アナカプリ→ナポリへ〜ヴァカンス終了

ホテルからアナカプリへ徒歩5分ほど。

カプリ中心地のような賑わいはありませんが、お散歩が楽しめます。

 

カプリ最終日は、アナカプリの街まで歩いて、

私が泊まったシーザーオーガスタスよりも格上と思われるカプリパラスへ。

ホテル内にあるレストランでお食事しました。

リゾート感ではシーザーが断トツですが、

夏以外のカプリ滞在にはカプリパラスもいいかもですね。

レストランはかなり創作系で、雰囲気もお料理も高級でした。

IMG_1620.JPGIMG_1622.JPGIMG_1625.JPGIMG_1639.JPGIMG_1641.JPGIMG_1643.JPGIMG_1631.JPGIMG_1645.JPGIMG_1649.JPGIMG_1652.JPGIMG_1653.JPG

 

話は戻りますが、

ホテルのコンシェルジュに船で島を一周しながら途中で泳ぐコースを

紹介されながら、

ナポリ⇔カプリ間をチャーターするという贅沢をしてしまったので、

仕方なくビーチクラブへ行きました。

が!人があまりにたくさんいすぎて居られずすぐに退散。

ホテルのプールに戻って、静謐で大人なホテルの良さを味わっていました。

R0038763.JPGR0038764.JPG

 

カプリを出発して、

IMG_1662.JPG

ナポリではサルトリアへ訪問。

ここかなり不穏で危険な地帯だそう。

IMG_1692.JPG

夜は最高峰の某サルトリアがお薦めしているという

名店Ristorante Doraへ。絶品お料理♪

IMG_1695.JPGIMG_1696.JPGIMG_1697.JPGIMG_1701.JPG

一泊して帰途についたのでした。

 

今年のヴァカンス、とっても楽しかったです。

非日常に身を置くことは、心も頭も豊かにしてくれますね。

 

夏の思い出にお付き合いくださりありがとうございました。

次回はようやく!美容家としてお手入れをご紹介します(^^)/

 


カプリ中心地にて

ホテルからカプリ中心地まではタクシーで10分程度。

 

カプリ中心地はアナカプリと違って、

もう人がいっぱいでした。

有名な時計台付近。

マリーナグランデからのケーブルカーの到着地点。

IMG_1535.JPGIMG_1495.JPGIMG_1484.JPG

お散歩しながら、リネンのブラウスとかお買い物を楽しみました

シャネルやエルメスなどブランド店も多いですが、

カプリならではのお店がとっても素敵でしたよ。

IMG_1487.JPG

IMG_1528.JPG

IMG_1480.JPG

 

フレグランス屋さんでお土産を買ったのですが、

お店の女性(イタリア女性はお顔もスタイルも、

ラテンの血のせいでしょうね、やはり世界で一番美しいと思いました。

写真撮って置けばよかった…)が可愛いカプリサンダルを履いていたので、

「どこで買ったの?」と聞き、そのお店に行ったところ、

行列状態の人気店。やっとお店の人とお話できると、

「あなたのサイズはうちで置いていないけれど、

ここだったら、小さいサイズがあって、職人の腕も確かよ」

と教えていただいたのが、こちら。

 

時計台の向かいの教会の脇道を入った地味なところに、

地味にかまえているこのお店。

Ragazzino

IMG_1524.JPG

靴底選び、ヒール選び、デザイン選び、の後に、

目の前でお店の人が作ってくれます。

そう、オーダーシューズなんですね。

ここ、カプリサンダルなのにヒール付きができますし、

知る人ぞ知る名店だと思いました。

カプリに行かれる際はぜひお薦めです!!

IMG_1510.JPGIMG_1513.JPGIMG_1521.JPGIMG_1523.JPG

やはり地元の人に聞くのが一番ですね。

 

夜は出発前から予約していたAuroraというお店へ。

道端ジェシカさんがテレビでご紹介したそうで、

そうでなくてもかなりの人気店のようでした。

席が狭いのが難点ですが、とっても美味しかったです。

IMG_1543.JPGIMG_1548.JPG

 

さて、カプリのタクシーは雨の日以外、

↓このようにオープンカーなのですが、

ホテルから崖を下る道のりがちょっぴりスリリングで、

風を受けながら気持ち良いドライブでしたよ。

IMG_1309.JPG

IMG_1490.JPGIMG_1489.JPG


カプリの旅〜絶景ホテル「シーザーオーガスタス」(2)

シーザーオーガスタスホテルのプールは景色抜群で、

広々としていて、ベッドも快適。

インフィニティになっているので、

本当に気持ち良くて・・・リゾート好きの私にとって、

ギリシャのアマンと同レベルの素晴らしさでした!

IMG_1287.JPG

IMG_1284.JPGIMG_1253.JPG

IMG_1414.JPG

白い縁はクッション性があるので、

腕をのせてぷかぷかしながら、いつまでも景色を堪能できてしまう、

美肌の大敵なプール(笑)

IMG_1412.JPG

 

プールサイドから山側へ目を移すと。

滞在途中で嵐の1日があって、それ以降急に秋になったので、

不思議な雲ですよね。

IMG_1413.JPG

 

前回ご紹介するのを忘れてしまったのですが、

朝食では自家菜園のお野菜の美味しさにびっくり。

生の燻製モッツァレラチーズを初めていただき感動(≧▽≦)

R0038725.JPGIMG_1377.JPG

 

IMG_1334.JPGIMG_1408.JPG

 

絶景に癒されたり、読書をしたり、

暑さに耐えかねてプールに入ったり、

ビールやアイスコーヒーでまったり。

一日ここに籠っても全く飽きない、超お薦めホテルです♪

IMG_1726.JPG

 


カプリの旅〜絶景ホテル「シーザーオーガスタス」(1)

カプリでのヴァカンスで選んだのは、

中心地ではなく、静謐なアナカプリ地区にある

Caesar Augustus Hotel(シーザーオーガスタス)。

ルレ・エ・シャトー加盟だけあって、

プレミアム感のあるリゾートホテルです。

 

崖にへばりつくように建っているだけあり、評判通りの絶景。

私史上ナンバーワンの絶景ホテルでした。

IMG_1190.JPG

 

カプリ中心地から車で10分程。

お部屋やテラスから、見渡す限りの海と島々。

マリーナグランデの眺めも素晴らしいです。

IMG_1569.JPG

朝焼けと夕焼け

R0038721.JPGIMG_1354.JPG

 

ホテル入口

IMG_1325.JPGIMG_1331.JPG

到着するとまず自家菜園で採れたハーブ&フルーツ水をいただき、

テラスに案内されます。ここから別世界です!

IMG_1183.JPGIMG_1188.JPGIMG_1572.JPGR0038711.JPG

お部屋のベランダから。

もう、一日ここにいたい!と思わせる景色。

まさに非日常でした。

IMG_1207.JPGIMG_1595.JPG

ベランダは二つあって、寝そべるスペース。

テーブル付き椅子のスペース。

IMG_1579.JPGIMG_1578.JPGIMG_1208.JPGIMG_1204.JPG

 

テラス以外の施設も素晴らしく、

夕日を眺める広々としたスペースや、自家菜園、

お花や木々がいっぱいの道々。

IMG_1608.JPGIMG_1493.JPGIMG_1366.JPGIMG_1222.JPGIMG_1219.JPGIMG_1194.JPG

 

自家菜園で採れた野菜達

IMG_1364.JPGR0038739.JPG

 

レストランも素敵。

プールサイドのみならず、

シェフオリジナルコースが味わえる特別席も。

IMG_1191.JPGIMG_1352.JPGIMG_1347.JPGIMG_1351.JPGIMG_1210.JPG

 

オーナー親子がいつもホテル内を回って気さくにゲストとお話する、

ヨーロッパの社交場という感じでした。

オーナーは「日本の『あさば』『強羅花壇』が素晴らしかった!

大好きな国だ」と言っていて、

滞在中、唯一の日本人(アジア人もいませんでした)の私達にも

とってもフレンドリーでした。

 

室内も施設内もゴミ一つ落ちていないほど清潔で、申し分なかったです。

ただ…ジュニアスイートの割にヨーロッパらしくやや小ぶり。

バスルームが小さく、景色は素敵なものの、

美容家にとって日が当たる洗面台は酷でした…。

(角部屋のせいかも。同じタイプの他の部屋は

そうじゃないみたいでした)

IMG_1197.JPGIMG_1206.JPG

IMG_1199.JPG

 

とはいえ、実はプールがとっても素敵で、

1日ここに籠っていても全然飽きない。極上のリゾート。

次回に続きます。

IMG_1724.JPG

 


ナポリ→カプリ島へ@クルーザーの旅

帰国しました。

今年の夏のヴァカンスの目的地はカプリ。

アリタリア航空で行くと、ローマで乗り換えて、国内線でナポリへ。

着くのは23時過ぎなので、ホテルで一泊しなければなりません。

IMG_1036.JPG

泊まったのはエクセルシオールホテル。

海辺に建っています。

翌朝、窓から見た景色にパッと明るく。

R0038688.JPGIMG_1041.JPG

 

出発まで小一時間あったので、

素敵だと評判の屋上のテラスへ。

ヴェスヴィオ山を含め、約180度景色が広がっています。

ここは夜はバーとして人気で、席がいっぱいだそう。

私は昼間のブランチで一気にヴァカンス気分♪

IMG_1066.JPG

IMG_1064.JPG

IMG_1067.JPG

 

そして、贅沢にも、

カプリ島までクルーザーをチャーターしたので、

まずは専用港へ移動。

港⇔ホテルの車の手配も、

全て、今回泊まったカプリ島のホテルが手配してくれたそうで、

 

フェリーだと港から激混みで1時間はかかるそうですが、

クルーザーだと30分ほど、往復ホテル送迎含めて30分ほど、

かなりスムーズな移動でした。

R0038692.JPG

プライベート感に浸って、

抜群の景色と心地よい風、感じの良いクルー達。

素敵すぎる海の旅を満喫♪

IMG_1081.JPGIMG_1685.JPG

スピードが出てくると髪ぐちゃぐちゃ(笑)

IMG_1717.JPGIMG_1716.JPG

やっと定位置を見つけ、優雅な気分に。

IMG_1145.JPG

 

カプリ島が間近に見えてきました。

R0038706.JPGR0038707.JPG

崖にへばりつくように建っている、小さく黄色っぽい建物が

今回泊まるホテル。どおりで絶景だったはず。

IMG_1681.JPG

カプリの専用港。ホテルの人がお出迎え。

IMG_1166.JPGIMG_1654.JPGIMG_1658.JPG

ホテル車で渡されたレモンタオル、小さくてちょうどいい。

(日本にも精油を沁みこませたお気に入りタオルがあるので、

今度ご紹介しますね)

IMG_1172.JPG

海風のべたつきをさっと拭いて、一路ホテルへ。

次回は私史上ナンバーワンの絶景ホテルをご紹介しますね。

 



  • プロフィール

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

new entries

categories

archives

recent comment

mobile

qrcode
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません。