温泉と美容〜念願の「竹ふえ」へ

九州に出張に出ており、あっという間のスピードで

時間がたってしまいました。

 

出張にからめて、ビューティ行脚もしてきましたよ♪

「温泉」と「紅葉」と「食」!!

IMG_6266.JPGIMG_6252.JPG

 

予約困難でなかなか叶わなかった、阿蘇の秘境「竹ふえ」へ。

IMG_6096.JPG

熊本空港からレンタカーで紅葉を観ながら2時間半くらい。

途中は地震の影響で道路が封鎖されている箇所を

迂回したので、時間がかかってしまったようです。

 

五千坪の敷地、数万本の竹林、

崖に点在するヴィラ形式のお部屋(わずか12室)、

優れた薬理効果が期待できる源泉かけ流しの温泉。

IMG_6196.JPGIMG_6206.JPG

 

 

日本一大きい客室露天風呂があると評判の竹ふえですが、

私が泊まった「小夜」は10mのウッドデッキに、広々としたお風呂。

確かに、人生史上一番大きい客室露天風呂でした!!

竹林や空を眺めながらゆっくりした時間を過ごせました。

IMG_6121.JPGIMG_6145.JPGIMG_6135.JPGIMG_6312.JPG

内風呂も驚きの広さ。

(よく写真が撮れなくてすみません)

IMG_6127.JPG

お部屋も、掘りごたつ式囲炉裏(床暖房で温かい。こちらでお食事)、

床の間のあるお部屋、オーディオルーム2つ(!)、ベッドルーム、

トイレ二つ、洗面ボウル二つ、ドレッサー、

とにかく広くて、どの部屋にいていいのやらという感じ。

IMG_6105.JPGIMG_6107.JPGIMG_6108.JPGIMG_6110.JPGIMG_6130.JPGIMG_6125.JPGIMG_6124.JPGIMG_6115.JPGIMG_6116.JPGIMG_6125.JPG

IMG_6240.JPGIMG_6249.JPG

 

また、小夜の宿泊者は無料で使用できる、

「竹城の間」という大きな貸し切り露天風呂が、とーっても素敵でした。

ここに来るだけの価値がある!という癒し空間。

IMG_6184.JPGIMG_6193.JPGIMG_6182.JPG

竹ふえはお部屋はもちろん、貸し切り露天風呂に置いてある

飲み物、お酒、アイスクリームは全て無料。

素敵な竹林を目の前に飲みながらゆっくり温泉につかる

贅沢な時間を過ごせました。ここ、本当に素晴らしかったです。

 

さて、美容家らしく。

よく「温泉は美容に良い」といわれますが、

温泉と美容とのつながりを私なりにまとめてみました。

 

1.薬理作用(化学的な作用)

温泉成分のこと。

古い角質や汚れを落とすクレンジング効果、

セラミド生成を助けたり潤いを与える保湿効果、

新陳代謝をサポートすることでシミやシワをケアする美白・エイジングケア効果。

など温泉成分によって様々な効用が期待できます。

 

2.物理的な作用

「温熱効果」

血行を促進して細胞へ栄養を運び老廃物を回収しやすくする美肌のオオモトですね。

「マッサージ効果」

温泉につかるだけで水圧というポンプアップ作用が生まれ、むくみやデトックスにGOOD!

「ほぐし&筋トレ効果」

浮力作用でコリの緊張をほぐしたり、浮力に逆らって身体を動せば筋トレ効果が。

リラックスとトレーニングができるっていいですよね。

 

3.アンチストレス(内側からの作用)

「温泉」という旅に出る、つまり、日常を離れて気分転換になりますよね。

気分転換=ストレス発散しながら、素敵な空間や景色に触れることで、

脳内の伝達物質やホルモン分泌にも影響があるといわれています。

内側からの美容効果です。

 

温泉って、様々な効用がありますね♪

 

さてさて、気になる、竹ふえの「薬理効果」。

医学的に治癒効果のある温泉水は「療養泉」と呼ばれ、

8つの特定物質の「溶存物質総量」が規定値1000mg/kgを超えて1282mgあるとのこと。

この量が多いほど浸透圧が高く、皮膚の細胞に成分が届きやすいといえます。

 

具体的には、

 

■メタケイ酸336mg

有名な温泉の美肌成分。セラミド産生やコラーゲン生成をサポートする

効果があるといわれ、優れた保湿効果を有します。

通常、100mg/kgで「美肌効果が高い」といわれているので、

竹ふえの336mgという高含有量で、美肌効果がご想像いただけるかと。

ちなみに、胃薬の成分でもあり、胃の粘膜を保護する作用もあります。

 

■塩素イオン192.2mg

つまり塩です。バスソルトで有名な通り、皮膚に塩分が付着して

汗の蒸発を防ぐために保湿効果があるといわれ、

さらに体が温まりやすく湯冷めしにくいという温熱効果があります。

血行促進効果ですね。

ちなみに、「塩素」と聞くと誤解されがちですが、

水道水の消毒に使われる「次亜塩素酸ナトリウム」とは異なります。

 

■硫酸イオン171.1mg

血液に酸素を多く送り込む作用があります。新陳代謝活性ですね。

神経痛や便秘、糖尿病、痛風の改善に効くともいわれているそう。

 

■炭酸水素イオン284mg

いわゆる重曹のこと。皮膚の表面を柔らかくして、古い角質を取り去るクレンジング効果があります。

しっとりすべすべなお肌に導いてくれる成分ですね。

 

■pH値6.41

水素イオンの濃度のことですが、一般的に健康的な皮膚表面は4.5〜6.5の弱酸性なので、

お肌に優しい温泉といえますね。

 

程よくとろみがあって、お肌に柔らかく吸い付く、最高に気持ち良いお湯でした。

クレンジング効果と保湿効果は抜群で、寝不足なのにお肌絶好調。

表情シワが消えて、パンっとしたハリ感。

しっとり感はもちろん、もやもやしたシミ・くすみが薄くなっていました。

IMG_6173.JPG

それと、竹ふえの水道水は水道水ではなく、「竹林水」と言う名の湧き水。

ものすごく美味しい軟水でした。水の大切さに目覚めたほど。

お水も美容によかったのかもですね。

 

専属パティシエによるお土産のパウンドケーキも絶品。

IMG_6303.JPG

 

かなり高額なお宿ですが、美容のためにもまた行きたい!

東京で視野が狭くなりがちな生活なので、

こういう自然の中で、気分転換するのも美のために必要ですね(*^^*)

IMG_6311.JPG

IMG_6207.JPG

 

「くえづくし」美容食編は次回にアップします♪

 

#温泉 #美容 #美肌 #効果 #竹ふえ

 

 


神戸trip〜薪釜料理とビスポークシューズ

何だかバタバタしております〜。

出張をからめ、神戸に行ってきました。

IMG_5856.JPGIMG_5858.JPG

 

ビスポークシューメーカー(木型から素材など、完全オーダーメイド)

では大変有名なスピーゴラさんへ。

イタリアクラシックな質のいい靴、それも、

「自分の足にぴったりの靴をいつか欲しい」

という男性方から熱烈な支持を受けているそう。

IMG_5804.JPG

IMG_5801.JPG

IMG_5814.JPG

フィレンツェで長年修行されきた方なので、

工房はイタリアの雰囲気。

IMG_5803.JPGIMG_5802.JPG

ただえでさえ発注から1〜2年待ちという人気ぶりの上、

あまり女性モノはお作りにならないそうですが、

モカシンを作っていただけることに。

↓私の足の木型。

IMG_5818.JPG

ピスポークシューズで国内では憧れの存在、鈴木幸次さんと。

IMG_5830.JPG

 

この後、仕事を済ませ、夜はこれまた念願だった「bb9(ベベック)」へ。

初めての本格薪釜料理を堪能しました。

IMG_5835.JPG

サンセバスチャンの名店「エチャバリ」で修行されたシェフが

国内で薪釜料理ができる物件を探したところ(煙の問題があるそうです)、

たまたま神戸に見つかったという経緯のこと。東京からもグルメな方々が訪れています。

IMG_5838.JPGIMG_5846.JPGIMG_5848.JPGIMG_5850.JPGIMG_5854.JPGIMG_5855.JPG

一口に薪釜といっても、素材によってベストな方法が種々あるらしく、

かなり奥が深いようでした。

また、「炭」は遠赤外線効果で食材の中心まで火が通ってしまうが、

「薪」は食材の中心まで火が入りすぎず、外側はパリッと中はレアな

調理ができるのだそう。

 

香ばしい香り、皮目はパリッと、中身はとろける食感。

最初の薪釜で焚いたバターとトリュフですでにノックアウトでした(*^^*)

 

bb9へはファッション関係の方など7人(私以外男性ばかり)だったのですが、

ソムリエの方が「鈴木幸次さんですよね?僕、鈴木さんの靴が憧れなんです。」

と目を輝かせておっしゃっていました。

 

久しぶりに楽しかった神戸trip。

尊敬の念、感謝の念、忘れないでおこう。

 


ローマにて2018

動くと汗ばむものの、秋めいてきましたね。

夏の想い出にもう少しお付き合いいただけましたら。

サルディーニャ島の後、ローマで1泊し、お買い物を楽しみました。

 

でも、1番の楽しみは、定宿のHotel de Russie(ルシエ)

 

何といっても中庭が素敵すぎるのです。

昼間は緑と陽の光がいっぱいのテラスにてふわぁ〜と癒され、

夜はバーとして食後の素敵なひと時。

IMG_5543.JPGIMG_5060.JPG

都心のオアシスのようなこの空間では、

ビジネスマンがMTGする風景にも出会います。

ローマの人達が羨ましい限り。

 

そして、ホテルスタッフも素晴らしい!

チェックインの途中で、横にいるコンシェルジュと車の手配の話を

していると、フロントの女性が笑いながら、

「私は突然ヘアロスしてしまったけど驚かないでくださいね。」

と言って、薄毛の男性に(!)バトンタッチ。

バトンタッチされた男性とともに爆笑してしまいました。

ドアマンも風格があり、敷居が高そうに見えますが、

温かく優しい笑顔で"Welcome back,Madam"

 

ローマの中心地で名門ホテルといえば、

他にEdenがありますが、設備がクラシカルなので、

モダンでシックなRussieのほうが使いやすいそうですね。

 

さて、今回お部屋はアップグレードしていただきジュニアスイートに。IMG_5509.JPG

IMG_5570.JPGIMG_5569.JPGIMG_5510.JPG

ここのバスルームに置いてある、空のワゴンが大好き。

スキンケア道具、メイク道具、くるくるドライヤーにコテ。

旅先で道具類の置き場に困ったこと多くありませんか?

このワゴンのおかげで、水はねも気にせず何でも置いておけて、

美容好きの女性には重宝すると思います♪

IMG_5565.JPG

とても素敵で使いやすいホテルです。

 

IMG_5528.JPGIMG_5526.JPG

夜は和食が恋しくなり、

日本人スタッフが作るHAMASEIへ。

IMG_5532.JPG

ここはヨーロッパの中でも指折りの和食屋さんでは?

たこ酢やおひたし、とんかつをいただいて、

お腹いっぱいで帰路につきました。

 

話は変わりますが、先週末からD.U.O.のテレビCMが流れていますね。

Kinki Kids出演の。多くの方から言われました。

私の第一印象は「わぁ、ふりきった!」笑。

今年4月よりディレクターを退いてしまいましたが、

精魂込めた商品がメジャーになっていくのは嬉しいものですね。

 


サルディーニャ島の街〜Porto Cervo

サルディーニャ島続編です。

Costa Smeralda(エメラルド海岸)沿いの町の名は

Porto Cervo(ポルトチェルボ)。

中心地は、超セレブな方々のクルーザーが停泊するマリーナと、

ブランド店やカフェ、レストランなどのエリアがあります。

 

私が行った時は曇りであまり綺麗には見えないかもですが、

素敵なところでしたよ。

IMG_5326.JPG

IMG_5334.JPGTCZU2306.JPGIMG_5322.JPG

泊まったホテルのビーチの近くにも、

8月中は大型のクルーザーがいくつも停泊していました。

泳いだり、お酒を飲んだりされているようでした。

MXAS8519.JPG

なるほどここから来ていたのね。

 

夕方にカフェで飲んだRossini(フレッシュの苺とシャンパーニュ)が

美味しかったです。

IMG_5330.JPG

夜はLa Pergoraというレストランに。

近くの別荘族と思われる方々が、遅い時間からわらわらと。

白人だけでなく、アラビアンのファミリーも多く、

どのご家族もnannyが付いてきていました。

日本ではお目にかかれない光景!

かの大統領もこの近辺に別荘をお持ちだとか。

 

世界にはいろんな方々がいて、違う文化に触れることは

良い刺激になりますね。

 


サルディーニャ島へ@Hotel Romazzino,Costa Smeralda

今年のヴァカンスはイタリアのサルディーニャ島にて。

ラグジュアリーリゾートが集まる、Costa Smeralda(エメラルド海岸)に

位置するHotel Romazzino(ロマツィーノ)に滞在しました。

 

あまり日本人の情報がないので、詳しくアップしますね。

(日によって、陽ざし、風や波の違いがありますがご容赦を)

 

ローマからAirItaryという国内線で1時間程度。

オルビア空港から車で35分くらい。

サルディーニャ島は四国ほどの大きい島なので、

レンタカーを借りて回る方が多いようですが、今回は日程的に

ゆっくりしかったので、ホテル車で移動しました。

 

ホテルのエントランス。

IMG_5089.JPGIMG_5087.JPG

フロント&コンシェルジュ。

IMG_5092.JPG

IMG_5345.JPGIMG_5344.JPGIMG_5353.JPG

 

広大なお庭。レセプションから抜けていくと。

青い空に広がる海。緑がいっぱい。

IMG_5354.JPGIMG_5355.JPG

GUZF4959.JPGVSDO1525.JPG

DZYP7561.JPGIMG_5348.JPG

プール。昼間はプールサイドとビーチサイド。2つレストランがあります。

IMG_5194.JPGIMG_5360.JPGIMG_5361.JPG

 

そして、サルディーニャ島といえば、海のキレイさ!

白砂で透明度高く、まさに美しい理想のビーチ。

最高に気持ち良く泳げました。

IMG_5401.JPGIMG_5389.JPGGXZM3047.JPG

IMG_5396.JPG

ビーチクラブ

IMG_5475.JPG

CLYB4936.JPGIMG_5420.JPG

 

お部屋。エレベーターがないので、迷路のような階段を巡る…

良い運動になりました(^^;

IMG_5103.JPGIMG_5099.JPG

シャワーブースとお風呂、トイレは別々。

美容家として最も重視する洗面台は広く、とても使いやすかったです。

IMG_5109.JPG

角部屋だったので、テラスからのビューは2方向。

IMG_5107.JPGIMG_5112.JPG

テラスから見えたプール付きヴィラは超お高いので、諦め(T_T)

プールも広く、とても静かで素敵そうでしたよ。

ヴィラの方はカートで敷地内を移動できるようです。

 

夜はレストラン一つのみ。眺めが素晴らしいです。

女性は着飾った方ばかりで、ヨーロッパのラグジュアリーな夏を身近に。

まだほの明るい20:30〜のオープンとヨーロッパの中でも遅めのスタート。

家族連れも多く、23時に平気で子供が食べているのに驚き。

いつ寝ているのかしら?笑

IMG_5480.JPGIMG_5154.JPG

サルディーニャワインはマスカットの香り。美味しかったです。

IMG_5488.JPGIMG_5153.JPG

サルディーニャの郷土料理。からすみが名物。

IMG_5486.JPGIMG_5491.JPG

 

このホテルのコンシェルジュとスタッフの情報伝達の早さ、

対応の素早さも素晴らしかったです。

どこかで失くした帽子もすぐに探索してくれて、何と見つけて届けてくれ、

朝、郷土料理のディナーをリクエストをすると、

その後すぐにビーチクラブで会ったレストランマネージャーが

「全て手配は整ったよ。夜楽しみに待っています。」と。

空港までのドライバーも感じよく、洗練されていました。

 

サルディーニャの夏は大混雑で、

車が渋滞したり、ビーチも人だらけだったりするそうですが、

私は8月終わりから9月初めまでだったので、

日に日に静かになって、落ち着いた大人の素敵リゾートを満喫できました。

(6〜7月はドイツ人、スイス人、8月はイタリア人が多いそう。

日本人はほとんどいないとか。)

 

私は海好きなので、念願のサルディーニャ島リゾート。

日本人にとって敷居が高いのは確か…ですが、

ヨーロッパのルールを守って堂々と楽しむのに限ります。

ここRomazzinoは、ビーチ、施設、サービスともに◎

素敵なヴァカンスでした(^^♪

IMG_5213.JPG

 



  • プロフィール

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

new entries

categories

archives

recent comment

  • 「プレコンセプションケア」と美活〜フィーカレディースクリニック内覧会
    るきな
  • 「プレコンセプションケア」と美活〜フィーカレディースクリニック内覧会
    咲丘恵美
  • 「プレコンセプションケア」と美活〜フィーカレディースクリニック内覧会
    るきな
  • 45歳の誕生日をむかえて
    咲丘恵美
  • 45歳の誕生日をむかえて
    園子
  • ローマにて2018
    MUY
  • ローマにて2018
    咲丘恵美
  • ローマにて2018
    カモミール
  • ローマにて2018
    咲丘恵美
  • ローマにて2018
    MUY

mobile

qrcode
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません。