

防腐力を示す濃度としては、グリセリンは40%以上、PGで20%以上

といわれています。

 

上述の「かなりの高配合」とは、

70%、80%は良いほうで、90%以上のものもよく見受けられますね。

 

ちなみに、約70%〜80%以上配合すると、温感がするのも特徴。

皮膚の水分と反応して発生した熱エネルギーによる作用と、

皮膚細胞の温感感受性チャネルを動かす作用で、

「温かい!」と感じます。

温感クレンジング・美容液の多くがこのメカニズムです。

 

私は全成分表を見ながら、おおよそを推測するのですが、

あくまで成分の種類によりますが、

多価アルコールが80%を超えると、個人的にはちょっと刺激を感じます。

(※注:多価アルコールの中でも、カプリリルグリコールなどは1%で超刺激なので、

成分によって量↔刺激が異なることを覚えておいてくださいね)

 

セメダイン(表現が古い?!)のような独特な匂いと感触がするので、

割とわかりやすいです。

 

前回ご紹介したオバジC25は、

「防腐剤フリー」の高濃度ビタミンC美容液ですね。

IMG_9501.JPG

多価アルコールであるエトキシジグリコールが成分表のトップに来ており、

ビタミンC(アスコルビン酸)が25%で、

「防腐剤フリー」表記ならば、

 

水は多くはなさそう(水が多いと菌が繁殖しやすいので)。

あくまで推測ですが(ロート製薬様の企業秘密なので間違っているかもしれませんが)、

多価アルコール60%〜70%くらい??

 

オバジC5、10、20よりも、

25は、ビタミンCで25%もとられている訳なので、

多価アルコールの量(割合)が少ない、ともいえます。

 

だから、「今までのオバジCシリーズの中で、一番使用感が良い!」

といわれるのでは?

多価アルコール特有の接着剤的な(不快な)使用感が全くなく、

全体の成分配合バランスが非常に秀逸だと思います!

刺激強めのPGを高配合していないことも好印象。

 

ただ、推測60〜70%くらい?の多価アルコール配合だと、

お肌の弱い方、お肌が疲れている時、は少しピリピリ感じるかも。

 

もちろん、多価アルコールにではなく、

ビタミンCに感作してしまう体質の方もいらっしゃるので、

原因を一概には言えないのですが…。

 

個人的にはオバジCシリーズの中では、実は25が一番お肌にマイルドだと

思います。

 

まとめると、

■防腐剤フリー化粧品は、防腐力のある多価アルコール高配合の場合が多い

(注:無菌充填の一回使い切りタイプ、消費期限が短い製品を除く)

■防腐剤フリー表記できるほど多価アルコール高配合だと刺激を感じることがある

■有効成分濃度(ビタミンCなど)が高いほうが実はお肌にマイルドかも

 

 

よく化粧品では、「○○フリー」と訴求しますが、

○○という成分自体の安全性はOKなんです。「量」のほうが大切。

「○○は悪者!」と単純図式に惑わされず、「量」の問題を考えるようにして。

これを知っておくと断然、美容IQがアップしますよ〜♪

 

IMG_9502.JPG

 

※注記

多価アルコールによる「防腐剤フリー」処方は

実は特許をとっている会社様があるのですが、

特定原料メーカーの多価アルコールだと特許を避けられるという事情があり、

お客様には複雑ですね…。私もこの特許問題については勉強しきりです。

 

 

#防腐剤フリー #コスメ #ビタミンC #高濃度 #多価アルコール #温感

#保湿剤カウントだけど実は防腐力あり #成分に目くじらたてないで配合量を気にして

#夏のダメージケア #美容IQアップのスキル #美容家


今夏お薦めの美容液〜オバジC25セラムNEO

自分が使って「良い」と思うもの、

本当にお薦めできるものしかご紹介しないポリシーなので、

私の専門であるスキンケアアイテムはなかなかご紹介できていないのですが、

 

開発の人間としてみても、いち美容家としてみても、

特にビタミンC好きの方に、本当に価値ある、良い美容液と思います。

 

各誌の今年の上半期ベストコスメを総なめにした

オバジ C25 セラムNEO

IMG_9498.JPG

今までのオバジCシリーズの中で、

一番使用感が良く、効果が高い!と評判ですね。

 

「ビタミンC濃度の限界を超えた」美容液。

ビタミンC20%以上配合の壁があり、

室温で安定的にピュアビタミンを溶かすことができず、開発に苦労されたのだそう。

ビタミンC誘導体(おそらくVCエチル?)を添加することで成功の道が開けた、

そのお話を知って、地道な努力に頭が下がりました。

 

私も何本か使ってみましたが、確かにとても良いです(*^^*)

透明感がパッと出て、シワや毛穴の凹凸がなめらかに整う。

化粧水をたっぷり使って、まだ化粧水がお肌にやや残っている時に使うと、

良い感じにぷるぷる感が出ます。

 

朝使うことで、紫外線ダメージを防ぐデータを出されているそう。

夜だけでなく、朝使いを推奨されている点も注目です。

ダメージを「ケア」するだけでなく、シミやシワを「防ぐ」、ということですね。

 

紫外線ダメージを受けやすい夏には、特にお薦めな美容液。

が、ここまでは普通の美容ブログで、皆さんもご存知のこと。

私はちょっと違うことに着目しました。

 

なぜ美容関係の女友達が口々に

「今回のオバジ、すごくいいよね!大好き!」

「でも、肌が弱っている時に使うと少しピリピリするような…」

 

というのか?

次回、続きをアップしますね。

 

IMG_9452.JPG

今日打合せしたお取引先の方がタイに行ってきたそうで、

「バンコクのほうが東京より涼しかった」とのこと。

毎日暑い、紫外線強すぎます…ね。



  • プロフィール

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

new entries

categories

archives

recent comment

  • 自分のために作った前人未踏の限界処方
    さとこ
  • 自分のために作った前人未踏の限界処方
    yuko
  • 46歳の誕生日をむかえて
    咲丘恵美
  • 2019年嬉しかった3大出来事
    咲丘恵美
  • 46歳の誕生日をむかえて
    七海
  • 2019年嬉しかった3大出来事
    のりこ
  • 46歳の誕生日をむかえて
    咲丘恵美
  • 46歳の誕生日をむかえて
    muy
  • パリコスメ探訪〜La Beaute、マドモアゼル・ビオ
    咲丘恵美
  • パリコスメ探訪〜La Beaute、マドモアゼル・ビオ
    まぁ

mobile

qrcode
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません。