最新の美白研究〜ひんやり冷感はメラニン生成を抑制?!

気持ちの良い初夏、紫外線強いですね。

私のように「美白命!」な人でなくても、美白が注目を集める時期。

 

先月号のフレグランスジャーナルは

「メラニン生成阻害メカニズムと美白剤開発」の論文特集でした。

IMG_4191.JPG

ご存知のように、

シミやくすみのメカニズムは非常に多岐にわたります。

 

白斑事件以降、

メラノサイト(メラニンを作る細胞)への作用だけでは、

リスクが高いこと、根本改善にならないこと、

といった論調が多数を占めるように。

 

つまり、

メラノサイト中のメラニン生成を抑制するアプローチだけではなく、

 

メラノソームのケラチノサイトへの移行を阻害、

メラノソームの分解(オートファジーなど)を促進、

ケラチノサイトの細胞分裂低下に伴うターンオーバー機能の促進、

 

など表皮全体を捉えるアプローチが主流になりました。

 

各社、様々な新たなメカニズムの解明に積極的で、

発表や論文が出るだびに「わぁ〜ひらめき」と感動しているのですが、

以下に、気になったものをご紹介しますね。

(メラノサイトのアプローチ含みます)

 

資生堂の研究

■シミ部位には異常に毛細血管が発達していた!

真皮に存在する毛細血管とシミの関係が一気に注目されましたね。

炎症との関連もありそう。

今春リニューアルのHAKUに取り入れられています。

IMG_4195.JPG

 

ポーラの研究

■メラノサイトは移動していた!

通常はメラノサイトは移動して、ケラチノサイト(表皮細胞)の必要なところに

まんべんなく必要な量のメラニンを届けているが、

ストレスや加齢によってメラノサイトの移動が停滞すると、

がっしり居座って、何と約6倍ものメラニンを産生するとのこと。

 

え、メラノサイトって動いていたの??と驚きの新知見。

ポーラの美白研究は、即効的な美白効果を目指して、

メラニン排出機能に関わるエキソサイト―シスに着目したり、

本当に画期的ですね。

ちなみに、このメラノサイトの適切に移動させる機能を

ポーラは「アクティブクリア機能」と呼んでいます。

 

上記2社はやはりいつもすごいですが、

フレグランスジャーナルの論文で、面白いなぁと思ったのが、

 

日本メナードの研究

■温度感受性チャネルTRPM8はメラニン生成調節に関与!

 

近年の研究で、温度や刺激を感じる皮膚のセンサー、

温度感受性(TRP)チャネルの存在が解明されています。

温度刺激だけでなく、機械刺激や化学刺激によっても活性化されます。

 

例えば、TRPV1は温感感受性チャネル。

約43度以上の温度で活性化。

唐辛子の辛み成分カプサイシンによってもこのチャネルが

活性化され、痛みを伴う熱さを感じます。

唐辛子が「カーッ」と熱く感じる所以ですね。

 

メナードが着目したのは、

約8〜28度で活性化される、冷感感受性(TRPM8)チャネル。

皆様もよくご存知、メントールによってもこのチャネルが活性化され、

冷たさを感じます。

メントールが「スーッ」と冷たく感じる所以です。

 

紫外線を浴びた後に、シートマスクをするなど冷やして、

お肌を鎮静しますよね。

何と、冷感感受性(TRPM8)チャネルを活性化させると、

メラニン生成に抑制的に働いていた!という、

科学的メカニズムにかかわる論文だったんです。

 

すごく有意義ですよね。

 

神経細胞と同様に、

TRPM8が表皮ケラチノサイトで発現して、

寒冷やメントールによって活性化し、バリア機能を有すること。

TRPM8が活性化することで、メラノーマの生存率を低下させること。

などはわかってきましたが、

ケラチノサイトやメラノーマではなく、

正常メラノサイトにおけるTPRM8の知見がほとんど見当たらないため、

今回の研究に至ったとのこと。

 

そして、以下のことが考えられたのこと

「TRPM8が活性化されたメラノサイトでは、

メラニン生成関連因子の発現が低下して、メラニン生成が抑制される」

「TPRM8が阻害されたメラノサイトでは、

メラニン生成関連因子の発現が上昇して、メラニン生成が促進される」

「UVB照射によって、メラノサイトに存在するTPRM8の機能が低下することで、

メラニン生成関連因子の発現が増加し、メラニン生成が亢進する」

 

冷感感受性チャネルの活性はメラニン生成抑制に働いているひらめき

 

ただ、「冷やす」という行為は、血行不良を引き起こし、

皮膚に悪影響があることから、

植物エキスで、冷感感受性(TRPM8)チャネルを活性化できないか、

と探索したところ、ヒメフウロエキスにその効果が見出せたということでした。

 

確かに、持続的にお肌を冷やすと、今度は細胞に必要な栄養が届きにくくなり、

老廃物を回収しにくくなり、むくみやエイジングに結びつきます。

血行に影響を与えず、冷感感受性チャネルを活性化させる植物エキスであれば、

いいですよね。

 

メナードが研究に使ったヒメフウロエキスとは組成が異なる可能性がありますが、

ヒメフウロエキスは、どの製造メーカーでも流れているような汎用原料なので、

お手持ちの化粧品に配合されているか、確認してみてくださいね。

 

私、この論文を読んで、メントールの有用性に関しても、

考えを改めました。

 

ひんやり冷感。もしくはメントール、ヒメフウロエキス。

冷さを感じさせる皮膚のセンサーを活性化させると、

メラニン生成が抑制に働く。=

紫外線を浴びた後に、クールダウンさせるお手入れを取り入れると、

美白にGOOD手

手入れの参考になさってみてくださいね。

コットンパックの正しいやり方はコチラ

 

 

※出典:村上祐子(2018).「温度感受性チャネルはメラニン生成調節に関与する」

フレグランスジャーナル(2018-4),30-35

 

#美白 #最新研究 #メカニズム #シミ #メラノサイト #毛細血管 #メラノサイトの移動

#温度感受性チャネル #TRP #ひんやり #冷感 #メントール #ヒフウロエキス #メラニン生成抑制


目に心に広がる景色〜友達の別荘へ@館山

肌寒い日が続いて、GWが遠い昔のようですが…

親友の別荘@館山で過ごし、パワー充填してきました。

IMG_4080.JPG

 

館山は、道を隔てずに海を目の前に建設できるとのことで、

素敵な別荘が点在していましたよ。

(別荘友達がすぐにできたらしく、

詳しく聞くと、かなり有名な方ばかりでした)

 

IMG_4076.JPG

 

バーベキューができるお庭

IMG_3941.JPG

高い天井、大きな窓、

バーンと海を目の前に広がる、センスあふれた素敵な別荘。

IMG_3972.JPGIMG_3970.JPGIMG_3973.JPG

キッチンも素敵でした。

IMG_3999.JPGIMG_4032.JPGIMG_4034.JPG

 

「自然をみていると、涙が溢れてくるよね。

私達って、相当危ない状態かも!」

 

と笑いながら、

約30年もの間、辛い時も楽しい時も共にいてくれた友達に、

改めて感謝でいっぱい。

人生で立ち上がれないほど躓いた時、身近で支えてくれ、

会えない日は必ず朝「おはよう、めぐ!」と電話かけてきてくれたよね。

どんなに心強くて嬉しかったか…。

(実は、私が死んでいないか、確認していたらしい)

人間、ひとりでは生きていけないものですね。

女性は結婚によって大きくわかれるものですが、

どんな状況でも大好きに変わりない、ニュアンス含めすぐにわかりあえる、

そんな最高の友達がいること。

IMG_4077.JPGIMG_4078.JPG

 

みほ、いつも本当に、本当にありがとう!

 

ビーチへピクニック。(これはかなりの運動でした…w)

IMG_4049.JPGIMG_4040.JPG

夕日をみに。

みほの旦那様のまるちゃんにも、たくさんお世話になりました。

みほの愛犬ブルーは深夜の女子会に、眠気を懸命に払いながら参加していました。

可愛すぎ!

IMG_4068.JPGIMG_4071.JPG

 

私達の生まれ年1973年の、ベンツのビンテージカーで

駅まで送り迎えしてくれました。

IMG_4054.JPG

 

こんなにきちんと休めたGWは何年ぶりだろう?

本当に楽しかったです。

目に心に、広がる景色がありました(*^^*)

 

 


D.U.O.ザ イージーダイエット

年齢とともに痩せにくくなった、何でこんなお肉の付き方をするんだろう…

ダイエットの悩みはつきないですよね。

 

ダイエット商品は大きくわけて、

 

‥質カット系

∋號断馨瞳

デトックス系(腸内すっきり)

に腹系

ヂ綢愎系(食事置き換えダイエット)

 

に別れるかと思います。

 

そこで、D.U.O.得意の多角的アプローチ、

 銑い鯡嵳紊垢訖携想のダイエットサプリが登場しました。

IMG_4082.JPG

 

糖質活用(糖活)で痩せやすい体質へとサポート

糖質を我慢してストレスが溜まる…というのはもってのほか。

ストレスにさらされては大事な美肌を損なってしまいます。

さらに、ストレスが加わった脂肪細胞は分解が低下するといわれ、

太りやすくなる悪循環…。

 

そこで、糖質を”制限”するのではなく、”活用”する新発想。

話題の「痩せホルモン」GLP-1に着目。

腸の細胞から分泌されるGLP-1は、糖質を筋肉へと送りこみ、

ぐんぐん代謝を促進。糖質の脂肪細胞への取り込みをシャットアウト。

 

九州の広大な土地で、1400品種から選ばれたさつまいもの葉「すいおう」

がしっかり配合されています。

ビタミン類(B1,B2,E,Kなど)、ミネラル類(マグネシウム、カルシウム、鉄など)、

食物繊維、ポリフェノール(トリカフェオイルキナ酸)、ルテインなど、

有用な成分を豊富に含む、まさに「野菜の王様」です。

 

1兆個のスッキリ乳酸菌TMで、腸活デトックス

腸内環境はストレスや老化で乱れやすくなるといわれ、ダイエットの妨げにも。

そこで、生きた善玉菌(プロバイオティクス)と、

そのエサになる加熱処理した死菌(プレバイオティクス)を掛け合わせた

「シンバイオティクス」に着目。

■プロバイオティクス

コアギュランス菌(有胞子乳酸菌。生きて腸まで届く。2臆個/6粒あたり)

■プレバイオティクス

フェカリス菌、ブレビス菌、プランタラム菌(乳酸菌。337臆個/6粒あたり)

ロンガム菌(ビフィズス菌。1500万個/6粒あたり)

 

このサプリを飲んですぐわかるのが…出る出る、すごい実感力です。

デトックス感、ものすごいですよ。

 

美容成分もたっぷりチャージ

スーパーフードの王様として名高い「スピルリナ」(安全性OK!)、

アンチエイジング医療でも注目のレスベラトロールを豊富に含む、

スーパーフルーツ「リンゴンベリー」、

野菜不足時にも嬉しい「ビタミンB1」、

美肌にも有用な「ヒアルロン酸」「セラミド(グルコシルセラミド)」

を配合。

特にリンゴンベリーは美白で有名なアルブチン、

抗酸化でお馴染みアントシアニンも含み、女性の美容全般をサポートします。

私はすごく好きな成分ですニコッ

 

噛む青汁感覚!チュアブルタイプ

すいおうはケールをしのぐ栄養価で、青汁成分としても注目されています。

水なしで摂取できるチュアブルタイプだから、

「噛む青汁」として、身体にいいことしている!という感覚手

 

IMG_4086.JPG

 

糖質を”制限”するのではなく、”活用”する新発想。

満腹感も得られるので、私個人的には食前に摂取するのがお薦めです。

美容成分も豊富で、野菜不足も補えて、

毎日続けられるのはとってもいいですよね。

バッグに入るサイズのパウチ包装で持ち運びにもGOODです。

夏に向けて、ぜひお試しになってみては??

 

 

#ダイエット #サプリ #糖質活用 #腸活 #D.U.O.

#抗酸化 #美白 #スーパーフード #レスベラトロール #青汁



  • プロフィール

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

new entries

categories

archives

recent comment

  • ご報告〜D.U.O.ディレクターからアドバイザーに
    咲丘恵美
  • ご報告〜D.U.O.ディレクターからアドバイザーに
    咲丘恵美
  • ご報告〜D.U.O.ディレクターからアドバイザーに
    nana
  • ご報告〜D.U.O.ディレクターからアドバイザーに
    サトコ
  • ご報告〜D.U.O.ディレクターからアドバイザーに
    咲丘恵美
  • ご報告〜D.U.O.ディレクターからアドバイザーに
    まぁ
  • CALVIN KLEINのコート
    咲丘恵美
  • CALVIN KLEINのコート
    mui
  • 新年のご挨拶2018
    咲丘恵美
  • 新年のご挨拶2018
    のりこ

mobile

qrcode
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません。