最新医療×ホスピタリティ〜東京国際クリニック

先日、東京国際クリニックにお伺いしました。
東京駅直結、丸の内のフォーシンズンホテルと同じビルにあります。

IMG_7672.JPG

 

循環器の専門医でもある高橋通先生が院長を務め、

●最新の機器

●チーム医療(経験豊富な医師達が診療科目の壁を超えて連携)

●ホスピタリティ

 

を兼ね備えた、目を瞠るようなクリニック。

 

この日は、私がお友達付き合いをさせていただいている高橋先生から、

美容医療も担当されている形成外科医の峯岸先生とMTGしたいんだよね、

とかねてからお話をいただいていたのが、やっと実現したんです。

 

高橋先生はTVにもよくご登場される、グッドルッキングなドクター。

大変誠実なご性格で、腕も確かな素敵な先生です。

長年、救命救急で生と死に立会ったご経験から、

「予防」の大切さを痛感され、「命を守る」医療=検診を推進されています。

救急で運ばれてから治療を行うのではなく、事前にリスクを予見し手を打つ。

そのため、最新の機器による精密な検査、各科との連携は欠かせず、

必要があれば即座に専門病院を紹介するシステムをとられています。

かかりつけ医として、多くの患者様から頼られている先生です。

 

東大大学院にいらしたご経歴から、各科の先生方も東大出身のドクターが

多いですね。

 

そして、患者様の心身状態がいかに大切かをご存知なので、

まるでホテルのような素敵な空間を備えています。

ドクターも看護師さんも、スタッフさんも感じが良くて、

病院にいることを感じさせないほどホスピタリティにあふれています。

 

また、歯科と連携しているのも、東京国際クリニックの特徴。

医療従事者の方はご存知かと思いますが、医科と歯科の連携は非常に珍しいことです。

実は、歯の病気(歯周病)が、

・糖尿病を悪化させる(逆に歯周病を治すと糖尿病が改善することも)、

・妊婦さんの早産のリスクを高める、

・腸内フローラに影響を与える、

・法令線やマリオネットラインなど口元美容に影響を与える、

など身体と歯の健康が密接だということを熟知されているからだそうです。

 

↓院内は待合室からホテルのような雰囲気。

(フォーシンズンHが同じビルなので、その延長かと思うくらいです)

IMG_7657.JPGIMG_7661.JPG

会員制のエグゼクティブセクションはもっとすごい空間でした。

IMG_7694.JPG

IMG_7679.JPGIMG_7677.JPG

↓コンサルティングルーム

IMG_7686.JPGIMG_7682.JPGIMG_7688.JPG

 

高橋先生から、冠動脈などのご説明を受けている私。

↓このように患者様の心臓がスクリーンに映し出されます。

IMG_7714.JPGIMG_7707.JPG

 

形成の峯岸先生も、とっても誠実で感じの良い先生で、

特に薄毛治療のご経験が豊富。

ヘアケアシリーズを出したばかりなので、先生が取り組まれている

内容に目を瞠りました。

もちろん、メソセラピーやレーザー、IPLなど美容医療も充実しています。

 

施術室にはVISIA(毛穴の数、シミの数などを測定できる機械)が設置され、

都度都度データとして自分のお肌の状態がわかる仕組み。

IMG_7665.JPGIMG_7667.JPGIMG_7663.JPG

最新のCT、MRI、MCGなどの機器を備えた人間ドックはもちろん、

点滴や血液セラピーも充実しているので、

東京の中心にある立地から、とても便利にアンチエイジング医療が受けられます。

外人の患者さんも多いそう。

 

完全予約制ですが、

高橋先生は循環器専門医。つまり心疾患は時間との勝負ですので、

かかりつけ医として「胸が痛い」とお電話してくる患者様には

すぐご対応されるそうです。

 

こんなにゴージャスでホテルのような病院は、

先生方もギラギラしているんだろう、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

全くそんなことはなく、硬派で誠実な先生方ばかりです。

 

病院の概念を覆す、最新×ホスピタリティ医療。

大腸CTがあるのも魅力ですし(大変な内視鏡検査をしないで済む)、

私もここで「命を守る」医療をしっかり受けてみたい、と思いました。

 


由布院「玉の湯」にて紅葉狩り

先々週末のことになりますが・・・

由布院「玉の湯」に行ってきました。

IMG_7552.JPG

 

私が新卒で入社した新日鉄時代、大分にも製鉄所がありますので、

上司がよく行っていた「玉の湯」にはずっと憧れていました。

 

月日が経ち、やっと実現。

紅葉のピークには少し早かったですが、

急に寒さが増した時期、大自然な由布岳を見ながらのドライブ、

真っ赤に染まったもみじを見ながら温泉につかるという

贅沢で幸せな時間でした(*^^*)

IMG_7550.JPGIMG_7551.JPGIMG_7566.JPGIMG_7593.JPG

ロビー兼ライブラリー

IMG_7559.JPG

大浴場

IMG_7576.JPG

お部屋

IMG_7579.JPG

 

昨年宿泊したモダンな「無量塔」とは少し違って、

伝統的な和な雰囲気が中心でした。

ホスピタリティに溢れるスタッフの方々も素晴らしかったです。

さすがに名宿だけありますね。

IMG_7586.JPG

↓左は午前中にはなくなってしまう玉の湯名物「アップルパイ」

前日に予約しておくと、朝ごはんの時に持ってきてくれましたよ。

チェックアウトは12時なのでゆっくりと味わいました。

IMG_7616.JPGIMG_7597.JPG

 

 


祝!世界原料展で金賞受賞〜アクアタイド

先日ブログでアップした通り、

ノーベル賞で話題になった「オートファジー」を活性化させる成分を

D.U.O.エッセンスセラムとエマルジョンにすでに配合しているとお伝えしました。

 

そしてまたしても、嬉しいニュースが!!

 

先週行われた、権威ある世界原料展 in-cosmetics asiaにて、

オートファジーを活性化させる成分「アクアタイド」が金賞を受賞した

というメールを原料メーカー様からいただきました。

 

何と、メインのイノベーションアワードの機能性原料では、

アジアの原料メーカーで初めての快挙です!!

 

アクアタイドはNMF(天然保湿因子)をテンプレートに作った

「医療型」ペプチド。

安全性は高く、保湿力がありながら、

肌内ではオートファジーをはじめ、

抗酸化やヒートショックプロテイン(異常たんぱくの修復)活性など、

肌本来のアンチエイジング力を回復させてくれる画期的な原料です。

 

私達のお肌には元々、外的&内的ストレスによる炎症、活性酸素、

異常タンパク、過剰メラニン等を回復させてくれる力が備わっています。

この回復力がエイジングによって衰えると、

「シミやシワがなかなか改善しない」

「どんなに良い化粧品を使っても効かない」

肌が持つ回復力がなければ、いくらコラーゲンなど生めよ増やせよ

しても意味がないんですね。

従来のコスメの成分が「対処療法」であったのに対し、

アクアタイドは「根本解決」に導いてくれます。

 

今回のプレゼンテーションでは、

PM2.5や花粉など環境ストレスに対する効果のデータが追加され、

さらに進化していました。

 

実は、これは化粧品業界の方にはご理解いただけると思うのですが、

「インコス(世界原料展の名称)金賞受賞成分を配合!」

という商品はたくさんあっても、

「すでに商品に配合していた成分が金賞を受賞をした!」

というのは聞いたことがない程すごいことなんです。

 

それだけ物凄い「先取り」。

自画自賛になって恐縮ですが、

先見性に優れた商品作りができている証なんです顔文字

 

これも、原料開発者が直々に「近しい方だけに特別に」と、

個人的にレクチャーしてくださったおかげ。

開発者のT様、いつもご厚意をありがとうございます!!

類まれなるご実力とクリエイティビティ、そして情熱。

いつか成し遂げられることと思っておりました。

アジア初の快挙、本当におめでとうございます(*^^*)

 

20161109.JPG

↑受賞直後にいただいたお写真です

 



  • プロフィール

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>

new entries

categories

archives

recent comment

  • シチリアの旅(1)〜VILLA SANT'ANDREA
    七海
  • ミラノにて
    咲丘恵美
  • ミラノにて
    のりこ
  • 新商品D.U.O. ザ エッセンスセラム(2)
    咲丘恵美
  • 新商品D.U.O. ザ エッセンスセラム(2)
    七海
  • ブログリニューアルとご報告
    咲丘恵美
  • ブログリニューアルとご報告
    咲丘恵美
  • ブログリニューアルとご報告
    サトコ
  • ブログリニューアルとご報告
    るきな
  • 撮影してきました☆
    咲丘恵美

mobile

qrcode
※この記事は個人の感想であり、
効果・効能を示すものではありません。